トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2004年08月トレッキングレポート:トップページ2004年10月 »

マウント・イーデン

Sep.26, 2004 オークランドでいちばん高い山

マウント・イーデン:イメージ1

「Mt. Eden(マウント・イーデン/イーデン山)」はオークランドに約50カ所ある死火山のひとつで、標高196メートルの市内で最も高い山。市の中心部から Mt. Eden Roadをひたすら走るバス(バス番号274、275、277)で約15分、「Mt. Eden Shop」で下車する。バス停周辺には、その名の通り、カフェ、雑貨、パン屋、花屋など、こじんまりとした感じのいいお店が軒を連ね、地元の人気スポットになっている。

マウント・イーデン:イメージ2

バスで来た道を少し戻り、右手にあるRautangi Rdに入ると、「ここから山につながる道などあるのだろうか」と不安になるほど閑静な住宅街が広がっている。そのまま歩き進んでいくと、道のつきあたりに、とってつけたような、いや、完全にとってつけた階段が登場する。それは「Mt. Eden」のサインもない寂れた殺風景な階段で、この階段が本当に山への入り口なのか、誰かの所有地で不法侵入なんてことになりやしないかと、またしても不安になるのだが、「ええい、ままよ」と、階段をのぼる。ふぅぅぅー。目の前に「歩道は滑りやすくなっています(オークランド市)」と書かれた看板を発見し、ようやくマウント・イーデンであることを確信。マウント・イーデン初心者にとっては大変不案内なエントランスになっていることに少々腹をたてる。

マウント・イーデン:イメージ3

エントランスを通り抜けると、足を慣らす間もなく、すぐに上り坂。先ほどの看板のいう通り、道はふつうの山道で、とくに雨が降った日などには、ぬかること必須なので注意が必要である。登り始めておよそ5分後、舗装された車両用の道が傍らにあらわれ、観光客を乗せた大型バスや乗用車がどんどん頂上に向かっていく。トレッキング愛好者はこのまま山道を進んでいくもんだと思っていたら、「車道の方へどうぞ」と、わざわざ歩行者を車道にみちびく看板が……。そして、うながされるままに車道へ出ると、車道脇の看板には「ドライバーのみなさん。車道を歩く人たちに注意して運転しましょう」と注意書き。これを見てしばし苦笑する。なぜなら、道はほぼ車一台分の幅しかなく、人が歩くスペースなどほとんどないからだ。というより、あたまっから歩行者のことなんて考えてないと思う、この道。そこをあえて歩けというのだから、不思議な国です、ニュージーランド。文句をいっても仕方がないので、車が来ないことを祈って、足早に先に進むことにする。

マウント・イーデン:イメージ4

この山には牛がたくさん放牧されている。彼らのおかげで、人間が定期的に草取りをしなくてもいいため、マウント・イーデンにいる牛は、さしずめオークランド市の職員だ、などと重宝されている。だが、その分、落し物もどっさりしてくれるので、トレッキングの際には気をつけたい。オークランド市内で一番高い山と聞いていたが、実際は小高い丘という感じで、あっさりと頂上にたどりつく。山頂にはアリ地獄のような噴火口跡がぱっくりと口を開いていて迫力満点。ちなみに、噴火口のところまで降りていくこともできる。ここは高層ビルが立ち並ぶビジネス街と静かな海を360度一望できる絶好のビューポイントで、とくに夜景は絶景といわれている。ただし、週末の深夜は浮かれた地元の人たちが酒盛りをして暴れていることもあるので、からまれないように注意しよう。

マウント・イーデン:イメージ5

「マウント・イーデン」も前回の「ワン・ツリー・ヒル」同様、先住民マオリ族にとっては歴史ある場所。12世紀に彼らの要塞「Pa(パ)」があったといわれ、頂上には当時建造されたままの貴重な砦が残っている。

