トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 白砂のビーチとエメラルドグリーンの海が心を癒すニャチャントレッキングレポート:トップページ少数民族の町サパ »

武蔵野の鳥、花、歴史を訪ねて

Mar.16, 2004 のほほんと春の小川を歩いてみよう

春。草が萌え、花が咲き、鳥がさえずる春。遠くの山まで出かけなくても、近場の公園でも春を感じる事は出来る。年収三百万円時代の更に先を行く、貧しき私も、そしてあなたも、お金はなくとも散歩は出来る。春の野に出てみよう。今まで見落としていた色々な発見があるかも。今回は街の近くの散策コースを紹介してみようと、東京都立野川公園から、小金井市、三鷹市の野川沿いのコースを歩いてみた。

武蔵野の鳥、花、歴史を訪ねて:イメージ1

都立野川公園は、東京都が昭和49年に国際基督教大学のゴルフ場を買収し、昭和55年に開園した小金井市、三鷹市、調布市の3市にまたがる公園。正門から管理所の建物に入り、そこを抜けると、広大な芝生広場と武蔵野の面影を残す木立が広がる。広場には子供用の遊具も設置されており、放課後や休日ともなると子供がいっぱいだ。広場の喧騒から少し離れ、クヌギやコナラの植えられた木立の中へ入ってみた。武蔵野と言えば、国木田独歩も讃えた落葉広葉樹林、いわゆる雑木林で知られる。薪炭材として使われていたコナラやクヌギの落葉樹林は、人の生活と供に成立していた林。かつてはありふれていたこの雑木林が注目を浴びるようになったのは、それだけこの林が人の生活から離れてしまったということでもある。野川公園の雑木の木立で、人々が身近な自然に依存して生活していた頃に思いをはせてみよう。

武蔵野の鳥、花、歴史を訪ねて:イメージ2


まだ葉の茂らない早春の明るい落葉樹の木立を、落ち葉を踏みしめながら歩いてみると、あちこちの地面からカサカサという音が聞こえて来た。音のする方に目を向けると、ムクドリ、シジュウカラ、ヒヨドリ、キジバト、ツグミ、都会でもお馴染みになった野鳥達が、落ち葉を掻き分け、餌を探していた。飛び立った鳥を目で追って上を見上げると、コナラの高木の遥か上方に緑色の鳥が。双眼鏡で除いてみると、アオゲラだった。緑色の背中に赤い頭が美しいキツツキだ。野川公園は野鳥の宝庫でもある。この日は他にもツグミ、シメ、マヒワ等の北方から冬を越すためにやってきた鳥達、そして野川公園の北側を流れる野川の周辺では、河原を好むセグロセキレイや、コサギ、カルガモ、マガモなどの水鳥達の姿も見られた。

武蔵野の鳥、花、歴史を訪ねて:イメージ3

都道(東八道路)をはさんで公園は南地区と北地区に分かれている。都道を横断する橋を渡り、北地区に行って見た。北地区には国分寺崖線と呼ばれる、多摩川が武蔵野台地を侵食して作った崖状の地形が走っており、ここから湧き出す清水を集めた野川が流れている。野川の河原は護岸がコンクリートで固められておらず、自然のままの河原を散歩できる。春の日を浴びながら、オオイヌノフグリの紫色の花、タンポポの黄色い花などが咲き出した河原を歩いて見た。土手にはシダレヤナギの柔らかな黄緑色の葉が風に揺れる。河の中には所々にカルガモが泳いでいる。春の日差しを浴びて土手でまどろみ、河で遊ぶカルガモ達を眺めるのも楽しい。北地区には自然観察センターもある。入場無料で、野鳥の声が聞ける展示もあるので、名前が分からない鳥の声を聞いたら、ここで確かめてみよう。観察舎の橋を挟んだ向かい側にはフェンスで囲われて植生が保護された観察園がある。こちらも入場無料で、ゲートを自分で開けて中に入れる。中には木道が整備されていて、木や草花が観察できる。私が訪れた3月中旬には、ウメ、サンシュユ、コブシ、アズマイチゲ等早春の花が咲いていて、紅、黄、白、色鮮やかな花々が目に楽しかった。

武蔵野の鳥、花、歴史を訪ねて:イメージ4

観察園から野川の土手に降り。川に沿って下流へ10分ほど歩いてみた。野川公園に隣接して三鷹市大沢の里がある。ここには東京都では珍しくなった水田やワサビ田が残されている。この水田やワサビ田と同じ一画には水生植物や昆虫の観察できる湿性花園もあり、自然観察のための木道も整備されている。自然観察路を奥まで進むと階段が造られていて、登って見ると小さなコンクリート建ての建物があった。部屋に入ってみると正面の壁がガラス張りになっており、そこから崖を横向きに掘って造られた古代の墓、横穴墓を見ることが出来る。ここは出山式横穴群8号墓保存・公開施設。中にはピカピカの白骨も転がっているが、これはもちろんレプリカ。周辺では更に古い旧石器時代の遺跡も出土されており、国分寺崖線の豊富な湧水が人々の生活を支えてきた歴史を物語っている。野川散歩で、武蔵野の豊かな自然と、そこで暮らしてきた人々の歴史を感じてみよう。

-DATA-

場所:
東京都小金井市、三鷹市
交通:
西武多摩川線多磨墓地前駅下車約15分
京王線調布駅下車京王バス武蔵小金井駅行「野川公園一之橋」下車1分
JR中央本線三鷹駅下車小田急バス武蔵小金井駅行「野川公園一之橋」下車1分
駐車場:
野川公園正門前にあり(有料)
施設:
野川公園内にトイレ、ベンチ、テニスコート、バーベキュー広場、売店など
問い合わせ先:
野川公園管理所 0422-31-6457
大沢ふるさとセンター 0422-33-1835

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る