トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 秋田県八塩山・冬山登山デビュートレッキングレポート:トップページグローサー・アーバー »

太田薬師お手軽スノーシュー登山

Jan.30, 2005 吹雪のときは無理しない!

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ1

本日は、本当は網張スキー場から三ツ石山へのスノーシュー&テレマークツアーの予定でした。ところが、盛岡方面から現地へ向かう途中、ふだんなら雄姿を見せてくれる岩手山がまったく見えません。すっぽりと雪雲に覆われてしまっていたのです。三ツ石山は、岩手山の南西。嫌な予感120%で網張スキー場に着いてみると、案の定猛烈な吹雪でした。視界も悪く、登山は危険ということで網張スキー場でのテレマーク練習、または高度の低い盛岡まで戻り、太田薬師お手軽登山というプランが出されました。アウトドアが好きといっても負けるのも得意な私は、もちろん太田薬師プランです。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ2

テレマーク軍団を残し国道46号線を盛岡方面へ戻っていくと、見る見る吹雪がやんでいきます。太田薬師は、盛岡市猪去地区にある「かんぽの宿」が出発地点。この近辺の道は普段から私もよく使う道だったのですが、こんな身近なところにコースがあったなんて、なんだか意外でした。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ3

「かんぽの宿」に車を駐車させてもらい、お弁当をリュックに背負っていざ出発です!今回は、秋田在住でテレマークスキーのお師匠様足利さんとえみさん、そして私という3人のパーティ。足利さんは得意のテレマークスキー、えみさんは和かんじき、私はスノーシューという三者三様の装備です。どんな違いがあるのか、ちょっと楽しみ。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ4

雪が少なかったので、途中までえみさんとワタシはツボ足でトコトコ。まるでお散歩気分。左手にリンゴ園が始まる頃、ようやくそれぞれの装備を装着しました。正面に目指す山頂を望みながら、左手にリンゴ園、右手に雑木林というのどかな道をしばらく進むと、やがて右前方に鳥居が見えてきます。太田薬師というだけあって神社なのですね。当たり前ですけど...。近づくと灰色の鳥居の向こう側に赤い第2の鳥居が見えました。あれ?コースはどっち?と思いきや、足利さんは鳥居をくぐって、とっとと行ってしまいました。鳥居はあるのに神社は見えず、ただただ道が奥へと続いていたのです。なんだかおもしろーい。私も急いで手を合わせてから足利さんを追いかけました。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ5

そのうち、途中から折れてしまっている木々を見つけました。老齢化から雪の重みに耐え切れず倒れてしまったのでしょうか。次第に勾配が急になってきたころ、ちょっとお茶休憩。冬山へ行くとき、小さな魔法瓶にジャスミンティーを入れて持っていくのが最近のマイブーム。冷たい空気の中、あつあつのジャスミンティーを一口飲むと、とても心が安らぎます。えみさんもゆるんでしまった和かんじきの紐を締めなおし、さあもう少しで山頂です。急な近道コースとゆるやか迂回コースに分かれているところがありましたが、私たちはもちろん迂回コースを選択。視界が開けたところに出ると、銀世界に包まれた盛岡の街並みと北東に姫神山を一望できました。吉村貫一郎の愛した南部ふるさとの懐かしい景色です。市街にこんな近いところで、こんな遊びができるなんて意外な発見でした。一方、西側を見ると景色は一変、灰色の世界が広がっています。姫神山より近いはずの岩手山がこれっぽっちも見えないんです。「テレマーク組もこっちに来ればよかったのにね~」なぁんて、ちょっと優越感に浸りながら山頂を目指していきました。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ6

山頂は、突然やってきました。木立の中に第3の鳥居があり、その向こうに神社があったのです。昔、地域の人々は、この長い長い参道を歩いて神社に来ていたのですね。神社の前には、いつ供えられたのか真っ黒になったバナナがありました。残念ながら雲がかかってしまい景色を眺めることはできませんでしたが、境内のクロビの大木や御神木の「猪去の大松」が十分誉めてくださっていたようです。寒かったので、神社の中にあがらせてもらいランチタイム。かじかむ手でラーメンや鍋焼きうどんをつくりました。暖かい食べ物ってホント生き返りますね。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ8 太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ7

帰りはオガセの滝方面に降りていきます。テレマークプロの足利さんは、私たちに道標の轍だけ残して、すぐに見えなくなってしまいました。私たちもズボズボと転がるように、道を自由につくって遊びながら降りていきます。小さな沢沿いの細い道などもあり、ちょっとスリリングでした。沢を渡って、オガセ滝へ行ってみたのですが水量が少なく、かといって凍っているわけでもなくチョロチョロ中途半端で、ちょっとガッカリでした。その後通った崖崩れにできた巨大なツララ群のほうが見応えがあったように思います。この太田薬師、標高たったの407mゆっくり歩いても約2時間、お気軽なわりに景色も変化に富んでいて、とっても楽しめるコースでした。

-DATA-

場所:
岩手県盛岡市猪去地区
交通:
国道46号線盛岡から秋田方面へ。雫石手前で県道13号線に入り「盛岡簡易保険保養センター」(かんぽの宿)へ。
駐車場:
あり(かんぽの宿)
トイレ:
あり(かんぽの宿)
行程:
かんぽの宿盛岡~鳥居まで16分
鳥居から~太田薬師山頂まで41分
太田薬師山頂~林道まで22分
林道~オガセ滝まで10分
オガセ滝~かんぽの宿盛岡39分
登りが約1時間、下りがオガセ滝経由で約1時間10分といった感じでした。(情報提供:えみさん)
その他:
「盛岡簡易保険保養センター」(かんぽの宿)
〒020-0054 盛岡市猪去上猪去1-1
TEL:019-659-0131
FAX:019-659-0132
ここのお風呂は、「炭シャンプー」「オレンジエキスシャンプー」などアメニティが充実!女性にうれしいお風呂です!

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る