トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 2002年05月トレッキングレポート:トップページ2002年07月 »

蕪山(かぶらやま)

Jun.22, 2002 21世紀の森 - 株杉のある森から、蕪山頂上へ

蕪山(かぶらやま):イメージ1

名鉄の新岐阜駅を降りて、「板取門原」行きの岐阜バスに乗った。岐阜城が山のてっぺんにそびえ立つ金華山を右方向に見ながら、長良川を超え、バスは北へ北へと進んでいく。1時間くらいバスに揺られたころ、板取川の清流が眼下に見えてきた。釣りをしている人の姿もちらほらと見える。水は澄んで美しい。少し窪んで深くなっているところは、青緑色に見えている。目指すは、「21世紀の森」というバス停である。新岐阜より約1時間40分である。バスを降りて鋪装された道を10分ほど歩くと、駐車場があり、森林学習展示館というログハウスが、まっすぐに空に向かって伸びた杉の木に囲まれている。道端に咲く紫陽花も最盛期だった。

蕪山(かぶらやま):イメージ2

この蕪山(かぶらやま)のふもとには、株(かぶら)杉と呼ばれる杉の木がある。大きな一つの杉の幹に、さらにたくさんの細い杉が生えている。くねくねと枝分かれしたように見える大木は、とても奇妙な形に感じられた。「21世紀の森」という名前も、この奇異な杉の形から付けられたのかもしれない。樹齢 400年以上の古い杉は、「古い」というよりも、なぜか未来的な形に見える。森の精霊でも住んでいそうな、神秘的な佇まいも備えている。

蕪山(かぶらやま):イメージ3

いくつかの株杉を観賞しつつ山道を登っていくと、登山道は次第に細くなっていく。鬱蒼と茂る木々に囲まれているが、ときどき、木々の切れ間から視界が広がる。大きな空と遠く山々が見える。ゴツゴツした岩の道もあるが、だいたいは歩きやすい山道だ。「県木の森」「生産の森」という看板を通りすぎ、やがて「山頂まで980m」の案内板を目にする。ここからが少しハードだった。アップダウンが激しい。登山口から頂上までは、ゆっくり歩いて3時間くらいの行程だ。

蕪山(かぶらやま):イメージ4

標高1068メートルの蕪山山頂に辿りついたときは、かなり体力を消耗して、「やっとついた」という気持ちであった。しかし、頂上はここちよい風が吹き、腰を下ろして休憩しつつ、持参してきたおにぎりを食べたら、次第に元気が復活してきた。遠くに連なる山々が、何の曇りもない空にはっきりと見えた。

蕪山(かぶらやま):イメージ5

1 時間近くも休憩したあと、登ってきた同じ道を下る。下りはかなり楽だ。今回の山歩きは、女3人の道中である。懐かしの曲を口ずさんだり、おしゃべりをしながら、山道を下りていく。2週間前に三重県の御在所岳に登ったという、3人の中で一番体力のある友人は、「御在所岳の半分の労力で登れた」と蕪山の感想をもらす。私はといえば、登りの途中でかなりへこたれていたのだが・・・。

蕪山(かぶらやま):イメージ6

「21 世紀の森」のバス停にもどり、再び「板取門原」行きのバスに乗る。まだ時間があるので、バスで15分ほどのところにある「板取温泉」で下車し、温泉に入るためである。露天風呂もある。板取温泉は、同じく岐阜県の下呂温泉と並んで、かなり泉質がいいらしい。肌がすべすべになる。山歩きのあとの温泉ほど極楽なものはない。帰りのバスの中では、ここちよい眠りに落ち、あっという間に新岐阜に戻ってきた。

-DATA-

場所:
岐阜県武儀郡板取村
交通:
名古屋鉄道新岐阜駅より、岐阜バス「板取門原」行きで「21世紀の森」下車 バスは本数が限られているので、時刻表をチェックした上で計画を立てた方がいいです。
駐車場:
あり
トイレ:
登山口に近い駐車場にあり

北大路、北山をたずねて

Jun.13, 2002 京都、新名所散策

京都の中でも大学が多く集まるのが北大路、北山周辺だ。北大路バスターミナルは朝早くからバスを待つ学生の行列。通学するには少し不便なようだが、京都の大学というだけで憧れてやってくる人も多い。学生さんをもっと呼び込んで京都の街も活性化されると嬉しいですね。だが、京都と言えば、東山、嵐山などの有名スポットはよく知られていて当たり前。観光客の心をグッとつかんでいます。しかし、近年は俗化しすぎていて風情がなくなってきたとの声もあります。だから、人ごみで疲れた人は、ちょっと違った所に足を運んでみるのもいいんじゃない?と思いまして、ここ北大路、北山周辺にスポットを当ててみました。

北大路、北山をたずねて:イメージ1

京都駅からバスで40分ほど北へ進むと、北大路通りに面している大徳寺に到着です。大徳寺は鎌倉時代末期に創建され、南禅寺と並んで「五山の上」と仰がれていたこともあった。豊臣秀吉が織田信長の葬儀をここで行ったことも有名。北大路通りからの参道はほぼ100m。道の両端には立派な大木が植えられているので、歩いていても気分がいい。時折、ベンツなどの高級車が通り、京都のお寺の格式高いことが感じられた。参道の突き当たりにくるとオレンジ色の建物が目に飛び込んでくる。これが「金毛閣」だ。千利休が創建し、ここに自身の像を安置したとして秀吉の怒りをかい、切腹を命じられたとか。派手好きの秀吉が、他人が目立つことを嫌ってしたことだったのであろう。大徳寺境内には21院の塔頭寺があるが、通常公開しているのは、瑞峰院、竜源院、高桐院、大仙院の4院だけだ。ただ、現在ならNHKの大河ドラマ「利家とまつ」で有名になった「芳春院」が見学できる。(一般、600円)芳春院は前田利家の妻松子が建立。前田家の菩提寺とされている。中は禅寺の暗い印象はなく、庭と池が温かい気持ちにさせてくれました。まつの人柄のおかげでしょうか。この芳春院へは朝早くから観光客を案内しているタクシーの運転手さんを多くみかけました。テレビの影響ってすごいですねえ。私もその一人ですが。そして、大徳寺を訪れたら精進料理を味わいたいですよね。境内の大慈院にある老舗の「泉仙」は鉄鉢料理で有名。その他、大徳寺通りの「大徳寺一休」など昔ながらの町屋風建物のお店も多い。

