トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 鎌ヶ岳トレッキングレポート:トップページ新春の祈り »

ライトハウスパーク

Nov.20, 2003 バンクーバーで森林浴

ライトハウスパーク:イメージ1

カナダのブリティッシュ・コロンビア州はまさに自然の宝庫だ。バンクーバー、ダウンタウンの街中でもリスはもちろん、あらいぐまやスカンクが散歩し、大空にはかもめや鷲が飛び交う。スタンレーパークはもちろん有名ですばらしいが、少し足を伸ばし今日は、ウエスト・バンクーバーで森林浴を楽しもう。森の中では巨大な木々、岩場ではロッククライミングを練習する人たち、そして輝く海を見守るすばらしい灯台の姿を楽しむことができる。多くの楽しみが詰まっているこのパークへは、公共交通機関で簡単にアクセスできる。バンクーバーのダウンタウンからバスに乗り込み30分程でパークに到着する。バスを降りたら車の行き来の激しいMarine Driveを渡ることになるため、充分気を付けたい。小道を突き当りまで降りて行こう。森に入ってしまう前に、掲示板のところで「Self- Guiding Trail」というタイトルのパンフレットを取っておこう。ウエスト・バンクーバー地区によって作られたこの素朴なパンフレットには、沿岸多雨林の植物群が紹介されている。パンフレットが見つからないときは、掲示板でその植物群を見てみよう。このライトハウスパークはハイキングというよりは、森の小道を散策すると言った方がよく、標高差もごくわずかで変化に富んだ短いトレイルが揃っている。そのため、植物や木々をのんびり楽しめるはずだ。さっそく Starboat Coveへと散策を始めよう。

ライトハウスパーク:イメージ2

公園の最大のみどころは、なんと言ってもPoint Atokinson Lighthouseの灯台だ。灯台の光と霧笛は今もバンクーバー周辺を行き交う船にとって操縦の助けとなっている。海からこの灯台の光を見つけるとき、この巨大な森の暗さは大きな助けになっていることだろう。実は20世紀初期、海岸地区全体が裸地化されていった。この森の巨大な木々も切り倒されてもおかしくなかった。が、政府はこの森を残した。しかし、政府はバンクーバー周辺唯一の最大老大樹のことを思慮しこの73ヘクタールの森を残したわけではなかった。残した理由は、灯台の光を見えやすくするためだけだった。なにはともあれ、比較的邪魔されることなく木々は成長し続けた。老樹に関する本の著者である Randy Stoltmann氏の著書、「Hiking Guide to the Big Trees of Southwestern British Columbia」では公園の顕著で有名な木立や木、主にベイマツ(Douglas Fir)が紹介されている。最長のものは60mの高さにおよび、その誇らしげな表皮は30cmもの分厚さになる。

ライトハウスパーク:イメージ3

文字通り、木を突くキツツキの音が時々、森に響き渡る。また、目を少し上に向けると、400年以上になる海岸のもみの木や杉の木の上に白頭鷲そして、彼らの巣を見つけられる。これらの常緑樹はサーモンを食とする白頭鷲にはかっこうの場所なのだ。この小さくまばゆいばかりの多雨林を散策していると、海を見下ろす高い岩の絶壁に出くわすことだろう。露出したひとつの玄武岩にさびついた大きなドアの燃料庫がある。第二次世界大戦時、この砲床は訪れることのなかった日本の攻撃を防ぐために作られた。カナダ人であるにもかかわらず、日系人であるという理由で捕虜収容所に捕えられ、辛い思いをした人々に思いを馳せたくなる。戦略上重要だったこのライトハウスパークの絶壁からはライオンズ・ゲート・ブリッジ、スタンレー公園、スパニッシュバンク、南方にポイントグレー、西方にボーエン島を見渡すことができる。

世界的に有名なスタンレー公園の5分の1に値するこのライトハウスパークはピクニック、散歩、そして潮風を楽しむ静かなひとときには絶好の場所だ。先に述べたようにロッククライマー達にも人気があり、彼らの練習に見入ってしまう人も多いことだろう。ロッククライマー達と違い、あなたは命綱で守られていない。足を踏み外さないようにくれぐれも気をつけよう。輝く海を浮かぶ灯台を写真におさめたいと思う人は、夕方に訪れるのも良いだろう。来た道をたどりバンクーバーへ戻ろう。

-DATA-

場所:
Canada British Columbia, West Vancouver
アクセス:
250番 Horseshoe Bayバスに乗り、Beacon Laneの辺りまで行く。消防署を過ぎ、ショッピングプラザが右手見えたら、そこでバスを降りると、そこはもうライトハウスパークのすぐ手前。この辺りにあまり詳しくない人は、バスの運転手に聞き、降りるところを教えてもらおう。257番 Horseshow Bay Expressは違うルートを通るので、間違えて乗らないようにしよう。
駐車場:
無料駐車場がライトハウスパーク入り口にある
トイレ:
ライトハウスパーク入り口にある
場所:
Canada British Columbia, West Vancouver
アクセス:
250番 Horseshoe Bayバスに乗り、Beacon Laneの辺りまで行く。消防署を過ぎ、ショッピングプラザが右手見えたら、そこでバスを降りると、そこはもうライトハウスパークのすぐ手前。この辺りにあまり詳しくない人は、バスの運転手に聞き、降りるところを教えてもらおう。257番 Horseshow Bay Expressは違うルートを通るので、間違えて乗らないようにしよう。
駐車場:
無料駐車場がライトハウスパーク入り口にある
トイレ:
ライトハウスパーク入り口にある

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る