トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 蝶ヶ岳・常念岳縦走トレッキングレポート:トップページ三ツ岩岳 2070m »

秋の栂池自然園

Oct.6, 2003 ゴンドラリフトで訪れれる雲上の紅葉

秋の栂池自然園:イメージ1

スキーゲレンデとして有名な栂池高原はTSUGAIKE-KOGENと書いた方が、通りが良いかも知れない。冬の方が訪れる人の多いのだが、夏の避暑地、夏から秋にかけての白馬岳への登山口でもある。白馬岳方面に登るには、スキーヤーのために作られたゴンドラリフト・イブとロープウェイを乗り継いで行く。そして、ロープウェイを降りた登山口の南側に広がっているのが、栂池自然園である。白馬岳へはロープウェイ”栂池パノラマウェイ”の終点”自然園駅”から天狗原、白馬乗鞍岳を経て登っていくが、白馬乗鞍岳と栂池高原のほぼ中間点に広がっている台地状の部分に湿原が形成されており、そこが栂池自然園として、歩きやすいように整備されている。

秋の栂池自然園:イメージ2

標高820mの栂池高原からゴンドラリフトとロープウェイに乗って、眼下の森を見ながら昇って行く。木々の紅葉がふもとから、だんだんと色が濃くなっていくのが分かる。自然園駅に着くと、冷たい空気が体を包む。標高1,829mのここは、栂池高原との1,000mの標高差の分、気温が低く、関東あたりとは1ヶ月は気候が違く感じる。舗装された坂を少し歩くと、小蓮華山・白馬岳への登山道を右に分け、すぐに栂池自然園入口に立つ2軒の山小屋がある。山小屋2軒の先に、栂池自然園ビジターセンターがあり、ここで入園のチケットを買って、栂池自然園に入っていく。自然園は入口から順に4つの湿原があり、それぞれの特徴から名前が付いている。ミズバショウ湿原、ワタスゲ湿原、浮島湿原、展望湿原という名前である。ミズバショウ湿原は雪解けの始まる6月にミズバショウが咲くが、秋にはまったく面影が無く、湿原で目立つのは果穂が枯れ、葉が赤いチングルマくらいである。木々は葉が赤や黄に染まっている。湿原を囲むように一周出来る木道が2本敷かれており、ゆっくりと景色を楽しむことが出来る。

秋の栂池自然園:イメージ3

ワタスゲ湿原の方へ進むと土の上を歩くようになり、少し登るようになる。左側に風が吹き出ている「風穴」があって、林の中を抜けて木の階段を登って行くとワタスゲ湿原に出る。湿原はクサモミジにおおわれているが、ところどころに背が50cmくらいのニッコウキスゲが枯れた状態で残っていて、夏に咲かせた黄色の花は実を結んでいる。ワタスゲ湿原からは、白馬岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳が見えるのだが、今日は霧が出てきて山々は見えない。ワタスゲ湿原を端まで歩いて、今回は楠川の手前で引き返すことにした。楠川を渡って、先へ進むと天気が良ければ展望湿原からは白馬大雪渓や白馬岳がよく見えるので時間があれば歩いてみることをお勧めする。

秋の栂池自然園:イメージ4

ロープウェイとゴンドラリフトで眼下の紅葉を再び楽しんで、栂池高原へ降りるが、ゴンドラリフトの降り口”高原駅”の駐車場脇に「栂の湯」という温泉がある。内風呂の他に露天風呂があり、降りてきてすぐに温泉で暖まりつつ、疲れを取ることが出来る。栂池高原の宿泊街には、温泉があって泊まることも出来る「元湯栂の森」もある。また、栂池高原とその周辺にはホテルやペンション等の宿泊施設も多く、トレッキングの翌日は観光をするという組み合わせも楽しめる。

-DATA-

場所:
長野県北安曇郡小谷村
タイム:
計3時間45分
自然園駅-栂池自然園入口:10分
栂池自然園入口-風穴:15分
風穴-楠川:20分
楠川-浮島湿原:25分
浮島湿原-展望湿原:45分
展望湿原-浮島湿原:40分
浮島湿原-楠川:25分
楠川-風穴:20分
風穴-栂池自然園入口:15分
栂池自然園入口-自然園駅:10分
鉄道・バス:
1.新宿始発の中央線を走る夜行の急行「アルプス」、昼間の特急「あずさ」で白馬駅または白馬大池駅下車。栂池高原行バスに乗り終点下車
2.東京、上野、大宮などから長野新幹線で長野下車、白馬方面行きの高速バスにて栂池高原下車。
3.新宿始発の中央線を走る夜行の急行「アルプス」、昼間の特急「あずさ」で白馬駅または白馬大池駅下車。栂池高原行バスに乗り終点下車
車:
関東、中京、近畿方面からは中央高速を利用、岡谷ジャンクションから長野道に入り、豊科インター下車、国道147、148を北上。小谷村に入り、国道148号上のの 「栂池高原スキー場 栂池自然園」 の標識に従い、左折。約10分でゴンドラ乗り場駐車場に着く。
鉄道・バス・車 共通:
栂池高原から栂池パノラマウェイのゴンドラリフトとロープウェイに乗り継ぎ、約40分で自然園駅着
駐車場:
ゴンドラ乗り場駐車場
自動販売機:
ビジターセンターに有り
水場:
自然園内の楠川近くに有り
トイレ:
ビジターセンター、自然園内の楠川近くに有り
携帯電話:
ビジターセンター近くのみ通話可能

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る