トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2004年10月トレッキングレポート:トップページ2006年06月 »

太田薬師お手軽スノーシュー登山

Jan.30, 2005 吹雪のときは無理しない!

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ1

本日は、本当は網張スキー場から三ツ石山へのスノーシュー&テレマークツアーの予定でした。ところが、盛岡方面から現地へ向かう途中、ふだんなら雄姿を見せてくれる岩手山がまったく見えません。すっぽりと雪雲に覆われてしまっていたのです。三ツ石山は、岩手山の南西。嫌な予感120%で網張スキー場に着いてみると、案の定猛烈な吹雪でした。視界も悪く、登山は危険ということで網張スキー場でのテレマーク練習、または高度の低い盛岡まで戻り、太田薬師お手軽登山というプランが出されました。アウトドアが好きといっても負けるのも得意な私は、もちろん太田薬師プランです。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ2

テレマーク軍団を残し国道46号線を盛岡方面へ戻っていくと、見る見る吹雪がやんでいきます。太田薬師は、盛岡市猪去地区にある「かんぽの宿」が出発地点。この近辺の道は普段から私もよく使う道だったのですが、こんな身近なところにコースがあったなんて、なんだか意外でした。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ3

「かんぽの宿」に車を駐車させてもらい、お弁当をリュックに背負っていざ出発です!今回は、秋田在住でテレマークスキーのお師匠様足利さんとえみさん、そして私という3人のパーティ。足利さんは得意のテレマークスキー、えみさんは和かんじき、私はスノーシューという三者三様の装備です。どんな違いがあるのか、ちょっと楽しみ。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ4

雪が少なかったので、途中までえみさんとワタシはツボ足でトコトコ。まるでお散歩気分。左手にリンゴ園が始まる頃、ようやくそれぞれの装備を装着しました。正面に目指す山頂を望みながら、左手にリンゴ園、右手に雑木林というのどかな道をしばらく進むと、やがて右前方に鳥居が見えてきます。太田薬師というだけあって神社なのですね。当たり前ですけど...。近づくと灰色の鳥居の向こう側に赤い第2の鳥居が見えました。あれ?コースはどっち?と思いきや、足利さんは鳥居をくぐって、とっとと行ってしまいました。鳥居はあるのに神社は見えず、ただただ道が奥へと続いていたのです。なんだかおもしろーい。私も急いで手を合わせてから足利さんを追いかけました。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ5

そのうち、途中から折れてしまっている木々を見つけました。老齢化から雪の重みに耐え切れず倒れてしまったのでしょうか。次第に勾配が急になってきたころ、ちょっとお茶休憩。冬山へ行くとき、小さな魔法瓶にジャスミンティーを入れて持っていくのが最近のマイブーム。冷たい空気の中、あつあつのジャスミンティーを一口飲むと、とても心が安らぎます。えみさんもゆるんでしまった和かんじきの紐を締めなおし、さあもう少しで山頂です。急な近道コースとゆるやか迂回コースに分かれているところがありましたが、私たちはもちろん迂回コースを選択。視界が開けたところに出ると、銀世界に包まれた盛岡の街並みと北東に姫神山を一望できました。吉村貫一郎の愛した南部ふるさとの懐かしい景色です。市街にこんな近いところで、こんな遊びができるなんて意外な発見でした。一方、西側を見ると景色は一変、灰色の世界が広がっています。姫神山より近いはずの岩手山がこれっぽっちも見えないんです。「テレマーク組もこっちに来ればよかったのにね~」なぁんて、ちょっと優越感に浸りながら山頂を目指していきました。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ6

山頂は、突然やってきました。木立の中に第3の鳥居があり、その向こうに神社があったのです。昔、地域の人々は、この長い長い参道を歩いて神社に来ていたのですね。神社の前には、いつ供えられたのか真っ黒になったバナナがありました。残念ながら雲がかかってしまい景色を眺めることはできませんでしたが、境内のクロビの大木や御神木の「猪去の大松」が十分誉めてくださっていたようです。寒かったので、神社の中にあがらせてもらいランチタイム。かじかむ手でラーメンや鍋焼きうどんをつくりました。暖かい食べ物ってホント生き返りますね。

太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ8 太田薬師お手軽スノーシュー登山:イメージ7

帰りはオガセの滝方面に降りていきます。テレマークプロの足利さんは、私たちに道標の轍だけ残して、すぐに見えなくなってしまいました。私たちもズボズボと転がるように、道を自由につくって遊びながら降りていきます。小さな沢沿いの細い道などもあり、ちょっとスリリングでした。沢を渡って、オガセ滝へ行ってみたのですが水量が少なく、かといって凍っているわけでもなくチョロチョロ中途半端で、ちょっとガッカリでした。その後通った崖崩れにできた巨大なツララ群のほうが見応えがあったように思います。この太田薬師、標高たったの407mゆっくり歩いても約2時間、お気軽なわりに景色も変化に富んでいて、とっても楽しめるコースでした。

-DATA-

場所:
岩手県盛岡市猪去地区
交通:
国道46号線盛岡から秋田方面へ。雫石手前で県道13号線に入り「盛岡簡易保険保養センター」(かんぽの宿)へ。
駐車場:
あり(かんぽの宿)
トイレ:
あり(かんぽの宿)
行程:
かんぽの宿盛岡~鳥居まで16分
鳥居から~太田薬師山頂まで41分
太田薬師山頂~林道まで22分
林道~オガセ滝まで10分
オガセ滝~かんぽの宿盛岡39分
登りが約1時間、下りがオガセ滝経由で約1時間10分といった感じでした。(情報提供:えみさん)
その他:
「盛岡簡易保険保養センター」(かんぽの宿)
〒020-0054 盛岡市猪去上猪去1-1
TEL:019-659-0131
FAX:019-659-0132
ここのお風呂は、「炭シャンプー」「オレンジエキスシャンプー」などアメニティが充実!女性にうれしいお風呂です!

