トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2002年08月トレッキングレポート:トップページ2002年10月 »

秋の尾瀬沼・大清水平 後編

Sep.22, 2002 クサモミジと紅葉の静かな湿原を歩く

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ1

『秋の気配近づく道を登り尾瀬沼を目指す』に続いて、秋の尾瀬沼周辺を歩くルートを紹介する。三平下からは尾瀬沼の南側のほとりを西へと向かう。最初は水辺に近い所を歩く。燧ヶ岳が沼の向こうに見え、東北東の方角に大江湿原が見える。木々は緑の葉が多いが、ところどころで黄色く染まりはじめ、ナナカマドの赤い実も見られる。木道の脇では、夏に白い花を咲かせていたゴゼンタチバナが赤い小さな実を結んでいる。ただ、尾瀬沼南岸の木道は沼側が低く傾いている箇所が多く、転んで木道をはずれると沼まで落ちていってしまいそうなところもあるのでまわりの景色に見とれて踏み外したりしない注意が必要だ。木道は1列になっている箇所が多く、ところどころですれ違いのために、2列になっている。左は富士見峠方面と示す道標が現れる。ここが目的地のひとつ、大清水平への道の入り口となる。

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ2

大清水平への道は、踏み跡だけといった感じの細い道で土の上を歩く道だが、慎重に踏み跡をたどれば迷うことはないだろう。最初は急な登りで、この登りのあたりは特にゴゼンタチバナの赤い実が多い。振り返ると尾瀬沼が下の方に見え、意外にも登ってきたことが分かる。ひとしきり登った後は、緩やかに林の中を登って行き、土の道だったのに木道が現れるともう大清水平の湿原に到着である。周囲を林に囲まれた湿原で、尾瀬沼から登ってきて、こんなに平らな所があるんだという印象を受ける。湿原のまわりの木々が赤や黄色に紅葉し始め、湿原の植物がオレンジ色やオリーブ色などさまざまな色のクサモミジに染められている。大清水平は平らなのだが、尾瀬沼山荘の立体地図で見てきたように尾瀬沼側と片品村側の分水嶺にあたっている。北には林の向こうに燧ヶ岳が見え、南東にはオモジロ山や日光方面の山が見える。木道の脇にベンチが2箇所有り、ここを訪れる人は少ないので、ゆっくりと景色を楽しむことが出来る。30分くらい、ここで景色を楽しんだが、休日だというのにすれ違ったのは4人のグループと、単独行の方2人だけだった。大清水平から更に登ると皿伏山、白尾山を経由して富士見峠へ向かう道となるが、今回は大清水平までの予定なので、来た道を尾瀬沼の分岐の所まで戻る。

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ3

分岐まで戻ったら、尾瀬沼に沿った道を更に西へと進む。道は沼に沿って北西の方向に続き、沼より結構高いところを歩くようになる。坂を下りていくようになってしばらく行くと、視界が開け小さな湿原がいくつも続く場所に出る。小沼湿原である。この名前は湿原の西側に小沼と呼ばれる小さな沼があることから来ているらしい。ここの湿原もクサモミジに染まり、ヤマドリゼンマイも色づいている。北には燧ヶ岳がそびえる。湿原を抜け少し登り、下り始めるあたりで木々の間から左に小沼がほんのちょっと見える。坂を下って、尾瀬沼から沼尻川が流れ始める所の橋を渡ると、沼尻(ぬしり)の湿原であり、沼のほとりに休憩所がある。ここの湿原は燧ヶ岳にむかっての斜面の湿原で、ワレモコウなどがちょっと残っている。

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ4

沼尻からは、東に向かい、尾瀬沼の北岸道を通って、大江湿原へ行き、尾瀬沼東岸の山小屋に泊まることとした。沼尻から西へ行けば、段小屋坂を通って尾瀬ヶ原の東端の見晴に出る。大清水平では7月上旬にワタスゲの白い果穂やレンゲツツジの真っ赤な花の群落が見られる。小沼湿原は6月にイワカガミやタテヤマリンドウ、7月上旬にワタスゲ、7月後半にはニッコウキスゲとさまざまな花が咲く。両方とも小さな湿原だが、花の種類は多いので再び静かな尾瀬を楽しむ為に訪れたいものだ。

