トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 小佐渡小木町矢島・経島小佐渡小木町矢島・経島トレッキングレポート:トップページ丹助岳の秋 »

那岐山

Nov.09, 2003 新しい1,255mの山頂にトライ

知っている方も多いとは思いますが、那岐山は以前は標高1,240mの山でした。ところが、登山者から向こう頂の方が高いのではないかと声が多々聞かれ、計りなおしたらやっぱりという事で最近山頂が変わったばかりの山です。僕も以前の山頂に登った時は、向こうの方が高いのではないかと思った一人でした。と、こんな感じで新しい山頂に登りたいなと思っていたら、合わせたかのように友達が「どっか山登りに連れて行ってくれんか?」ときたもんだ。で、どこがいいか条件を聞いてみたら「危なくなくて、日帰り出来て、1時間から2時間で登れそこそこ登山の気分が味わえて、景色が良くて、まあまあ有名な山」ときたもんだ。なんてわがままなと言いたいのだが「それなら旦那いい山がありまっせ。」という事で、僕らの那岐山登山は決定した。

那岐山:イメージ1

登山の当日の天気は晴れ。申し分ない。2人いるので車で行くことに。2人とも倉敷に住んでいるので、まずは国道429号線で津山に出ることに。国道 53号線と津山の前で合流し、2.3キロいくと左手にほっかほか亭があったのでそこで弁当を買う。津山の市街地を抜け国道53号線を奈義町の方に車を走らせる。奈義町の中心街を抜けると、菩提寺、蛇淵の滝、那岐山登山口というまず意識していたら見逃すことはないような標識が出ていたので、そこを北に折れる。曲がって3km程で道が東に急カーブする。その直前に蛇淵の滝の案内が出ていたのでそこを左に曲がる。とすぐに蛇淵の滝と那岐山登山口を兼ねた駐車場があった。

那岐山:イメージ2

さあ、いよいよ那岐山登山開始である。準備運動をして出発進行なのだが、折角だから蛇淵の滝を見学。ちゃんと休憩できる所もあり、そこでも十分おいしく弁当が食べられそうであったが、山頂で食べなければ片手落ちである。さて、当然のことなのだが那岐山にはいくつかコースがあるが、案内標識を見てCコースで登り、Bコースで降りることにした。少し登るとBコースとの分岐がある。そこを左に進路をとる。しばらくは杉林の中を登っていく。傾斜の方もそれほどきつくない。その後もたんたんと登っていく。途中振り返ってみても全く景色は見えない。このCコースには1時間ほど登ったところに大神岩という絶好の休憩ポイントがあり、当然そこで休憩をとる。今まであまり景色が見えなかった分も取り返すのごとくすばらしい景色。しかも岩なのでどこへでも腰掛けられるときたもんだ。もうサイコー。休憩を終え出発。大神岩からは以前の山頂まで、直前以外は緩やかな登りであったせいか30分足らずで着いた。

那岐山:イメージ3

この那岐山の以前の山頂は広い。なんと休憩所もトイレもある。少し北に下れば水場だってある。登山者は平日だというのに、私たち以外に3組いた。何かと便利なので、ここで東にある新しい山頂を眺めながら弁当を食べることに。少し霞んでて、日本海が見えなかったのが残念であったが、もう景色は抜群。弁当もビールもうまいなんてもんじゃない。これだから登山はやめられない。弁当を食べた後は昼寝。青い空と白い雲が心地よい。ただ夏場は暑いだろうなと思う。最高の一時を過ごした後、新しい山頂へ向かう。といっても、すぐそこにあるので5分程で着いた。新しい山頂はというと、以前の山頂と比べたらはるかに狭く、設備もなく、景色も落ちる。しかし、ここが那岐山頂なので記念撮影。その後コーヒーを沸かして飲んだ。

さあ、いよいよ下山である。下りはBコースを使うので那岐山頂をそのまま東に下る。しばらくしての分岐点で右に曲がり、本格的な下りに突入。Bコースは鬱蒼とした杉林をひたすら下るという感じで、途中から全く景色がない。そのせいか途中休憩をほとんどしなかったこともあり、約1時間で下山できた。それにしても那岐山は週末登山にはもってこいの山だ。最初の方に書てある友達の条件を、実際すべて満たす山といっても過言ではない。今度は、ぜひ那岐山系縦走をしてみたい。

-DATA-

場所:
岡山県勝田郡奈義町
交通:
車(倉敷から約3時間)
駐車場:
あり(10台ほど)祝祭日はいっぱいになる。
トイレ:
登山口にはなし。以前の山頂にはある。
タイム:
登山口-(1時間)-大神岩-(30分)-以前の山頂-(5分)-新山頂
その他:
近くの菩提寺に日本一の大イチョウの木がある。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る