秋田県八塩山・冬山登山デビュー

Jan.09, 2005 和かんじきすと登場!

秋田県八塩山・冬山登山デビュー:イメージ1

ああ、雪ってホント山だけに降ってほしい!…と心の中で叫びながら毎日の除雪に汗を流す冬のある日、秋田市内にあるアウトドアショップ風天の主催する冬山登山に参加してまいりました。

秋田県八塩山・冬山登山デビュー:イメージ2

八塩山は、秋田県南東由利町にある標高約704mの山です。道の駅東由利から東へ車で約15分ほど。「八塩山いこいの森キャンプ場」の案内板を目印にすれば、ほぼ迷うことはないと思います。

秋田県八塩山・冬山登山デビュー:イメージ3

登山口へと向かう車は、突然道路の途中で停まりました。どう見ても登山口には見えません。車を降りて、その理由がわかりました。冬の間、この道路は最終民家のあるところまでしか除雪されないため、除雪の終わったところが出発地点となるのです。「え?ここがスタート地点?」とちょっとびっくりするような場所ですが、このへんは都会にはない「ローカル・ルール」なようで、路上駐車も特に問題はないようでした。

秋田県八塩山・冬山登山デビュー:イメージ4

山歩きに慣れていらっしゃる皆さんはとっとと準備をし、進んで行ってしまいました。ワタシも風天さんから真新しい和かんじきをお借りし、慣れない手つきでなんとか装着。ランチの入ったリュックを背負い、すでに見えなくなってしまった先発隊を追って出発です。

秋田県八塩山・冬山登山デビュー:イメージ5

幸い、昨晩から今朝まで続いた大雪も歩き始めるころには止み、待っていたのはさらさらふっかふかのパウダースノー。「ツボ足」(かんじきやスノーシューをはかない状態)では、膝まで埋まってしまうほどです。ところが、和かんじきをはいてみると、あら不思議。まるで体重が軽くなったかのようにスイスイ歩けました。文明の利器のすばらしさに酔いしれる一方、調子に乗ると和かんじきの裏についている爪でもう片方の足を踏んでしまい、自爆転倒。でも、転んでもちっとも痛くありません。誰かが転倒するたびに笑いながら本当は車道なはずの道を登山口目指して進んで行きます。でも、ちょっとこの道は単調で長かったな~。

秋田県八塩山・冬山登山デビュー:イメージ6

ようやく登山口に到着。ここからが本格的な登山です。木製の看板が山頂の方角を示しているものの、一体道はどこ?今回のガイドであるe-nativeの佐藤さんがラッセルし、雪化粧した林の中、道なき道を登り始めました。よく見ると、時々木々にピンクのリボンがついています。道しるべなようです。でも、時には危険なところもあったので、必ずしもリボンのとおりではなく、なるべく負担のないようジグザグにパウダーを攻め登っていきました。雪をかぶった木々の中、道なき道をもりもり進んでいくのは、なかなかアドベンチャー気分を盛り上げてくれます。さすがの和かんじきとはいえ、時にはズボっとはまってしまい、雪に埋もれていた木の枝にひっかけてしまったりして、なかなかスリリングでした。

秋田県八塩山・冬山登山デビュー:イメージ7

苦労してようやっと尾根にたどりつくと、視界が開けて下界を見渡すことができました。山頂まであと700m!この先は、山頂の山小屋までは頬をさすようなものすごい強風との戦いでした。風上側の顔面が痛いほど冷たく、それなのに体は火照っているようで、ノドがかわいているのか息があがっているだけなのか、それすらよくわからなくなるぐらい、ワタシにはちょっとした試練でした。でも、そんな試練を乗り越え、山小屋に到着し下界を一望したときは、本当に感動しましたよ。小奇麗な山小屋には、ストーブも用意されていたので、皆でストーブを囲んで暖を取り、つかの間の昼食休憩をとった後、下り開始です。まるで転がり落ちるように苦労した稜線を下っていきます。ゆっくり歩こうが、飛び込もうが転がり落ちようが、どこもかしこもパウダースノー。みんな子供に帰ったように雪まみれになりながら、あっという間にスタート地点へ到着です。

秋田県八塩山・冬山登山デビュー:イメージ8

上級者なら木立をぬって、スキーやスノーボードで滑り下りても気持ちよさうなコースでしたが、スノーシューや和かんじきといったスローペースな道具であったからこそ、パウダースノーや冬山の木々たちとゆっくり戯れ、それらの存在をより身近に感じることができたように思います。帰りは、道の駅の温泉でゆっくり体を温めて、初めての冬山登山体験は終了となりました。

-DATA-

場所:
秋田県由利郡東由利町
交通:
電車:
JR羽後本荘駅から羽後交通バス黒渕線で田代下車。徒歩約30分。
車:
国道107号で本荘市から約28km、横手市から約30km、
県道、町道を通って約45~50分。「八塩いこいの森」の案内標識が目印です。
駐車場:
登山口までの道路が途中閉鎖されていたので、路上駐車しました。夏期はあり。
トイレ:
なし。道の駅東由利を利用。
その他:
道の駅東由利:八塩山から車で約15分ほど。温泉、レストラン、無料休憩室もあります。
八塩山:http://www.chokai.ne.jp/higashiyuri/yashio.html#mori
道の駅東由利:http://www.chokai.ne.jp/higashiyuri/station.html
アウトドアショップ風天やe-nativeでガイドツアーなど相談に乗ってくれます。
アウトドアショップ風天:http://www.pureweb.jp/~fu-ten/
e-native:http://www11.plala.or.jp/t-guide/

ページのトップに戻る