トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2002年11月トレッキングレポート:トップページ2003年04月 »

天狗岳2645m(しらびそ小屋~東天狗)

Dec.15-16, 2002 北八ツ雪山あそび

天狗岳2645m(しらびそ小屋~東天狗):イメージ1

八ヶ岳の北東麓、シラビソの林をたどる古いトロッコ道に小さな足跡が続いている。ミドリ池しらびそ小屋の番犬、キチのものだ。通年営業の小屋はこの時期、スノートレッキングを楽しむ人たちで賑わい、彼は姉さん株のラッキーと共に大勢のお客の接待で忙しくなる。裾野が広く、緩やかなルート上に多くの山小屋が点在する北八ヶ岳は、冬山の入門コースとして有名なのだ。私も山歩き2年目のクリスマスを、連峰中央に位置する天狗岳で過ごすことにした。

天狗岳2645m(しらびそ小屋~東天狗):イメージ2

今回は佐久平側から入り、しらびそ小屋で1泊するオーソドックスなコースを選んだ。佐久市内から登山口の稲子湯まで車で1時間半。電車ではJR小海線松原湖駅で降りるのが近い。この場合バスは冬期(11月末~4月末)運休なので、駅からタクシー利用となる。稲子湯前の無料駐車場に車を止めて、シャクナゲ尾根との分岐まで約30分歩く。分岐手前の林道ゲート付近に10台ほどの駐車スペースがあるが、雪道をのんびり行くのもいい。静謐な空気の中で、少しずつ気持ちが下界から離れていく。

天狗岳2645m(しらびそ小屋~東天狗):イメージ33

ゲートを越え唐沢橋を渡った所で、林道から尾根道に入る。急ではないがアイゼンがあった方が無難だろう。標高の低い登り口は、日中に降った雨ががちがちのアイスバーンになっていることがある。沢伝いに1時間半、時折梢から落ちてくる雪片を降り仰ぎながら登っていくと、ミドリ池キャンプ場の案内板にたどり着く。標高は2097m。やがて現れるのは、積み重ねられた薪とのどかに上る煙突の煙、いかにも暖かげな山小屋だ。天気が良ければ、ミドリ池の向こうに横たわった天狗の顔―東天狗岳が目前に見える。

天狗岳2645m(しらびそ小屋~東天狗):イメージ4

今井行雄さんは昭和44年に兄の跡を継いで以来、この場所を守り続けている小屋の2代目あるじ。息子の孝明さんに少しずつ仕事を任せるようになってからは、ほかの山に登る機会もできたが、以前は麓の自宅にさえ年に2、3度帰るか帰らないかという生活だったという。鳥やリスたちのえさ台を作り、環境保護のために小屋のし尿問題にも取り組む…。常連客にとっては、そんなご主人とストーブを囲んで話をするのも楽しみの1つ。今年5月に孝明さんが結婚し、話の種がまた増えた。

2日目、不要な荷物を小屋に置いて、天狗の頂きに向かう。空身のアタックで所要時間は約2時間半。天候や時間の都合で登頂できない時は、1時間コースに変えて、雲上の秘湯・本沢温泉へ行くこともできる。中山峠から高見石へ向かう道の右下には「稲子の凹地」と呼ばれる奇勝地があるし、峠を越えて黒百合平に遊ぶのもいい。これなら峠までは山頂アタックと同じルート。上質のスノーパウダーを踏みしめ樹林帯を行く、雪山遊びの醍醐味は変わらない。途中、右手に稲子岳の絶壁が望める。

天狗岳2645m(しらびそ小屋~東天狗):イメージ5

中山峠を右に折れて稜線に出ると、風雪が一気に厳しくなる。きれいな十字架の形をしていたコメツガの着雪が、ここでは斜めに傾いだ状態だ。やがてコメツガ自体がシャクナゲやハイマツの低木に変わり、森林限界を超える。黒百合平への帰路を右に見ながら岩礫帯の急登を過ぎれば、すぐそこが東天狗の山頂。後方にまろやかな北八ツの峰々が続き、前方に主峰・赤岳の威容が迫る。八ヶ岳連峰ど真ん中を実感できる屈指の場所だ。今回その景観は厚い雲に覆われていたが、わずかながら諏訪の町並みを覗くことができた。

天狗岳2645m(しらびそ小屋~東天狗):イメージ6

帰り道で休憩を取りたい時は「天狗の路地」を通って黒百合ヒュッテまで40分足らず。一服した後、峠を越えて元来た道を戻る。しらびそ小屋では今井さん夫婦が、熱いお茶を入れて出迎えてくれた。このあと稲子湯の柔らかい湯に浸かれば、ひと足早いクリスマストレッキングはおしまいだ。犬たちに別れを告げ、足裏で鳴る雪の感触を惜しみながらシラビソの林を下っていく。

-DATA-

場所:
長野県茅野市-南佐久郡小海町
タイム:
稲子湯-30分-白駒林道ゲート-1時間-丸太橋-30分-しらびそ小屋
しらびそ小屋-1時間10分-中山峠-1時間-東天狗岳(2606m)-40分-黒百合ヒュッテ-5分-中山峠-50分-しらびそ小屋
駐車場:
稲子湯下無料駐車場15台、白駒林道ゲート前20台。
このほか稲子湯の有料駐車場を1日300円で利用できる。
トイレ:
あり(しらびそ小屋)
参考:
料金:素泊まり4200円、1泊2食7300円、休憩200円、テント泊500円
電話:0267-96-2165

