トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« フラワーモン族の町バック・ハトレッキングレポート:トップページ星山 »

恩田川の桜並木

Apr.1, 2004 ベビーカーでGO!

恩田川の桜並木:イメージ1

町田市を流れる恩田川は、市内の七国山周辺を源流とし、横浜市の恩田町付近で鶴見川本川に合流する一級河川である。この中で「高瀬橋」から「都橋」にかけての3kmほどの区間がソメイヨシノの並木となっていて、町田の桜名所の1つに数えられている。ポカポカ初夏の陽気となった4月1日、8ヶ月の息子をベビーカーに乗せて、花見がてら恩田川沿いを歩いてみることにした。スタートは、「オーディオテクニカ」の建物付近にある扇橋。ここから下流方向に向かって歩いていく。「扇橋」をスタート地点に選んだのは、単に筆者の自宅から近かったからで、電車でアクセスする場合には、「成瀬中央橋」あたりから上流方向へ進んでも良いだろう。JR横浜線の成瀬駅北口のスーパー「そうてつローゼン」前を右折し、東へ向かって直進すると、10分足らずで「成瀬中央橋」にたどりつく。

恩田川の桜並木:イメージ2

両岸は「恩田川自転車歩行者道路」として整備され、アスファルト舗装されているので、ベビーカーを押しながらでもラクラク歩くことができる。途中何人ものベビー連れとすれ違った。サクラは頭上近くから川へ向かって垂れ下がり、花見にちょうどよい木の高さだ。今がまさに満開で、視界が一面ピンク色にそまり、お花見気分満点である。天気も良かったからか、平日にもかかわらず、たくさんの人が歩いていた。年配の女性や夫婦、子供連れの主婦、犬の散歩中の人などが多い。

恩田川の桜並木:イメージ3

10 分ほど歩くと、ベンチがあり、若い女性のグループが飲み物片手にくつろいでいた。ベンチの数はそれほど多くないので、ベンチを見つけたら一休みしておいた方がよいかもしれない。近くには小さな公園が見える。すべり台などの遊具がある児童公園だが、子供づれで散策中に一休みするにはよさそうだ。花びらがちりばめられた川面には、カルガモなどのカモたちがゆうゆうと泳いでいる。

恩田川の桜並木:イメージ4

成瀬駅へ続く道路「会下山橋」の下をくぐると、「成瀬団地」横に差しかかる。「成瀬団地六号棟商店会」では、花見シーズン中の土日に「さくら祭り」を開催している。飲み物やたこ焼きなどの軽食の販売、ゲーム大会などが行われ、休憩所、トイレも設置されるので、ここでちょっとお祭り気分を味わいながら休憩していくのもよい。成瀬団地内の川沿い近くの広場には小さなあずまやがあり、ここでも一服できそうだ。サクラを見上げながらのんびり、ゆったり歩いていく。遊歩道沿いにはツツジも植えられ、こちらもきれいに咲いていた。西山橋までたどり着くと、息子がぐずりだし、残念ながら散策はここまでとなってしまった。成瀬団地まで引き返し、「成瀬センター前」の交差点から成瀬駅方向まで戻ることにした。

恩田川の桜並木:イメージ5

今回歩いたのは本当に短い距離だったが、十分ゆったりと楽しむことができた。時間と状況が許せば、桜並木の始点から終点までをゆっくりと歩いてみたいところだ。広場などはなく、ベンチもそれほど多く設けられてはいないので、お弁当を広げて花見の宴……というよりは、お散歩コースと考えたほうがよいだろう。花びらのシャワーを浴びながら歩くと、春のエネルギーを体全体で吸収したような、さわやかな気分になることうけあいだ。

-DATA-

場所:
東京都町田市高ヶ坂、町田市成瀬
タイム:
扇橋-(12分)-成瀬団地-(6分)-西山橋
交通:
JR横浜線成瀬駅から徒歩10分
駐車場:
なし
トイレ:
「さくら祭り」開催時は成瀬団地商店街にトイレ設置

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る