トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 氷ノ山トレッキングレポート:トップページワン・ツリー・ヒル »

熊野古道・ツヅラト峠を歩く

May.29, 2004 梅ヶ谷~紀伊長島

熊野古道・ツヅラト峠を歩く:イメージ1

2003年の5月に、はじめて熊野古道(小広峠~発心門王子)を歩いたときから、こんどは別の古道も歩いてみたいと思っていました。そこで今回は、日帰りということもあり、名古屋から手軽に行けるツヅラト峠へ行って参りました。名古屋よりJRワイドビュー南紀を利用し、途中、多気で普通列車に乗り換え、 JRの梅ヶ谷で下車しました。三重県は、鈴鹿を過ぎると、急にのどかな風景が広がります。水田は青々としており、5月下旬という今の時期は、ちょうど麦を刈り取る作業をしている人が目につきました。梅ヶ谷駅は、無人駅です。梅ヶ谷駅を出発点とし、まずはツヅラト峠の登山口を目指して約1時間ほど、歩きました。

熊野古道・ツヅラト峠を歩く:イメージ2

ツヅラト峠は、JRが主催する常設のウォーキングコースにもなっているようで、道しるべは頻繁に出てきます。地図を見なくても、案内板だけをたよりに歩けるほどです。鋪装された道を歩くのが嫌で、途中、「ツヅラト峠登山口への迂回路」という看板を見つけ、しかもそちらは山の中へ入る気配だったので、私たちは迷うことなく迂回路の方へ入りました。この迂回路がなかなかいい路でした。青緑色の水の色が印象的な川の脇を通っていくと、いかにも熊野古道らしい、背の高い、まっすぐと伸びた木々の中に道が現れます。

熊野古道・ツヅラト峠を歩く:イメージ3

やがて、高野橋のところに登山口を見つけました。時計を見ると、ちょうど12時。JRの梅ヶ谷駅から約1時間です。この登山口からは、ずっと、木立の中を歩いて行きます。世界遺産登録を間近にしているためか、植林や伐採のあとがあります。多くの人の手を入れて、木々が手入れされているのがわかります。そのためもあるのでしょう、木のいい香りが立ちこめて、心が癒されます。30分ほど急な登り坂を歩くと、ツヅラト峠第一見晴らし台に到着しました。

熊野古道・ツヅラト峠を歩く:イメージ4

見晴らし台からは、かなり眺望がききます。山々の麓に志子の民家が小さく見え、その向こうには、紀伊長島の海が臨めます。また、海にはいくつかの島が浮かんでいます。海の色は空の色と同化して、空と海がつながっているように見えました。ここで昼食をとりました。あまりの気持ちよさに、その場に50分も座っておりました。第一見晴し台から一段下ったところに、第ニ見晴らし台があり、さらに降りていくと、第三見晴し台がありました。しかし、第ニ、第三から見る景色は、第一見晴らし台からのものには、及びません。

熊野古道・ツヅラト峠を歩く:イメージ5

ツヅラト峠から、志子へ向かいます。かなり急な下り坂が続きます。途中、石畳の古道がありました。紀伊長島方面から登る場合は、志子奥が登山口になります。ツヅラト峠からは、約40分ほどでしょうか。

熊野古道・ツヅラト峠を歩く:イメージ6

志子奥の登山口を通過して、紀伊長島駅を目指します。約1時間ほどです。その途中に、「花の広場」そして「めだかの分校」なる、ビオトープがありました。最近は、ビオトープをあちこちで見かけます。しかし、「めだかの分校」ほど成功しているビオトープを見たことがありません。ほとんど自然さながらの水辺環境です。カエルは鳴き、めだかやおたまじゃくしが泳ぎ、アメンボが水面を進み、たくさんのとんぼが飛んでいます。元は、休耕地であり、それを生物が住める環境に変えようと創られたものだそうです。「めだかの分校」なるネーミングも、分校で育ったメダカたちが、本校である自然の中へ帰って行けるようにとの願いがこもっているそうです。ツヅラト峠を降りてきて、心地よく疲れたあと、このビオトープで足をとめ、水辺の小さな生き物たちを眺めるのは、本当に楽しく、素敵な場所でありました。

-DATA-

場所:
三重県北牟婁郡
交通:
名古屋よりJRワイドビュー南紀で多気下車。JR普通列車に乗り換え、梅ヶ谷下車。 
駐車場:
梅ヶ谷駅、紀伊長島町田山、志子奥に有り。 
トイレ:
梅ヶ谷駅前の神社の向かい側と、志子の「山の神」のほこらを過ぎてすぐのところに有り。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る