トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 会津駒ヶ岳トレッキングレポート:トップページ大雪山高原沼 後編 »

大雪山沼ノ平

Sep.14, 2003 クサモミジと紅葉で彩られる湿原と池

大雪山沼ノ平:イメージ1

北海道の屋根とも言われる大雪山は、深田百名山の一つでもあるが、一つの山の名前ではなく、北海道のほぼ中心部に位置する連山の総称である。大雪山はさらに、4つの山域に分けて呼ばれることがあり、その4つとは、表大雪・北大雪・東大雪・十勝連峰である。今回訪れる沼ノ平は、大雪山の北西部の表大雪の内でも、北西に当たる山腹にある。溶岩台地に出来た湿原で、標高約1400mのほぼ平らで、沼が十数個ある。秋には湿原がクサモミジの彩りとなり、木々の紅葉も綺麗だと以前から聞いており、紅葉が見頃の時期に北海道を訪れる機会が出来たので、歩いてみることとした。

大雪山沼ノ平:イメージ2

沼ノ平へ一番近い登山口は北側の愛山渓温泉である。愛山渓温泉はバス便が少ないので、車で入るのが便利である。旭川市街から国道39号を東へ上川町へと向かい、愛山渓温泉入口の信号から右へ入り、ボンアントロマ川に沿った道を登って行く。途中から舗装は無くなり、林の中にはいると道は狭くなるので、対向車とのすれ違いには注意が必要だ。愛山渓温泉の駐車場に車をとめる。ここは標高約1000mである。車1台通れるくらいの道を歩き始める。少し歩くと分岐があり、道は西南方向の松仙園への道と、細い沼ノ平への登山道に分かれる。道ばたに入山時に書き込むノートが入った箱があるので、書き込んで、沼ノ平への登山道へ入っていく。緩やかな坂を30分くらい行くと、直進のイズミノ沢沿いの道と、三十三曲りの急坂に分かれる。イズミノ沢沿いの道を行けば、昇天ノ滝・村雨ノ滝を途中に見ることが出来るが、ほとんど沢登りのコースらしいので、三十三曲りの急坂のコースを選ぶ。つづれおりの名前の通りのぐねぐね道、そして急坂を登って行く。急坂を登っていくと緑の林がだんだんと黄色や赤が混じってくる。三十三曲りを登り終えると道は少し左へと曲がり、直線上に尾根を登って行く。三十三曲りより登り方はきつくないが、雨中と雨の後は登山道が沢状態となり、どこを歩いたら良いのか分からないほどだ。ハイカットの登山靴は必須で、長靴がベストかも知れない。靴をぬらすのはイヤだからと、足を置く場所を選んでいると、足を滑らしたりと、かえって危ない。沢状態の道を苦労して登って行くと、周りの林の黄葉したダケカンバが増え、足元の小さな草の葉が、緑から黄、オレンジそして赤へと色を変えているのに和まされる。

大雪山沼ノ平:イメージ3

登りがなだらかになると、川幅1.5mくらいの川がある。川は雨のために増水し、流れが速い。橋が架かっていないので、ジャンプして渡るしかない。川を渡ると、道はほぼ平らであるが、そのためもあって道がほとんど幅いっぱい水たまりになっている。再び歩く場所を探しつつ歩いて行く。八島分岐を過ぎ、木道が現れると、そこはもう湿原地帯の沼ノ平である。クサモミジがだいぶ進んだ湿原が広がり、ところどころに池塘、赤く色付いた木、倒木、などが景観を作り出している。ただ、私が行ったときは霧が多く、遠くの山腹が見え隠れしている状況で、木道から離れたところの様子がよくわからない。少し進むとところどころにリンドウが咲いている。多分、エゾリンドウだと思われる。1箇所に8本くらいがかたまって株をつくっており、一本の茎に3から4つの花が縦に連なっている。尾瀬などで見るリンドウはほとんどが1本の茎のてっぺんにしか花を付けないので、ここで咲いているリンドウはひとかたまりの花の数が多く見える。少しの登りがあって、現れる池塘は少し大きめで、カモの親子が泳いでいた。子供は2から3羽いたと思われるが、こちらの足音とクマ避けのスズの音に驚いたようで、急いで逃げていき、霧の中に隠れてしまった。また登りがあるが、まもなく平らになって池塘のある湿原が続く。地図からはあまり読み取れなかったが、大きめの段々畑状の湿地帯になっているという感じだ。時間的なこともあって、木道が無くなって、再びぬかるみの道となっている地点で引き返すこととした。帰りには、先程の橋のない川の水量も減っていた。

大雪山沼ノ平:イメージ4

私が訪れたときは結局、霧が切れることはなかった。もう少し登った当麻乗越からは沼ノ平の湖沼群と湿原を見下ろすことが出来るようだし、高山植物の多い真夏にも再び訪れたいものだ。また、沼ノ平へ公共交通機関を利用して入る場合には、大雪山旭岳ロープウェイを利用して北へ、裾合平・当麻乗越を経由しての往復が良いだろう。沼ノ平から東へ向かえば、比布岳・北鎮岳を経て黒岳と縦走して、大雪山層雲峡ロープウェイで下りることも出来るなどさまざまなバリエーションのルートが組める。

-DATA-

タイム:
計3時間14分 愛山渓温泉(30分)三十三曲分岐(60分)沼ノ平分岐(2分)八島分岐(20分)沼ノ平(20分)八島分岐(2分)沼ノ平分岐(40分)三十三曲分岐(20分) 愛山渓温泉
場所:
北海道上川支庁上川郡上川町
交通:
車:旭川市街から国道39号を東へ、愛山渓温泉入口で右折。約30分。
バス:1日2便のため、お勧めできない。
駐車場:
愛山渓温泉(無料)
トイレ:
愛山渓温泉
宿泊、売店、自動販売機:
愛山渓温泉
水 場:
愛山渓温泉、沼ノ平分岐から東へ向かった滝ノ上の分岐までの間
テント指定地:
愛山渓温泉、沼ノ平周辺に無し
携帯電話:
ほとんどの携帯が圏外
公衆電話:
愛山渓温泉

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る