トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 上野恩賜公園、御徒町トレッキングレポート:トップページ奥多摩・三頭山 »

大和市千本桜と山岳信仰の跡

Jan.12, 2004 犬の散歩と散策

大和市千本桜と山岳信仰の跡:イメージ1

自転車に乗って、父と犬の散歩に出かけた。高座渋谷駅から450m、最寄の県道丸子茅ヶ崎線から約1km、閑静な住宅街を通ると引地川に沿って千本桜の並木がある。引地川は大和市上草柳水源地を起点とし、相模湾に注ぐ17kmの川である。5-11mの川幅にはザリガニ、あゆ、カルガモが泳ぎ、川に沿って桜が植えられている。春になると満開の桜の道ができ、あたり一面ピンク色となる。土手では宴が催され、賑やかな光景となる。御獄橋を渡り、東側の12段の階段を登った公園の中には、ぽつんと小さな神社が建っている。「御獄山神社」である。山岳信仰の対象となっていた長野県木曽の御獄の参拝者より1865年に講が組織され明治11年には講中に塚山が築かれた。この塚が御獄山神社である。明治時代半ば以降は講が自然消滅している。それを物語るかのように、今、この神社はひっそりとたたずんでいる。

大和市千本桜と山岳信仰の跡:イメージ2

ここから少し南へ行くと「田中八幡宮」がある。この宮には市指定重要文化財が2つある。ひとつは山ノ手田中囃子で、おかめ・ひょっとこ・きつねが登場するお座敷囃子が伝えられている。もうひとつは、天然理心流奉納額である。天然理心流とは江戸時代後期の剣道の新興流派で有名人物として新撰組隊長の近藤勇昌宜がいる。

この近くには「鬼子母神」のお堂がある。15台ほどの車が入る駐車場の角に建っている。約2.7 平方メートルの小さなトタン葺きのお堂である。また、坂の上には市指定天然記念物である、「たぶの木」がある。樹齢500年、太さ3.6m、高さ17mで三つ又に太い枝が分かれている照葉樹である。真夏の暑い日には、すずしい木陰を作ってくれそうである。

大和市千本桜と山岳信仰の跡:イメージ3

成西へ向かうと川に突当る。「千本桜商店街」へ向かう手前に「みどりや」という和菓子屋がある。千本桜祭りの時にはさくらもちがよく売れる。小さな千本桜商店街の途中にはテレビにもよくとりあげられる肉の「太田屋」がある。世界の大会でも数々の賞をとっていて、ここで取り扱う神奈川特産の高座豚が有名である。メンチカツ75円、コロッケ60円を買い、お腹がすいてイカツイ顔をしている犬と一緒に食べながら、隣のコンビニでジュースを買って飲む。コンビニを右に曲がって100m先の左側に河童寺とも呼ばれる「常泉寺」がある。1588年頃に建てられた曹同宗の寺である。建て直しをしたのか寺は新しい。境内には200種類以上の草花が植えられていて、参道の両側にはミツマタで埋め尽くされている。春になると花が咲き誇り美しい光景となる。本日の犬の散歩はこれで終了。父は、疲れてふてくされた顔をしている犬を自転車の後ろのカゴに乗せ、犬の重さでヒーヒー言いながら坂道をあがる。道行く人が指を差して笑う声を聞きながら、まだまだ遠くにある家への帰り道を探した。

-DATA-

場所:
千本桜・福田小学校側
交通:
小田急電鉄江ノ島線高座渋谷駅、桜ヶ丘駅
駐車場:
なし
トイレ:
なし

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る