トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 大和市千本桜と山岳信仰の跡トレッキングレポート:トップページオークランド ドメイン »

奥多摩・三頭山

Feb.8, 2004 冠雪の富士を眺める

立春を迎えたとはいえ、まだまだ寒い2月。しかし街中の梅がちらほら顔を見せ出し、日差しも少しずつやわらかく感じられるようになると、「春はすぐそこまで」と気ぜわしく、待ち遠しい。日も延びてきたことだし、日溜まりの山へ“前夜祭”ならぬ“前春祭”へ行こう!

奥多摩・三頭山:イメージ1

天気予報がバッチリの日曜日、向かったのは奥多摩にある「檜原都民の森」。ここから三頭山(1531m)に行こうという算段である。奥多摩ならば雪もそんなにないであろう、という目論見であったが、駐車場のおじさんいわく、「所々アイスバーンになっているから気をつけてね」。・・・ちょっと不安になったが、重登山靴をはいてきたので大丈夫であろう。いざ出発である。

こ都民の森駐車場からは、里山の路・大滝の路・けやきの路など、さまざまな遊歩道やハイキングコースが延びており、体力や目的い合わせて歩くことができる。本日は見晴らしのよい三頭山へ続く「ブナの路」を選んだ。駐車場からまっすぐ、森林館の下の小さなトンネルを抜けてブナの路周遊コースに入ろうと、分岐を左(大滝の路方向)へ行こうとすると「本日通行止め」の看板が。どうもこちらは谷沿いのため、残雪やアイスゾーンがことのほか多いようだ。仕方がないので周遊はあきらめ、鞘口峠経由で往復することにした。

奥多摩・三頭山:イメージ2

不鞘口峠までは途中チップの敷きつめられた歩きやすい道を行く。やや急登だが、杉林のなかをあれよあれよという間に着く。鞘口峠は分岐になっており、ここは「ブナの路・三頭山」を指す左へ入る。最初の約20分は少々キツイ登りだが、だんだんゆるやかなアップダウンに変化する。それよりも、おじさんの言った通りアイスバーンが端々にあって気を抜けない。ただ、周りはブナやミズナラ、シラカバなどの落葉広葉樹に囲まれているため、冬枯れの森のなかを気持よく歩ける。30分も行くと右手に奥多摩湖の蒼い水が樹間から見え始め、対岸の稜線が目線の高さだ。

しばらく行くと「展望台」の案内に出、たどっていくとテラス状になったところにベンチがある。北東側に開けて見晴らしがよいが、先客が多いのであとにした。そのまま10分も行くと三頭山東峰。ここはベンチとテーブルもあり、誰もいなかったのでお昼にした。木々に囲まれていて見晴らしは展望台のようにはいかないが、左手(南西)の樹間越しに真っ白な富士山が見えている。それに風がさえぎられているので、日溜りそのもののポカポカであった。

奥多摩・三頭山:イメージ3

腹ごしらえを済ませ、今度は中央峰まで。実は東峰からわずかんの距離。ひと登りという表現がピッタリだ。ここが一応三頭山の最高地点(1531m)。やはり疎林に囲まれているが、富士山側が大きく開けており、そこには真っ白に輝く富士の姿が裾野の方までくっきりと、威風堂々鎮座している。日差しはまろやかだが、きりりと冷えた冬の空気だからこそ見ることのできる富士山である。右に目をやれば奥多摩湖が先ほどよりも大きい。しばしベンチに腰かけ鑑賞。ここでお弁当の人たちもいる。

奥多摩・三頭山:イメージ4

下山は同じ道を凍結個所に気をつけながら下る。帰りに檜原街道沿いにある温泉・数馬の湯につかっていけば、文字通りポカポカに!青空を従える神々しい富士山の姿を目に焼きつけ、夕闇に浮かびあがる山の稜線を惜しみながら「あともう少しの春」も待てそうな気がした。

-DATA-

場所:
東京都西多摩郡檜原村
交通:
JR五日市線武蔵五日市駅からバスで約75分。
※3~11月までの土・日・祝日およびゴールデンウィーク、夏休み期間運航。
車利用は中央自動車道・上野原ICより約30km、または同・八王子ICより45km。
駐車場:
都民の森無料駐車場
行程(片道):
都民の森駐車場(5分)森林館(10~15分)鞘峠(50分)展望台(10分)東峰(5分)中央峰
トイレ:
都民の森駐車場・森林館・木材工芸センターにあり。
その他:
冬以外の時季はトレッキングシューズで大丈夫だと思うが、冬は雪や凍結箇所が多く残っているので重登山靴の方がよい。
都民の森内にある森林館では森の情報提供や写真パネルの展示などをしており、休憩室やレストラン、売店コーナー等も利用できる。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る