トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 四季の森公園トレッキングレポート:トップページ秋の尾瀬ヶ原 前編 »

秋の尾瀬ヶ原 後編

Sep.21, 2002 青空に映える至仏山を見ながら湿原と紅葉し始めた林を歩く

秋の尾瀬ヶ原 後編:イメージ1

『リンドウ咲きクサモミジに彩られる湿原』に続いて、秋の尾瀬ヶ原を歩くルートを紹介する。山の鼻から東へ進んで最初のあたりの湿原は、東に川上川の拠水林があるので視界をさえぎられている。木道の両側にクサモミジが広がり、エゾリンドウがあちこちに咲いている。林の中では小梨の赤い実や、植物の名前は分からないが赤い実があって秋を感じる。林を抜けると視界が広がり、目指す東の方向に燧ヶ岳が見える。木道の両側にいくつも池塘がある。池塘に浮かぶヒツジグサの葉はまだ紅葉を始めないようだ。上田代から中田代に掛けては、池塘のそばにレンゲツツジやナナカマドの低い木があって、葉っぱが赤く紅葉を始めている。ナナカマドの葉はまだ緑のままの葉も多いが、オレンジや赤に染まり始め、ナナカマドの実はいち早く赤くなっている。牛首三叉路では直進する道と、左斜めへ向かう道があるが、直進を選ぶ。初夏に至仏山を背景にミズバショウが群落を作る下の大堀川の水辺ではコナシが赤い実をいっぱいに付けている。来た道を振り返るとクサモミジの湿原が続く向こうにゆったりと裾野を広げた至仏山が見える。

秋の尾瀬ヶ原 後編:イメージ2

竜宮小屋の近くの竜宮十字路からは北へと向かう。竜宮十字路から北へ行ったあたりは7月上旬にワタスゲの白い穂が多い所だが、ヤマドリゼンマイが多い所でもある。シダ科のゼンマイの仲間であるヤマドリゼンマイは夏は緑の葉を上へ上へと延ばすが、9月には緑の葉が次第に黄色からオレンジ色へと変わっていく。湿原の他の植物より早く秋のよそおいをはじめている。レンゲツツジの低木が赤くなり、その向こうに至仏山が見える景色はこの道を通らないと見ることが出来ない。

秋の尾瀬ヶ原 後編:イメージ3

左の西方向に至仏山、右の林の向こうに燧ヶ岳を見ながら行くと、左からの牛首三叉路からの近道と合流する。すぐヨッピ川に架かるヨッピ橋を渡る。左にひさびさにミヤマトリカブトの紫色の花を目にする。ここからはヨッピ川にそってのヨシッポリ田代を東へ歩く。エゾリンドウの花があちこちにあって、それと混じるようにニッコウキスゲが実を結んでいる。実は茶色で目立たないが、ユリ科に共通する感じのつぼみと実が同じような形をしている。エゾリンドウの花とニッコウキスゲが実が同じ場所にあることから、7月はここでニッコウキスゲが咲き、9月にはエゾリンドウが咲いていることが分かる。6月にはたしかここには小さなタテヤマリンドウが咲いていたと思う。ヨシッポリ田代を歩いていくと、前方の少し高くなった所に東電小屋がある。東電小屋を過ぎると林の中を行く。木々の紅葉が少しずつ始まっている。林を抜けると小さな湿原で、エゾリンドウ・ミヤマトリカブトなどがかたまって咲いている。ヨッピ川の橋を渡って、少し登りの道となり、赤田代の三叉路に出る。左の北方向へ行けば赤田代の山小屋があり、その先は三条の滝がある。今回は時間がないので右の南方向を歩き、見晴を目指す。見晴には山小屋がいくつもあるので、そのどこかで休憩すると良いだろう。見晴から西に行けば鳩待峠に戻るし、日程に余裕が有れば東の段小屋坂を登って尾瀬沼へ抜けることが出来る。

秋の尾瀬ヶ原 後編:イメージ4

秋は咲く花が少ないものの、クサモミジの色は9月の頭から末にかけて、刻々と変わり、天気に恵まれると高く感じる澄んだ青空と広々した湿原と澄んだ空気を肌で感じるにはとても良い季節だ。湿原の中や近い場所の木々の紅葉は始まったばかりだが、徐々に景鶴山など周りの山の木々も紅葉を始め、10月の10日頃には紅葉の見頃を迎えるだろう。尾瀬には、5月から10月に掛けて毎月、いや毎週来ても良いな、と思いつつ帰途に着いた。

写真は上から、中田代のクサモミジと至仏山、コナシの実、赤くなったレンゲツツジ・手前はヤマドリゼンマイ、エゾリンドウとニッコウキスゲの実、紅葉を始めた木々

-DATA-

場所:
群馬県利根郡片品村
タイム:
鳩待峠-山の鼻:1時間、山の鼻-牛首三叉路:50分、牛首三叉路-竜宮十字路:40分、竜宮十字路-ヨッピ橋:30分、ヨッピ橋-東電小屋:20分、東電小屋-赤田代三叉路:25分、赤田代三叉路-見晴:25分
計4時間10分
交通:
鉄道・バス: 1.池袋・新宿などから出る夜行バスの鳩待峠行きで入る。
2.東京、上野、大宮などから上越・長野新幹線で高崎下車、上越線に乗り換え沼田下車、大清水行きのバスにて戸倉下車、マイクロバスもしくはタクシーで鳩待峠へ。
車の場合:
関越自動車道を沼田ICで降り、国道120号を北上、戸倉へ向かう。
駐車場:
並木駐車場:250台 尾瀬戸倉スキー駐車場:900台 両者とも有料。
自動販売機:
鳩待峠のみ、山小屋に売店有り。
宿泊:
至仏山荘(鳩待峠)、山の鼻に山小屋3軒、竜宮小屋、東電小屋、見晴に山小屋数軒(テント指定地:山の鼻、見晴)
トイレ:
鳩待峠、山の鼻、竜宮小屋横、東電小屋横に有り。(水場は各山小屋に有り)
携帯電話:
鳩待峠まで通話可能。(i-modeのみ)

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る