写真は上から、尾瀬沼三平下付近、ゴゼンタチバナの赤い実、大清水平、小沼湿原と燧ヶ岳、尾瀬沼の沼尻付近

-DATA-

場所:
群馬県利根郡片品村
タイム:
行き:大清水(1時間)→一之瀬(1時間10分)→三平峠(15分)→三平下(30分)→大清水平分岐(20分)→大清水平(15分)→大清水平分岐(35分)→小沼湿原(10分)→沼尻
計4時間15分
交通:
鉄道・バス:東京、上野、大宮などから上越・長野新幹線で高崎下車、上越線に乗り換え沼田下車、大清水行きのバスにて終点大清水下車(バスは要運行確認)
車の場合:関越自動車道を沼田ICで降り、国道120号を北上、尾瀬方面に向かい、大清水へ
駐車場:
大清水(群馬県利根郡片品村)
自動販売機:
大清水
宿泊:
長蔵小屋、尾瀬沼ヒュッテ(尾瀬沼東岸)尾瀬沼山荘(三平下)
テント指定地:
尾瀬沼東岸
トイレ:
大清水,一之瀬休憩所,三平下,沼尻
(水場は岩清水、三平下)
携帯電話:
大清水付近のみ通話可能
公衆電話:
大清水、尾瀬沼山荘(三平下)

秋の尾瀬沼・大清水平 前編

Sep.22, 2002 秋の気配近づく道を登り尾瀬沼を目指す

秋の尾瀬沼・大清水平 前編:イメージ1

秋の尾瀬の湿原がクサモミジに彩られる頃、尾瀬の中でもあまり人が立ち寄らない、静かな山歩きを楽しめるコースを歩いてみようと思い立った。今回は、尾瀬沼の群馬県側の入山口である大清水から入って、尾瀬沼の南側の三平下からは西へと向かう尾瀬沼南岸道を通り、途中で南へ少し登って大清水平という小さな湿原へ行き、戻って再び西へ向かい、小沼湿原を経て沼尻へと出ようというコースである。大清水からの道は尾瀬へ入る主要3ルートの内、もっとも利用者が少なく、また尾瀬沼の南岸コースも利用者が少ない。湿原の植物が木々の紅葉と同じように色づく”クサモミジ”が見頃になり、木々も紅葉を始めていると聞いて出かけることとした。

秋の尾瀬沼・大清水平 前編:イメージ2

標高約1180mの大清水が出発点となる。大清水の車道の突き当たり、舗装されていない林道入り口のゲートの横から林道歩きを始める。砂利道で、営林署のクルマが通るのだろうか、わだちが出来ている道だ。最初は割とゆるやかだが、だんだんと坂がきつくなってくる。まだまだ木々は緑で菊科の花が咲いていたりする。単調な道を行くと、一之瀬の休憩所とトイレが見えてくる。たくさんの人が休憩している。こちらも少し休憩し、川からだいぶ高い所にある三平橋を渡ると林道は終わりとなり、尾瀬沼方面の道標に従って、左への細い登山道に入る。靴の底に付いている植物の種子を尾瀬に持ち込まない為にある、緑色の金網で靴底をこすって歩き出す。道と平行して左には川が流れている。小さな滝があったりして、ここも紅葉すれば綺麗かもと思うが、まだほんのちょっとの葉っぱが黄色になりつつあるという程度だ。徐々に坂がきつくなるが、整備されていて歩きやすい道だ。冬路沢(ふゆみちさわ)の小さな川を渡ってしばらく行くと、左側に水が湧き出している岩清水がある。水を飲もうとひもにぶら下がっているはずのマグカップを探すが、ひもの先には何もなく、誰かが持っていってしまったようだ。この場所にもベンチが二つあるがここに先客が居るときは、少し登った所にもベンチが5つほどあるので、そこで休むと良いだろう。

