トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 住宅地に残る歴史をみつめてトレッキングレポート:トップページ大和市千本桜と山岳信仰の跡 »

上野恩賜公園、御徒町

Jan.11, 2004 下町を訪ねて

上野恩賜公園、御徒町:イメージ1

誕生日が近い。父親が「御徒町に安くて上手い寿司屋がある。食べに行こう」と誘ってくれた。一応誕生日のお祝いとして、である。喜んでついて行った。JR 上野駅公園口を出る。目の前の東京文化会館のエントランス前に公園内の博物館等の催し物案内板があり、多くの人がそれを見て催し物を確認する。冬の澄み切った青い空、自然豊かな広々とした上野公園。とてもすがすがしい。公園北東に重厚な造りの建物がある。建物の左側には大きなクジラの像。国立科学博物館だ。この洒落っ気のある博物館は子供に大人気である。この日はジャワ原人化石の特別展をやっていた。科学博物館を出て野口英世像を過ぎると噴水が見えてくる。ベンチに座って暖かい日差しの中で少し休憩。穏やかなひとときを過ごす。公園の中央では1月18日までの「東京地酒と酒器うつわ祭り」で賑わっている。おでんセット、モツ煮込が各350円、100円出せば試飲カップに7種類の日本酒を注ぎ、飲める。暖かい日差しは消えはじめ、冷たい風が吹いてきた。日本酒を飲み、あたたかいおでんをかけこむ。体が温まる。その通りの先では大道芸をやっていて、多くの人から拍手喝采を浴びていた。

上野恩賜公園、御徒町:イメージ2

西へ歩く。小松宮彰人親王銅像の近くにある石灯籠の参道を歩くと、右側に荘厳な五重塔がある。参道の突当りには徳川家康、吉宗、慶喜を祭神とする東照宮がある。この社殿は日本には一つしかない金箔の唐門で扉には梅と亀甲の透かし彫り、門柱には昇竜降竜の高彫、門側面には松竹梅と錦鶏鳥の透かし彫りがしてあり、美しい。国宝である。石灯籠の間ではモデルの撮影が行われていた。

上野恩賜公園、御徒町:イメージ3

ここから南へ京成上野駅方向に歩くと、京都清水寺の懸崖造本堂を模して建てられた清水観音堂があり、入試合格祈願の旗が風に吹かれてはためいている。下におりればすぐ近くに不忍池。蓮の枯枝に覆われた池に多くのカモが騒ぎながら泳いでいる。琵琶湖にみたてられたこの不忍池の中には小さな弁天堂がある。

上野恩賜公園、御徒町:イメージ4

不忍池に別れを告げ、御徒町駅方面へ歩く。湯島駅近くの切通坂の途中に湯島天神がある。正月三が日を過ぎたというのに大勢の参詣客が訪れており、学業成就の絵馬があふれんばかりに架台にかけられている。そこから200m先、御徒町駅南口右側に、かっぱ寿しという鮨屋がある。11時30分から18時30分までは鮨が半額である。1個100円から500円。この半額の時間帯は1個頼むと2個出てくる。値段は1個分。結構おいしい。大トロ(1個500円)が口のなかでとろけた。いい誕生祝いだった。

-DATA-

場所:
JR上野駅、御徒町駅
交通:
JR線
駐車場:
京成上野駅駐車場(有料)
トイレ:
上野公園内、東京文化会館
備考:
京成上野駅に案内所・大量の資料有。 JR上野駅にマップ有。 かっぱ寿し(御徒町駅)03-3831-3712

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る