トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2004年03月トレッキングレポート:トップページ2004年05月 »

星山

Apr.16, 2004

星山:イメージ1

4月16日快晴。この日は以前北海道で知り合った関東の旅人がこちらに旅に来たので、前日から一緒にキャンプしていた。テントをたたみ、湯原温泉砂湯・蒜山高原・大山とその旅人を案内して、大山寺の辺りで別れた。がっちりと握手を交して再開を誓って別れたのはもう14時近くだった。しかし、せっかくこんな遠くまで来ているのに帰路に付くのはいくらなんでももったいない。かといって雪がまだたくさん残っている大山に登るには時間も装備もない。どこか雪が残っていなくて、こんな時間からでも登ることができるここからそんなには遠くない山はないものかと考えたら、見事あった。星山だ。ということで突如星山登山が決定した。

星山:イメージ2

大山寺のところから星山の登山口まではバイクで約1時間30分ちょいかかった。星山の登山口は勝山美しい森のビジターセンターの所にある。国道 313号からのアプローチとしては勝山の街を少し北に向かうと、名瀑として名高い神庭の滝の案内がでる。そこを左に折れ、3キロほど進むと「勝山美しい森、星山登山口」の案内が出ているのでそこを右折。後は要所要所に案内標識があるのでそれに従って進めば登山口に到着することができる。

星山:イメージ3

突然決まったとはいえ、念のために用意していた登山ステッキを片手に登山開始。登山開始時刻は、なんと16時前。さっき駐車場で「今から登るん?」と聞かれたのも納得な時刻である。ビジターセンターの横から出ている登山道を登り始める。山頂までは1時間と案内板には書かれていた。スタートしてしばらくは記念植樹をしているよく整備された道を登る。スタート直後から景色が広がり気分はいいが、逆に言うと日陰が少ない。そのせいか4月半ばだというのにかなり暑い。途中ある松林を通過してしばらく登ると道がY字路状に2手に別れる。しかし看板はなく不親切だ。普通に考えたら山頂方面に進む右が正解だと思うが、なぜだか私はまっすぐに登っている方に進んだ。そしてしばらく登るとまたY字路。そしてまたまた看板はない。でも、さすがに今度は右に進んだ。右に折れてすぐに道は林の中を下る。これはもちろんあとで分かった事なのだが、下りきった辺りで先ほどの道などに合流する。余計な登りと下りがあっただけ損した気分である。さて、ここからが本格的な登りになる。といっても距離的にはあと少しだ。しばらく林を登り、植生が笹に変わると頂上は近い。そしてあっという間に頂上到着である。登山時間は約45分であった。

星山:イメージ4

星山山頂からは、当然すばらしい景色が広がる。毛無山や大佐山などまさに360度のパノラマである。登山開始から景色が広がってはいたが、山頂に着いて初めて蒜山や大山を望むことができる。そして記念撮影をし、コーヒータイム。時間が遅いせいか誰もいなかった。たいていの山頂ではお約束といっても過言でないが、ここも日陰はない。ところで、星山からの櫃ケ山縦走というのがあるみたいで、櫃ケ山180分の看板がある。ちょっと見た感じではあるが、尾根筋を歩くかなり気持ちのよいルートだと推測できる。が、時間も17時を過ぎているので、縦走するどころか早く下山しないといけない。

星山:イメージ5

下山は、山頂付近が若干急なだけなので、それほど膝にくることもなく35分でできた。もう18時を過ぎていた。かなり無茶なスケジュールになったとはいえ、山頂でもっとゆっくりしたかった。この山についての個人的な感想を述べると、家族でハイキング感覚で登り、山頂で弁当を広げるにはもってこいの山だと思う。もちろん幼稚園児くらいの子供と一緒に登ることも十分可能である。私はジーパンという服装で登ったが、何の問題もなかった。逆に言うと登山を趣味にしている人には物足りないかもしれない。が、気持ちのよさそうな縦走路もあるのでそこまでプランに入れると十分満足できると考える。あと、少し気になったのは夕方という時刻もあったせいであろうか、蛇を2回見たことである。しかし、「マムシ注意」等の看板はなかった。星山ほどの知名度がある山であればマムシが出る場合はまず注意書きがあるはずなので、あくまで勝手な想像ではあるがほとんど生息していないのであろう。最後に、本当によく整備されたすばらしい山なので、皆さんの週末プランの参考になればこれ幸いである。

-DATA-

場所:
岡山県真庭郡
交通:
バイク
駐車場:
あり
トイレ:
ビジターセンターと駐車場にある。山頂にはなし。
その他:
コース途中に水場はない。

恩田川の桜並木

Apr.1, 2004 ベビーカーでGO!