秋の尾瀬沼・大清水平 前編:イメージ3

岩清水を過ぎると、登りが本格的になる。左へ行って、折り返して右へというつづれ折の登り坂となる。十二曲がりと呼ばれる所だ。土の見える坂や、木の階段だったり、木道だったりという坂を登っていく。周りの木々は緑が多いが、尾瀬ではあまり見ない、5箇所がとがった葉っぱのいわゆるモミジの葉が色づき始めていた。十二曲がりを登り終えて、ゆるやかな木道になると、左側の視界が開けた三平見晴に到着である。天気が良ければ武尊山方面や遠く富士山も見えるのだが、雲が多くてすぐ近くの山しか見えなかった。ここからは緩やかな登りとなる。最近になって木道が整備されたので歩きやすい。林の中を歩いていくと、案内地図のある三平峠(1762m)に到着する。ここから尾瀬沼へは下りとなる。下りの道も木道が続いていて、下り終えると尾瀬沼の東南のあたりに出る。三平下である。尾瀬沼をはさんで北西の方向にどっしりとした燧ヶ岳がそびえている。

秋の尾瀬沼・大清水平 前編:イメージ4

三平下には、ナナカマドの小さな木がいくつもあって、実が赤く熟している。葉はまだ緑だが、もうすぐ赤く染まり始めるのだろう。三平下には山小屋の尾瀬沼山荘があり、小屋の建物の向かいに売店と食堂がある。食堂近くの広場にはベンチがいくつもあって皆が休憩している。食堂に入ってすぐ左側に尾瀬ヶ原・尾瀬沼周辺の立体地図がある。水平方向の距離に対して、垂直の高さ方向が2倍になっていて、山や谷の様子が分かりやすい。いままでたどってきた道や、、これから通るコースを見ておくと良いだろう。

後編『クサモミジと紅葉の静かな湿原を歩く』に続く。

写真は上から、燧ヶ岳と尾瀬沼、大清水平、一之瀬付近の渓流、一之瀬から少し登った所の滝、三平下のナナカマドの実

秋の尾瀬ヶ原 前編

Sep.21, 2002 リンドウ咲きクサモミジに彩られる湿原

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ1

秋の花々が終わりに近付く、9月中旬から下旬の頃、尾瀬ヶ原の湿原はクサモミジが見頃となる。クサモミジを見ても山歩きを始めたばかりの方は、湿原の草が枯れているだけじゃないかと思ったりするようだが、木々の紅葉とおもむきが異なるクサモミジの微妙な色合いは美しい。そのクサモミジの中にエゾリンドウがつつましく紫の色を添える。湿原の奥にはヤマドリゼンマイが緑から鮮やかな色を付け、小さなナナカマドの木が赤く染まり始める。この湿原の印象は、文章で読むより、見て頂かないと分かってもらえないかも知れない。私はこの時期の連休に数年前から照準を合わせて計画を練っていて、ようやく今年、クサモミジ真っ盛りの尾瀬ヶ原を訪れる機会を持つことが出来た。

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ2

尾瀬はやはり一般的には水芭蕉(ミズバショウ)やニッコウキスゲなどの花のイメージが強く、これらの花の見頃時期に入山者が集中する。秋はそういった時期から比べると入山者が減るので、6月から7月に毎日運行される夜行バスも、9月は金曜から日曜のみの運行である。そんなこともあってか秋は土日に入山者が集中するので、やはり夏の時期の土日に近い混雑ぶりが見られる。

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ3

尾瀬ヶ原へは今回も一般的な入山口の鳩待峠から入る。ブナやミズナラの木はまだ緑を保っている。左に至仏山の姿を見ながら、下っていく。階段や木道が多いので歩きやすい道だ。下りがずっと続き、山の鼻までの半分を歩いたあたりで平らになってくるとミヤマトリカブトの紫色の花があった。このあたりは春先に真っ先にミズバショウが咲くところだと思われる。更にほぼ平らの道を進むと川上川の橋を渡る。左側のマユミの木がピンク色の実を付け、実の中には、はじけて中のオレンジ色のところを見せているのもある。間もなく山の鼻で、山小屋が3軒と尾瀬山の鼻ビジターセンターがある。ビジターセンターの前には、自然観察員が見つけてきた様々な情報がある。木道や登山道の状態も有れば、どこで紅葉が始まっているかや、どんな花が咲いているかというような情報である。その中の地図情報で山の鼻研究見本園に珍しいリンドウの白い花が見られるとあったので、場所を覚えて見に行くことにした。

