トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 北大路、北山をたずねてトレッキングレポート:トップページ山手町(山手外人墓地~赤レンガ倉庫) »

蕪山(かぶらやま)

Jun.22, 2002 21世紀の森 - 株杉のある森から、蕪山頂上へ

蕪山(かぶらやま):イメージ1

名鉄の新岐阜駅を降りて、「板取門原」行きの岐阜バスに乗った。岐阜城が山のてっぺんにそびえ立つ金華山を右方向に見ながら、長良川を超え、バスは北へ北へと進んでいく。1時間くらいバスに揺られたころ、板取川の清流が眼下に見えてきた。釣りをしている人の姿もちらほらと見える。水は澄んで美しい。少し窪んで深くなっているところは、青緑色に見えている。目指すは、「21世紀の森」というバス停である。新岐阜より約1時間40分である。バスを降りて鋪装された道を10分ほど歩くと、駐車場があり、森林学習展示館というログハウスが、まっすぐに空に向かって伸びた杉の木に囲まれている。道端に咲く紫陽花も最盛期だった。

蕪山(かぶらやま):イメージ2

この蕪山(かぶらやま)のふもとには、株(かぶら)杉と呼ばれる杉の木がある。大きな一つの杉の幹に、さらにたくさんの細い杉が生えている。くねくねと枝分かれしたように見える大木は、とても奇妙な形に感じられた。「21世紀の森」という名前も、この奇異な杉の形から付けられたのかもしれない。樹齢 400年以上の古い杉は、「古い」というよりも、なぜか未来的な形に見える。森の精霊でも住んでいそうな、神秘的な佇まいも備えている。

蕪山(かぶらやま):イメージ3

いくつかの株杉を観賞しつつ山道を登っていくと、登山道は次第に細くなっていく。鬱蒼と茂る木々に囲まれているが、ときどき、木々の切れ間から視界が広がる。大きな空と遠く山々が見える。ゴツゴツした岩の道もあるが、だいたいは歩きやすい山道だ。「県木の森」「生産の森」という看板を通りすぎ、やがて「山頂まで980m」の案内板を目にする。ここからが少しハードだった。アップダウンが激しい。登山口から頂上までは、ゆっくり歩いて3時間くらいの行程だ。

蕪山(かぶらやま):イメージ4

標高1068メートルの蕪山山頂に辿りついたときは、かなり体力を消耗して、「やっとついた」という気持ちであった。しかし、頂上はここちよい風が吹き、腰を下ろして休憩しつつ、持参してきたおにぎりを食べたら、次第に元気が復活してきた。遠くに連なる山々が、何の曇りもない空にはっきりと見えた。

蕪山(かぶらやま):イメージ5

1 時間近くも休憩したあと、登ってきた同じ道を下る。下りはかなり楽だ。今回の山歩きは、女3人の道中である。懐かしの曲を口ずさんだり、おしゃべりをしながら、山道を下りていく。2週間前に三重県の御在所岳に登ったという、3人の中で一番体力のある友人は、「御在所岳の半分の労力で登れた」と蕪山の感想をもらす。私はといえば、登りの途中でかなりへこたれていたのだが・・・。

蕪山(かぶらやま):イメージ6

「21 世紀の森」のバス停にもどり、再び「板取門原」行きのバスに乗る。まだ時間があるので、バスで15分ほどのところにある「板取温泉」で下車し、温泉に入るためである。露天風呂もある。板取温泉は、同じく岐阜県の下呂温泉と並んで、かなり泉質がいいらしい。肌がすべすべになる。山歩きのあとの温泉ほど極楽なものはない。帰りのバスの中では、ここちよい眠りに落ち、あっという間に新岐阜に戻ってきた。

-DATA-

場所:
岐阜県武儀郡板取村
交通:
名古屋鉄道新岐阜駅より、岐阜バス「板取門原」行きで「21世紀の森」下車 バスは本数が限られているので、時刻表をチェックした上で計画を立てた方がいいです。
駐車場:
あり
トイレ:
登山口に近い駐車場にあり

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る