トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 白駒池トレッキングレポート:トップページ白山お花松原 »

塔の岳ハイキング

Oct.13, 2002 360度のパノラマを堪能

塔の岳ハイキング:イメージ1

塔の岳は丹沢山麓の南側に面しており、標高は1,490.9メートル。山頂からは湘南海岸をはじめ、横浜や千葉、東京方面など360度のパノラマを楽しむことができる。登頂ルートは3種類あり、大倉尾根を登るコースの人気が高い。しかし大倉コースは、標高差1,200メートルの尾根を延々と登ることになり、山頂まで優に3時間はかかる。また、市販のハイキングガイドやWebページでも多数紹介されている有名コースなので、今回は少しマイナーな、戸沢からのコースを紹介したい。

塔の岳ハイキング:イメージ2

東名秦野中井インターを降りて秦野市内へ進み、西大竹の交差点を左折。小田急線と国道246を越え、突き当たりを右。水無川を渡ると右側にファミリーマート、左側に駐在所がある。その戸沢駐在所前交差点を左折すると滝沢園キャンプ場入り口が見えてくる。そのまま未舗装の道をまっすぐ行くと戸沢に出る(本文下のDATAにある滝沢園キャンプ場ホームページの地図が参考になると思います)。林道は普通乗用車で走行可能であったが、かなり荒れているので注意してほしい。

塔の岳ハイキング:イメージ3

滝沢園を過ぎて林道の突き当たりには戸沢キャンプ場がある。それより1キロほど手前に駐車スペースがある。左側に赤い屋根の小屋があるので目印にしていただきたい。ここに車を止めて戸沢方面へ歩くことにする。赤い屋根の小さな商店には、カップラーメンや飲み物などを売っている。しかし、飲料水は購入するよりも、途中にある「竜神の泉」で補給したいものだ。

塔の岳ハイキング:イメージ4

水無川沿いを歩き、戸沢キャンプ場を左に見ながら進むと、沢が直接林道に流れ込んでいる場所がある。そのまま行くと「天神尾根入り口」の立て札を見ることができる。いよいよ本格的な登山道だ。標高800メートル付近までガレ場の道で歩きにくいが、それより上は木の根と土の道になる。12年前、MTBを担いで登ったことがある。そのときに比べると整備されてきているが、それでも岩に足を取られそうになる。

塔の岳ハイキング:イメージ5

900 メートルを超えたあたりに、丸太で作ったベンチがあり、お茶を飲むのには最適な場所だ。木の葉の隙間から秦野市街がチラリと見え、それだけで疲れが取れるような気がする。そのまま同じような道をひたすら登るが、しばらくの間は景色もろくに見えない。ここが我慢のしどころだ。1,000メートルを超えると大倉コース分岐がもうすぐだ。小学生でも、高学年なら戸沢から分岐点まで2時間はかからないと思う。

塔の岳ハイキング:イメージ6

しかし、ここからが大変だ。同じような丸太の階段をひたすら登るしかない。きちんと整備されてはいるのだが、歩幅が合わない。通称「馬鹿尾根」と呼ばれているらしい。唯一の救いは花立山荘、ここでたっぷりと休憩するといいだろう。カキ氷やおでん等を景色を眺めながら食べることができる。おそらく小一時間で頂上に着くはずだ。天気の良い日は、頂上にはお昼前に到着できるように計画してほしい。不思議なことに、丹沢は12時キッカリにガスってくる。その前に到着し、記念写真を済ませておいた方が得である。

塔の岳ハイキング:イメージ7

頂上ではたっぷり時間を取ろう。尊仏山荘内でも食事はできるが、屋外にも長イスがたくさんある。コンパクトストーブがあれば暖かい食事が取れるが、オニギリだけでも充分だ。とにかく景色を眺めながら食べるのだから何でもうまい。頂上周辺には野生の鹿がうろついているが「エサを与えないで下さい」と立て札に書いてある。無責任な行動は慎まなければならない。

塔の岳ハイキング:イメージ8

帰りは来た道を下りるだけ。戸沢への道は、両サイドに無数に木の根が張っている。それにつかまりながら下ると疲れを感じない。しかしこの道は日中でも薄暗いので、他の登山道よりも早く日が暮れる。念のためにヘッドランプは持っていた方がよい。しばらく下ると川の音が聞こえてくる。それが水無川の上流である。戸沢キャンプ場はもうすぐだ。

塔の岳ハイキング:イメージ9

キャンプ場のホームページに交通案内が紹介してあります。チェックしてから出かけてください。なお、近くに「名水、竜神の泉」があるので、空のペットボトルなどを車に積んでおくと、いいお土産になります。

-DATA-

場所:
神奈川県秦野市
交通:
小田急線渋沢駅より神奈中バス大倉行き大倉終点下車 徒歩約1時間(乗車時間約15分)
駐車場:
登山口付近に大きな無料駐車場があります。
トイレ:
登山口周辺のキャンプ場で貸してもらえます。途中の花立山荘には有料トイレ(50円)、頂上の尊仏山荘にもあります。
行程:
駐車スペース7:45 ⇒ 戸沢キャンプ場8:00 ⇒ 登山口にて朝食8:30出発 ⇒ 丸太のベンチ9:45 ⇒ 大倉尾根分岐点10:15 ⇒ 花立山荘11:00 ⇒ 塔の岳頂上12:00(小学5年生と一緒に歩いた時間です)
参考:
滝沢園キャンプ場ホームページ

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る