トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 大雪山高原沼 前編トレッキングレポート:トップページ飛騨高山を歩く »

銀泉台

Sep.15, 2003 赤岳斜面がナナカマドの赤に染まる日本一早い紅葉を楽しむ

銀泉台:イメージ1

大雪山のやや北側に連なる山々は表大雪と呼ばれる。この表大雪の東に赤岳があり、赤岳の登山口の銀泉台は紅葉の名所として、知られている。大雪山周辺は北海道でもっとも標高の高い地域であり、日本で最初に紅葉の始まるところである。例年は銀泉台の紅葉の見頃は9月下旬頃だと言われるが、今年は1週間くらい早くなりそうだと聞いて、初めて秋の北海道に出かけることとした。

銀泉台:イメージ2

紅葉時期のマイカー規制日は、銀泉台ヒュッテに宿泊する場合を除いて、大雪山系の東側、大雪湖畔の大雪大橋近く大雪レイクサイド臨時駐車場へ車を駐車し、そこでシャトルバス銀泉台行きに乗り換えることとなる。マイカー規制日以外と、銀泉台ヒュッテに宿泊する場合は、国道273号の大雪道路情報ターミナルの少し南から、西南方向に分かれている道、大雪山観光道路を上っていく。観光道路と言っても、林道であり、カーブのきつい部分が舗装されているのみでほとんどが砂利道である。道も狭く、車同士のすれ違いには、注意が必要である。もうひとつの注意点はキタキツネやエゾシカが道にいることもある点だ。紅葉の始まっている赤岳の斜面が正面に見えるようになると、銀泉台ヒュッテはまもなくである。銀泉台ヒュッテ手前の駐車場ではマイカーは南側のみに駐車する。ここは標高が1,500mである。

銀泉台:イメージ3

銀泉台ヒュッテの建物の奥側が、パトロール事務所になっていて、ここで入山の手続きをする。ヒュッテの奥にトイレの建物があり、その右から歩き始める。最初は車1台が通れるくらいの幅の林道である。ゆるやかな坂のダケカンバが黄葉している中を左へ右へと折れ曲がった道を行く。5分ほど登ると、右側に赤岳登山口と書かれた道標があり、道標の左側から細い登山道が始まっている。少し登りがきつくなり、振り返ると大雪山観光道路のあたりの林が見える。ヒュッテから歩き始めて15分ほどで右の視界が開ける。赤・黄色に彩られる斜面が目に飛び込む。斜面はナナカマドの紅葉とダケカンバの黄葉が散りばめられ、ハイマツの緑も混じり、素晴らしい眺めである。紅葉を眺めつつ登っていくと、斜面の下の方はダケカンバの黄色が多く、車で登ってきた大雪山観光道路付近の林が見える。すっと紅葉が続いているものの、標高の低い方は、紅葉の進み具合が遅いことがわかる。

銀泉台:イメージ4

さらに登っていくと、いったん下り先ほど見えていた斜面の上の方をトラバースして行く。左側に見えるダケカンバの黄葉も綺麗だ。少し登りがあって、右側の視界が大きく開ける。登山道の左に「第一花苑」の木の札がある。ここが今回の目的地である。登山道の右側は下りの斜面になっており、足下にはチングルマの果穂が風に揺れている。斜面にポツンポツンと赤や黄のウラジロナナカマドやダケカンバがあり、斜面の下からは林が続いて、遙か下には林の中を走る大雪山観光道路が見える。東から北東方面の山もよく見える。これらは大雪山の中でも北大雪と呼ばれる山々である。東南方向には銀泉台ヒュッテも見える。1時間足らずの登りで、これだけの紅葉と広大な眺めが楽しめるのだ。今回は時間的な制約もあり、ここまでの歩きとして、銀泉台ヒュッテへ戻ることとした。時間さえあれば、さらに登って、第二花苑・駒草平と通って、第一花苑から2時間10分で赤岳頂上へ登ることが出来る。駒草平がコマクサの花で覆い尽くされる夏に、是非とも赤岳まで登ってみたい。なお、9月中旬といえども北海道の標高1,500mでは朝夕0度くらいまで下がるので、充分な防寒対策が必要である。

-DATA-

場所:
北海道上川支庁上川郡上川町
タイム:
銀泉台ヒュッテ(5分)→赤岳登山口(60分)→第一花苑(40分)→赤岳登山口(5分)→銀泉台ヒュッテ
計110分
交通:
車(紅葉時期のマイカー規制日):
上川町市街から国道39号、国道273号を通って三国峠方面へ。大雪湖畔の大雪大橋近く大雪レイクサイド臨時駐車場へ車を駐車。シャトルバス銀泉台行きに乗って約30分。
車(マイカー規制日以外):
上川町市街から国道39号、国道273号を通って三国峠方面へ。大雪道路情報ターミナルの少し南から、西南方向の大雪山観光道路・銀泉台方面に入る。
駐車場:
銀泉台ヒュッテ駐車場(マイカー規制日は銀泉台ヒュッテの宿泊者のみ) 紅葉の時期は交通規制があり,マイカーは大雪大橋近くの大雪レイクサイト・シャトルバス乗り場駐車場に駐車する。(いずれも無料)
トイレ:
大雪レイクサイト・シャトルバス乗り場、銀泉台ヒュッテの奥の建物
宿泊:
銀泉台ヒュッテ
テント指定地:
銀泉台の近くに無し
水場:
銀泉台ヒュッテ近く
携帯電話:
ほとんどの携帯が圏外
公衆電話:
無し

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る