秋の尾瀬ヶ原 前編:イメージ4

山の鼻研究見本園へは至仏山荘前からの広場から左へ行く。小川の橋を通り木々の間を抜けると視界が広がり、見本園の湿原が広がり、湿原はクサモミジの色に染まり、所々に紫色のエゾリンドウが咲いている。西側のすぐそばから至仏山の裾野が始まっている。山の鼻研究見本園には一周する木道があり、ゆっくり回っても20分ほどである。途中でショートカットする道も有るので、時間がたりなそうだったら、ショートカットの道を通っても良いだろう。これら散策に便利な木道だが、本来は人が歩きやすいように作られた物ではなく、湿原と湿原の植物たちを保護する目的であることを忘れてはならない。秋の湿原は枯れ草しかないと思っている人もいるようだが、そんなことはない。来年また花を咲かせる為にエネルギーを蓄えている植物たちが土の中に身を隠しているのだ。人がそうした湿原に足を踏み入れると、柔らかい湿原には深い凹みがぽっかりと開き、小さな植物の芽は押しつぶされてしまうのだ。白いリンドウは、一周する木道を4分の3 ほど歩き、ショートカットして来た道と合流してすぐの所にあった。1株だけ白い花で、ホロムイリンドウという種類らしい。再び山の鼻の広場へ戻り、尾瀬ロッジの前を通って東方向の尾瀬ヶ原へ向かう。

(後編『青空に映える至仏山を見ながら湿原と紅葉し始めた林を歩く』に続く)

写真は上から、クサモミジの上田代と燧ヶ岳、マユミの実、ミヤマトリカブト、白いリンドウ、エゾリンドウ

秋の尾瀬ヶ原 後編

Sep.21, 2002 青空に映える至仏山を見ながら湿原と紅葉し始めた林を歩く

秋の尾瀬ヶ原 後編:イメージ1

『リンドウ咲きクサモミジに彩られる湿原』に続いて、秋の尾瀬ヶ原を歩くルートを紹介する。山の鼻から東へ進んで最初のあたりの湿原は、東に川上川の拠水林があるので視界をさえぎられている。木道の両側にクサモミジが広がり、エゾリンドウがあちこちに咲いている。林の中では小梨の赤い実や、植物の名前は分からないが赤い実があって秋を感じる。林を抜けると視界が広がり、目指す東の方向に燧ヶ岳が見える。木道の両側にいくつも池塘がある。池塘に浮かぶヒツジグサの葉はまだ紅葉を始めないようだ。上田代から中田代に掛けては、池塘のそばにレンゲツツジやナナカマドの低い木があって、葉っぱが赤く紅葉を始めている。ナナカマドの葉はまだ緑のままの葉も多いが、オレンジや赤に染まり始め、ナナカマドの実はいち早く赤くなっている。牛首三叉路では直進する道と、左斜めへ向かう道があるが、直進を選ぶ。初夏に至仏山を背景にミズバショウが群落を作る下の大堀川の水辺ではコナシが赤い実をいっぱいに付けている。来た道を振り返るとクサモミジの湿原が続く向こうにゆったりと裾野を広げた至仏山が見える。

秋の尾瀬ヶ原 後編:イメージ2

竜宮小屋の近くの竜宮十字路からは北へと向かう。竜宮十字路から北へ行ったあたりは7月上旬にワタスゲの白い穂が多い所だが、ヤマドリゼンマイが多い所でもある。シダ科のゼンマイの仲間であるヤマドリゼンマイは夏は緑の葉を上へ上へと延ばすが、9月には緑の葉が次第に黄色からオレンジ色へと変わっていく。湿原の他の植物より早く秋のよそおいをはじめている。レンゲツツジの低木が赤くなり、その向こうに至仏山が見える景色はこの道を通らないと見ることが出来ない。