-DATA-

場所:
マウント・イーデン
交通:
バス、車
駐車場:
トイレ:
その他:
無料

ニセコアンヌプリ

Sep.12, 2004

9月12日、この日は北海道に上陸して2日目だった。天気予報では文句なしの晴れとなっていたので、以前羊蹄山に登った時に、次はあの山に登ろうと思っていたニセコアンヌプリに登ることに決めて小樽の宿を出発した。小樽からは国道5号線で倶知安まで行き、そこから道道58号線で最も一般的な登山コースであろうニセコ五色温泉のところの登山口に向かう。しかし、さすがは北海道だ。小樽から1時間30分程で登山口まで着いてしまった。

ニセコアンヌプリ:イメージ1

バイクを停めて、簡単な準備運動をして登山開始である。登山口はキャンプ場のところにあり、行けばすぐにわかるはずである。事実私も、登山口の詳しい位置は知らなかったがすぐに分かった。登山道は広くよく整備されている。ただ、雨の後は滑りやすいかも知れない。登山開始時刻は12時45分。登山開始後少しの間は林の中を進むが、やがてすぐに視界が開けてくる。登りもそれほどきつくなく気分よく登ることができるが、視界がいいということはそれだけ直射日光を浴びることになり、暑いということでもある。しかし、本当に気持ちよく登ることができる。適度に風があり心地よい。この日は日曜日だったため何人もの人と「こんにちわ」と挨拶を交してすれ違うが、服装が登山登山している人はほとんどいなかった。それほど手軽に登ることができるのだ。例えるなら少しきつめの坂が続くハイキングと言えよう。

ニセコアンヌプリ:イメージ2

そんな感じでニセコの町を眺めつつ気持ちよく登っていく。が、少しは急な箇所もあり、また下から石がごろごろしていそうな登山道が見えていたが、その場所辺りは見えていたほどではないにしろ若干石がごろごろしていて足場が悪い。そのうちニセコの町は見えなくなり、イワオヌプリの向こうに積丹半島を望むことができるようになる。そうなると山頂はもう少しだ。やがて山頂直前の稜線を行き、そして山頂に着いた。時刻は14時少し前だった。

ニセコアンヌプリ:イメージ3

山頂はとても広く、小さな避難小屋もあった。そこからの景色はというと、羊蹄山を正面に見て、倶知安の町を眼下に望み、積丹半島、洞爺湖をも眺めることができるまさに絶景。実はこの登山コースは山頂に立つまでは倶知安の町や、また意外なことに羊蹄山は見ることができないのだ。そのことを考慮しないとしてもここから見る羊蹄山の雄姿は筆舌につくしがたいほどの絶景と言っても過言ではない。おそらくこの絶景を見た登山者のほとんどは羊蹄山の1番のビューポイントはここだと思ったにちがいない。そんな絶景を眺めつつ今まで我慢していた弁当を食べる。そのあと食後の缶コーヒーを飲む。最高のひとときだ。空にはなぜだかここより高い場所をパラグライダーが優雅に空中を舞っている。きっと相当な上級者なんだろう。それを見ていたらパラグライダーを始めてみたいと思ってきた。

ニセコアンヌプリ:イメージ4

山頂での時間を過ごしたあとは下山である。それほどきつい勾配がなかったせいか、あまり膝が笑うこともなく45分で下山することができた。ただ、やはり泥上の箇所があり雨の時や後は滑ると思われるので油断だけは禁物である。以上がニセコアンヌプリの登山である。相当ゆっくり登っても1時間30分あれば山頂に着くことができるお手軽登山の割には、以前登った羊蹄山にも負けないすごい絶景なので、1人でも、友達や恋人とでも、また家族とでもいいから、ぜひ登ってみてください。

-DATA-

場所:
北海道虻田郡ニセコ町
交通:
小樽からバイクで約1時間30分
駐車場:
道道横や山の家等たくさんある
トイレ:
駐車場にきれいなトイレがある。また、登山口の横にキャンプ場のトイレもある。
山頂にはトイレはない。
温泉:
登山口の所に日帰り入浴できる施設が2箇所あり。
どちらも入浴料金500円程。下山後に汗を流すのにちょうどいい。

ページのトップに戻る