トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 白山 前編トレッキングレポート:トップページ池ノ平山 2555m »

白山観光新道

Aug.02, 2002 白山でも有数の花の群落

白山観光新道:イメージ1

白山の高山植物のうち、100種以上はその自生範囲の西限もしくは南限となっているという。その理由は白山が日本アルプスから西へ離れた孤立峰で、白山より西に2000mを超える高山が無い為だという。また明治の頃、植物学者が高山植物を研究した際、日本アルプスより登山コースが開けていた白山に登り、平地部の植物とは異なる植物に命名したとき、「ハクサン」の名を冠したしたので、ハクサンコザクラ・ハクサンシャクナゲなど「ハクサン」の名の付く高山植物は18種にもなる。

白山観光新道:イメージ2

観光新道は、白山の西の登り口である別当出合からの登山道であり、尾根ずたいの登山道だが、最初に尾根まで登る別当坂が急登であるので、登りは別当出合からのもう一つの登山道、砂防新道から登って、下りにこの観光新道を使う人が多い。白山への登りはトレッキングレポート「白山 前編」「白山後編」を参考にしていただきたい。白山頂上へ登り、白山奥宮に参拝したり、お花松原を訪ねたあと、室堂から別当出合へ下る。下りでの観光新道の入り口、黒ボコ岩へは、室堂センターの裏手から五葉坂を下りていく。岩が多い登山道を下りていき、左にエコーラインを分けると、なだらかな場所に出る。弥陀ヶ原である。ほぼ平らな草原状のところで、ハクサンフウロなどの高山植物が見られる。さらに下っていくと、三差路に出る。大きな岩がでんとあって、これが黒ボコ岩と呼ばれている岩である。

白山観光新道:イメージ3

黒ボコ岩の左が砂防新道での下り、黒ボコ岩の右が観光新道を経ての下りである。ここからが観光新道の始まりである。尾根伝いの道を下りていくと、左側の斜面に花が多くなってくる。特に多いのが紫色の鈴をいっぱいに並べたようなハクサンシャジンで、その他には黄色のオタカラコウ、ピンク色のハクサンフウロ。少し咲くには気が早いと思われる紫の上向きの花のミヤママツムシソウもある。花を見ながら下りていくと、馬の立髪と書かれた道標がある。室堂からここまでガスそして雨の中の歩きであったが、ここで雨が止んで視界が開けた。左側の下の方に、観光新道より南側に平行している砂防新道方面が見え、小さく甚之助避難小屋も見える。その向こうには別山がでんと構えている。観光新道が続いている先の方を見下ろすと、はるか下の林の中に道が見えて、小さな小屋が見える。あれが殿ヶ池避難小屋のようだ。馬の立髪を過ぎると、高山植物は少なくなり、樹林の中の下りとなり、殿ヶ池避難小屋が見えてくる。小さな池が2つほどある横を歩いて行く。さらに下りが続き、尾根の細くなっている所を歩いたり、岩の下をくぐり抜けたりと言った道となる。ところどころ軽く登りがあったりしながら進むと、三叉路があって、左が別当出合との道標がある。左へ下りて行くが、ここからの下りが急な道である。下りながら、ここを登るのはどうかなと思ってしまう。ごつごつした岩が並ぶ急な下りをいくつも下ると、別当出合の案内図の所へ出る。

白山観光新道:イメージ4

観光新道の馬ノ立髪付近は、高山植物の群落の広さや種類の多さでは白山一と思われる見事さであった。今回は天候に恵まれなかったので、また次回は遠景を楽しみながら歩いてみたいものだ。帰りに立ち寄るのに良い温泉は、帰りの別当出合からのバスを市ノ瀬や白峰で降りるとある。白峰には、日帰り温泉がある。この他にも宿泊できる温泉宿があるので、下山してからゆっくりと湯につかって、泊まって帰るのも良いだろう。

写真は上から、馬ノ立髪付近のお花畑、イワギキョウ、別山、ハクサンシャジン、殿ヶ池避難小屋

-DATA-

場所:
石川県石川郡白峰村
タイム:
計3時間
室堂(20分)黒ボコ岩(50分)殿ヶ池避難小屋(1時間50分)別当出合
交通:
鉄道・バス(夜行):
池袋、八王子(東京都)、関西、名古屋からの夜行バスで金沢駅へ
鉄道・バス(昼間):
1.関東からは上越新幹線で越後湯沢へ、特急はくたかに乗り換え金沢へ
2.関西からは特急サンダーバードにて金沢へ
3.中京圏からは東海道新幹線などで米原へ、急行加越に乗り換え金沢へ
※いずれも金沢からは白山登山バス別当出合行きで終点下車
車:
金沢から国道157号線を白峰村方面へ、白峰温泉の白峰自然保護官事務所の角を右折、市ノ瀬・別当出合方面へ、市ノ瀬の駐車場に車を止め、バスで別当出合へ
駐車場:
立市ノ瀬
売店:
別当出合(ジュース・菓子類)
宿泊:
白山室堂
トイレ:
別当出合、殿ヶ池避難小屋、白山室堂
水場:
白山室堂、別当出合
携帯電話:
使用不可の場所多い
公衆電話:
白山室堂
日帰り温泉:
白峰温泉共同浴場
入場無料
TEL:07619-8-2721
フィジック白峰
大人\1200
14:00-21:00(木曜休)
TEL:07619-8-2931

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る