秋の尾瀬ヶ原 後編:イメージ3

左の西方向に至仏山、右の林の向こうに燧ヶ岳を見ながら行くと、左からの牛首三叉路からの近道と合流する。すぐヨッピ川に架かるヨッピ橋を渡る。左にひさびさにミヤマトリカブトの紫色の花を目にする。ここからはヨッピ川にそってのヨシッポリ田代を東へ歩く。エゾリンドウの花があちこちにあって、それと混じるようにニッコウキスゲが実を結んでいる。実は茶色で目立たないが、ユリ科に共通する感じのつぼみと実が同じような形をしている。エゾリンドウの花とニッコウキスゲが実が同じ場所にあることから、7月はここでニッコウキスゲが咲き、9月にはエゾリンドウが咲いていることが分かる。6月にはたしかここには小さなタテヤマリンドウが咲いていたと思う。ヨシッポリ田代を歩いていくと、前方の少し高くなった所に東電小屋がある。東電小屋を過ぎると林の中を行く。木々の紅葉が少しずつ始まっている。林を抜けると小さな湿原で、エゾリンドウ・ミヤマトリカブトなどがかたまって咲いている。ヨッピ川の橋を渡って、少し登りの道となり、赤田代の三叉路に出る。左の北方向へ行けば赤田代の山小屋があり、その先は三条の滝がある。今回は時間がないので右の南方向を歩き、見晴を目指す。見晴には山小屋がいくつもあるので、そのどこかで休憩すると良いだろう。見晴から西に行けば鳩待峠に戻るし、日程に余裕が有れば東の段小屋坂を登って尾瀬沼へ抜けることが出来る。

秋の尾瀬ヶ原 後編:イメージ4

秋は咲く花が少ないものの、クサモミジの色は9月の頭から末にかけて、刻々と変わり、天気に恵まれると高く感じる澄んだ青空と広々した湿原と澄んだ空気を肌で感じるにはとても良い季節だ。湿原の中や近い場所の木々の紅葉は始まったばかりだが、徐々に景鶴山など周りの山の木々も紅葉を始め、10月の10日頃には紅葉の見頃を迎えるだろう。尾瀬には、5月から10月に掛けて毎月、いや毎週来ても良いな、と思いつつ帰途に着いた。

写真は上から、中田代のクサモミジと至仏山、コナシの実、赤くなったレンゲツツジ・手前はヤマドリゼンマイ、エゾリンドウとニッコウキスゲの実、紅葉を始めた木々

-DATA-

場所:
群馬県利根郡片品村
タイム:
鳩待峠-山の鼻:1時間、山の鼻-牛首三叉路:50分、牛首三叉路-竜宮十字路:40分、竜宮十字路-ヨッピ橋:30分、ヨッピ橋-東電小屋:20分、東電小屋-赤田代三叉路:25分、赤田代三叉路-見晴:25分
計4時間10分
交通:
鉄道・バス: 1.池袋・新宿などから出る夜行バスの鳩待峠行きで入る。
2.東京、上野、大宮などから上越・長野新幹線で高崎下車、上越線に乗り換え沼田下車、大清水行きのバスにて戸倉下車、マイクロバスもしくはタクシーで鳩待峠へ。
車の場合:
関越自動車道を沼田ICで降り、国道120号を北上、戸倉へ向かう。
駐車場:
並木駐車場:250台 尾瀬戸倉スキー駐車場:900台 両者とも有料。
自動販売機:
鳩待峠のみ、山小屋に売店有り。
宿泊:
至仏山荘(鳩待峠)、山の鼻に山小屋3軒、竜宮小屋、東電小屋、見晴に山小屋数軒(テント指定地:山の鼻、見晴)
トイレ:
鳩待峠、山の鼻、竜宮小屋横、東電小屋横に有り。(水場は各山小屋に有り)
携帯電話:
鳩待峠まで通話可能。(i-modeのみ)

ページのトップに戻る