恩田川の桜並木:イメージ1

町田市を流れる恩田川は、市内の七国山周辺を源流とし、横浜市の恩田町付近で鶴見川本川に合流する一級河川である。この中で「高瀬橋」から「都橋」にかけての3kmほどの区間がソメイヨシノの並木となっていて、町田の桜名所の1つに数えられている。ポカポカ初夏の陽気となった4月1日、8ヶ月の息子をベビーカーに乗せて、花見がてら恩田川沿いを歩いてみることにした。スタートは、「オーディオテクニカ」の建物付近にある扇橋。ここから下流方向に向かって歩いていく。「扇橋」をスタート地点に選んだのは、単に筆者の自宅から近かったからで、電車でアクセスする場合には、「成瀬中央橋」あたりから上流方向へ進んでも良いだろう。JR横浜線の成瀬駅北口のスーパー「そうてつローゼン」前を右折し、東へ向かって直進すると、10分足らずで「成瀬中央橋」にたどりつく。

恩田川の桜並木:イメージ2

両岸は「恩田川自転車歩行者道路」として整備され、アスファルト舗装されているので、ベビーカーを押しながらでもラクラク歩くことができる。途中何人ものベビー連れとすれ違った。サクラは頭上近くから川へ向かって垂れ下がり、花見にちょうどよい木の高さだ。今がまさに満開で、視界が一面ピンク色にそまり、お花見気分満点である。天気も良かったからか、平日にもかかわらず、たくさんの人が歩いていた。年配の女性や夫婦、子供連れの主婦、犬の散歩中の人などが多い。

恩田川の桜並木:イメージ3

10 分ほど歩くと、ベンチがあり、若い女性のグループが飲み物片手にくつろいでいた。ベンチの数はそれほど多くないので、ベンチを見つけたら一休みしておいた方がよいかもしれない。近くには小さな公園が見える。すべり台などの遊具がある児童公園だが、子供づれで散策中に一休みするにはよさそうだ。花びらがちりばめられた川面には、カルガモなどのカモたちがゆうゆうと泳いでいる。

恩田川の桜並木:イメージ4

成瀬駅へ続く道路「会下山橋」の下をくぐると、「成瀬団地」横に差しかかる。「成瀬団地六号棟商店会」では、花見シーズン中の土日に「さくら祭り」を開催している。飲み物やたこ焼きなどの軽食の販売、ゲーム大会などが行われ、休憩所、トイレも設置されるので、ここでちょっとお祭り気分を味わいながら休憩していくのもよい。成瀬団地内の川沿い近くの広場には小さなあずまやがあり、ここでも一服できそうだ。サクラを見上げながらのんびり、ゆったり歩いていく。遊歩道沿いにはツツジも植えられ、こちらもきれいに咲いていた。西山橋までたどり着くと、息子がぐずりだし、残念ながら散策はここまでとなってしまった。成瀬団地まで引き返し、「成瀬センター前」の交差点から成瀬駅方向まで戻ることにした。

恩田川の桜並木:イメージ5

今回歩いたのは本当に短い距離だったが、十分ゆったりと楽しむことができた。時間と状況が許せば、桜並木の始点から終点までをゆっくりと歩いてみたいところだ。広場などはなく、ベンチもそれほど多く設けられてはいないので、お弁当を広げて花見の宴……というよりは、お散歩コースと考えたほうがよいだろう。花びらのシャワーを浴びながら歩くと、春のエネルギーを体全体で吸収したような、さわやかな気分になることうけあいだ。

-DATA-

場所:
東京都町田市高ヶ坂、町田市成瀬
タイム:
扇橋-(12分)-成瀬団地-(6分)-西山橋
交通:
JR横浜線成瀬駅から徒歩10分
駐車場:
なし
トイレ:
「さくら祭り」開催時は成瀬団地商店街にトイレ設置

ページのトップに戻る