品川・高輪でロマンチック気分

Nov.07, 2002 途中下車の旅 IN 品川駅

秋というよりも冬といった方がいいかもしれないほど急に寒くなってきたこの頃。クリスマスまで1ヶ月以上もあるのに、街のイルミネーションは早くもクリスマス一色だ。クリスマスが待ちどうしくてしょうがない私は、クリスマスが楽しめるロマンチックな場所を求めて旅に出かけた。

今回のご紹介する舞台は、JR山手線「品川」駅。品川へは、新宿から内回りで8駅、所有時間18分。運賃は190円(2002年11月7日現在)。今、品川駅は再開発ラッシュ。特に東口は、続々と巨大なビルが建設されている真っ最中だ。今回は、東口ではなく西口(高輪口)周辺の散策をすることにした。

品川・高輪でロマンチック気分:イメージ1 品川・高輪でロマンチック気分:イメージ2

高輪口(西口)を出ると、目の前にはタクシー乗り場とその奥に巨大なホテルが立ち並んでいる。周辺には、ホテルパシフィック東京や高輪プリンスホテル、品川プリンスホテルなどが点在している。目の前の信号を渡り、ウィング高輪の手間を左へ進む。少し歩くと右手には品川プリンスホテル、さらに進むとホテル東横インと次々とホテルが現れる。さらに進み右手にコロナビルが見えてきたら、ビルを過ぎて右手の路地を住宅地の中へ進む。電信柱に看板が出ているので指示通りに進むこと数分、左手にフェアネス高輪の建物が見えてきたらすぐ左手の路地を入ると突然、ヨーロッパの町並みが目の前に現れた。ここが「高輪プリンツヒュン ガルテン」だ。中世のドイツローテンブルクの町並みを再現した建物の中にはフランス料理、クリスマスショップ&雑貨、結婚式会場などがありロマンチックの雰囲気が漂う場所だ。中でも、クリスマスショップ「プリンツヒェン ガルテン」には、一年中クリスマス雑貨が売られている。入り口を入ると中央が吹きぬけになっていて、1階にある大きな白のツリーが迎えてくれる。入り口は一階と二階の中間にあり、下に降りると一階のクリスマス雑貨コーナー、上へ上がると二階のヨーロッパ雑貨コーナーだ。一階は、ヨーロッパの伝統的な手作りのオーナメントやくるみ割り人形、オルゴールなどが並んでいる。特に白いツリーを囲むようにクリスマス用のオーナメントがたくさん販売されていていた。あまりのかわいらしさに思わず衝動買いをしてしまった。私が購入したのは、コインにちょこんと乗っている愛らしいミニサンタの置物だ。さまざまなポーズをとっている置物が6パターンあった。どれも捨てがたく全種類購入してしまった。まだ店内をじっくりと見ていたい気持ちを抑え、次なる目的地「木曜ミニコンサート」へと先ほど来た道を戻った。

品川・高輪でロマンチック気分:イメージ3

次は、品川教会で毎週木曜日に行われるお昼のミニコンサートだ。もと来た道を第一京浜の通りまで戻り右へ、御殿山ヒルズを目指し歩く。少し進むと左前方に高いビルと教会の屋根が見えてくる。道が二手に分かれている新八ツ山橋の交差点に来たら道路の反対側に渡り、右へ進み数分で教会だ。このコンサートは、教会の地域への奉仕の一環として毎週行われているそうだ。会場は、教会の礼拝堂(Gloria Chapel)。入り口で演奏内容を明記したプリントが置いてあり、手にして中へ。中はコンサートホールのような大きな礼拝堂で、両側には見事なパイプオルガンが設置されている。この日の演奏はピアノ。曲目は、主われを愛す~讃美歌461番~など全5曲。演奏の始まる少し前になると、会場に続々とOLやサラリーマンが集まってきた。演奏は12時30分から約30分。時間になると演奏者の一礼で曲が始まった。グランドピアノから流れる音色が礼拝堂に響き渡り、久しぶりに音楽に酔いしれた。多くの人が足を運ぶのもうなずけるほどすばらしいコンサートだ。このコンサートは無料で、出入りは自由なので気軽に聴くことができるのがいい。すばらしい音色を堪能し、もと来た道を品川駅へと向かった。

品川・高輪でロマンチック気分:イメージ4

今回は、東京で一年中クリスマスが楽しめる素敵な場所を見つけることが出来た。特に手作りのオーナメントは、木で作られたかわいらしいサンタや、エンジェルなど1点1点の職人の温かさが伝わる品だ。また、木曜日限定のミニコンサートは、聴いた後、心が豊かになった気分になれた。音楽の美しい音色で過ごすお昼のひとときをぜひご堪能を。日によってはパイプオルガンやフルート、ギター&オーボエなどの演奏も聴くこともできる。演奏内容は、事前に問い合わせをしたほうがいい。また、コンサートが終わり品川駅に戻る途中、新八ツ山橋付近で東京タワーを目にした。小さいが、さえぎるものがなくベストスポットだといえる。また、数々の素敵な出会いを求めて電車の旅をしようと思った。

-DATA-

場所:
東京都港区・品川区
交通:
JR山手線品川駅下車
駐車場:
電車をご利用ください。
◆クリスマスショップ プリンツヒェン ガルテン◆
場所:品川駅より徒歩6分
TEL:03-3443-1560
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日(11月・12月は無休)
◆木曜ミニコンサート・品川教会(GLORIA CHAPEL)◆
TEL:03-3443-1721

ページのトップに戻る