トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 千畳敷カールから木曽駒ケ岳トレッキングレポート:トップページ弘法山公園「権現山」 »

日向山から日向薬師へ

Oct.26, 2002 絶景の低山ハイクと、茅葺き屋根の古刹をめぐる

丹沢の地図を開くと、東の端、七沢温泉郷を抱くようにして「日向山」があります。丹沢山塊のまさに端っこ。目前をさえぎる高い山はなく、頂上からは伊勢原・厚木の街はもとより、相模湾までが一望のもとという大変ぜいたくな眺望の山です。2時間もあれば登って下りられるという手軽さもあって、子供づれや中高年ハイカーにも人気。天気の良い日、ハイキング気分で出かけてみてはいかがでしょうか。

小田急線本厚木駅から40分、終点「広沢寺温泉」でバスを降ります。バスは宿のまん前に着くのでちょっと戻り、道に出たところで右手へ進みます。温泉宿や田んぼ、茶畑を見ながらしばらく進むと、左手に公衆トイレが見えてきます。この先1時間以上はトイレのない道のりなので、心配な場合はここで寄っておくとよいでしょう。さらに歩くと、左手に登る感じで林道が分かれているので、そちらへ入ります。しばらくは舗装された道を登ります。舗装道路での登りは意外と疲れるので、準備運動と思ってゆっくり歩きましょう。15分ほどゆくと、右手に「大釜弁財天」が見えてきます。ちょっとした滝のそばに岩の祠があり、祠の中を渓流が流れるという、なんとなく神秘 的な場所です。お参りを済ませ、もうひと歩きすると、左手にめざす日向山への道が現れます。

舗装の道に別れをつげて、山道を登り始めます。ここから尾根まではちょっときつい登り。うねうねと曲がりながら高度をかせぎます。長い道のりではないので、のんびりとゆきましょう。登りきって尾根に出たところは「七曲り峠」という場所。山の神を祭った素朴な石の祠がちんまりと祭ってあります。鹿よけのフェンスを左に見ながら、日当たりのいい尾根道を登ります。やや急な登りですが、林のなかをゆく気持ちよさは格別。木の間隠れに見える眺望に、頂上への期待がふくらみます。どんどんと登りきると、ひらけた場所に出て、日向山の頂上に到着です。

登りの連続で汗をかいたら、カラリとした山頂で風をうけつつ、しばし眺望を楽しみましょう。登りのつらさも一気に吹き飛ぶ眺めです。広い山頂では、シートを広げてゆっくりお弁当を楽しむ人の姿もちらほら。山頂でのんびりできるのが、低山ハイクのいいところです。

日向山から日向薬師へ:イメージ1

十分景色を楽しんだら、山頂を後にして日向薬師へと下ります。しばらくはザラザラと滑りやすい坂道なので、慎重にゆきましょう。低山らしい、雰囲気のある雑木林を下ってゆくと、日向薬師の「奥の院」を経て、ほんの20分ほどの下りで日向薬師の駐車場へ出ます。出口のあたりは梅林になっており、大きな桜の木もあって、ベンチや机もしつらえてあるので、花の時期ならちょっと一休みしたくなるような場所です。

日向山から日向薬師へ:イメージ2

日向薬師は「日本三大薬師」のひとつとされる由緒ある古刹で、木造茅葺きの本堂は、堂々とした中にも、素朴な信仰のよりどころといった印象を受けます。境内には古代杉の巨木や季節ごとの花木も多くあり、しっとりとした雰囲気。こちらのお薬師さんは「目の病」に霊験あらたかで、それが転じて「目出し=出世」の神様としても信仰を集めているのだそうです。仕事や芸事(そして賭け事?)で「いまひとつ」と思っているかたは、お参りするとご利益にあやかれるかも・・・。

日向山から日向薬師へ:イメージ3

参堂の石段を下ると、道の向こうに売店があり、その前がバス停です。このあたりは「日向」の名前どおり、一日中ぽかぽかと日当たりがいい場所です。バス待ちの時間があったら、バス停向こうの田んぼを眺めてみてください。斜面にそって田んぼが段々に作られていて、石組みも美しく、一見の価値ありです(ただし、田んぼには入らないように)。ここからのバスはすべて、小田急伊勢原駅行きとなります。

<補足>日向薬師の駐車場からさらに日向林道を歩き、七沢温泉へ抜ければ(30分ほど)、温泉につかって帰ることもできます。また、コースの逆をゆけば、「広沢寺温泉」で立ち寄り湯ができます。車で行く場合は、日向薬師からの往復登山がおすすめ。このあたり、丹沢の地図をひとつ買って眺めると、いろいろなコースがあって、楽しめます。

-DATA-

場所:
日向薬師:
神奈川県伊勢原市日向1644
TEL:0463-95-1416
交通:
鉄道・バスの場合:
小田急線本厚木駅下車・厚木バスターミナルよりバス40分、終点「広沢寺温泉」下車(もしくは、「広沢寺温泉入口」より徒歩15分)本厚木駅からバスターミナルまでは徒歩7分ほど離れている。広沢寺温泉行きのバスは本数が少ないので、あらかじめ時間を調べておくことをおすすめします。
(神奈川中央交通・厚木営業所 TEL 0462-41-2626)
このとき、帰りの「日向薬師」発のバス時間もチェックしておくとよいでしょう。
自動車の場合:
(日向薬師へ)東名厚木ICから246号線へ出て南下、(伊勢原)市役所入口を右折して63号線を北上、東名の下をくぐってセブンイレブンを左手に見たら次の分かれ道(西富岡交差点)を左へ入り、道なりに10分ほど走る。道が細くなり、日向薬師のバス停を左に見たら、その先右手の「日向林道」へ入ると、ほどなく日向薬師駐車場
駐車場:
広沢寺温泉付近と、日向薬師にあり
トイレ:
広沢寺温泉付近と、日向薬師にあり
お問合わせ:
伊勢原市観光協会:TEL 0463-94-4711 厚木市観光案内所:TEL 046-223-1511
コースタイム:
広沢寺温泉(55分)→日向山山頂(15分)→日向薬師
季節:
秋・冬・春(低山なので夏は暑い)

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る