北大路、北山をたずねて:イメージ2

大徳寺から北大路通り沿いに東に歩くこと20~30分。京都府立植物園は鴨川の橋を渡るとすぐの所にあります。園内の入り口に到達するまでに通るのが「くすのき並木」。樹齢80年のクスノキが200mにわたって続く。なんだか森に森林浴に来た気分になれますよ。そして入り口をくぐるとそこは一面のお花畑。この正門花壇は1年草を中心とした四季の草花を観賞できる。色とりどりの花の背景に北山の山々が目に映りこんでくるから景色は抜群。思わず写真を何枚も撮っちゃいました。そしてこの花壇の左横に位置するのが、国内最大級の観覧温室。(入観料、一般200円)内部は世界の熱帯植物の生態系に分類され、世界最大の花のラフレシアや魅惑のマングローブ林などが楽しめる。そして園内はまだまだこれから始まります。季節にもよるが桜、梅、菖蒲などの園芸植物が出迎えてくれます。各花ごとにゾーンで区切られているから見学しやすいですよ。私が行った時はちょうど梅雨の時期だったので、アジサイ園がみごろでした。ピンク、白、ブルー、紫と色も豊富でよく見ると花の種類もどことなく違いました。自分の背丈ほどあるアジサイがすこしダイナミックな植物に思えました。また、大広場があるのでお昼のお弁当を持ってゆっくりとくつろぐのもいいですよ。大広場の奥には菊やさまざまな鉢植えの展示もされているのでアマチュアカメラマンの方々の姿も多く見うけられた。ほか、写生をしているご婦人や学生さんもいらっしゃいましたねえ。私も小学校の時、写生大会にきました。その時は、あまり楽しいとは思いませんでしたが。絵心がある方は十分に楽しめるも思いますよ。また、植物園会館もあり、研修室や展示室で音と映像で植物について学習することもできます。園内はかなり広いので一日時間をかけてもいいくらいです。子供からお年寄りまで幅広く楽しんでもらえると思います。ちなみに、60歳以上の方は身分証明書持参で入園料無料です。(一般、200円)

北大路、北山をたずねて:イメージ3

植物園は有名ですが、植物園の西隣の鴨川東岸、河川敷の「なからぎの道」はあまり知られていないかもしれません。ここは北大路橋から北山大橋までの800m ほどの道が桜のトンネルになっているのです。春にはシダレザクラが開花し、桜の新名所となっています。鴨川の風情と桜のトンネルが情緒をかもし出し、京都でもめずらしい風景を楽しめると思います。また、鴨川を眺めながら初夏の新緑を味わうのもいいかもしれませんね。

北大路、北山をたずねて:イメージ4

この鴨川の流れる下鴨から上賀茂にかけての広い地域は弥生時代後期の集落跡が多く確認され、植物園北跡と命名されている。ですから、洛北上賀茂周辺は京都盆地の中でも早くから人々の住む地域だったと言われている。そして、その歴史は上賀茂神社と共に歩んできたのです。上賀茂神社は京都一古い神社といわれ、北野天満宮、八坂神社に並んで年始の初詣の人々で賑わう。その上賀茂神社とは北山大橋から北へ徒歩10分。大きな朱鳥居をくぐると広々とした芝生が目に入る。この芝生は神社の方が丹精に整えられているのでむやみに入って寝転んだりはしてはいけない。すがすかしい気分で歩きながらニノ鳥居を抜けると、立砂(たてすな)が正面にあります。これは方除けの信仰を集める上賀茂神社特有のもので、お清めの砂の起源となりました。鬼門や不浄の地に斎砂をまき清めるのは、この立砂からはじまったと言われている。また、本殿手前には御手洗川(みたらしかわ)が生い茂る樹木の中を流れ、神域ムードを盛り上げている。幼いお子さんが水遊びをしても危なくない、流れのゆるやかな小川です。そしてこの川は、神社外の社家(しゃけ)町へそそがれていきます。社家町とは土橋や土塀、昔ながらの母屋が立ち並ぶ、町並み風景のこと。代表的なものが錦部家旧宅、西村家別宅で、こちらは一般公開されている。その町並みの中に漬物のなり田、すぐきや六兵衛など老舗店が構えている。実は私が学生の頃、なり田さんで少しアルバイトをしていました。店には有名芸能人の方も来られたらしいです。漬物を詰めたり、重さを量ったりと、地味な仕事でしたが味見する漬物はどれも美味しかったのを覚えています。また、神社の西にあるやきもちの神馬堂も有名。1個 100円のアツアツのやきもちは 是非ご賞味いただきたい。神社前には京都産業大学へ行くスクールバス停があり、授業時間前には学生さんの列が並ぶ。さすがは大学の街、京都という感じです。

今回は行けませんでしたが、上賀茂神社から社家町を抜けると大田神社があり、さらに行くと深泥池があります。この辺りは住宅街なのでとても静かなところです。バスなどの交通機関はあまりないので歩くのが良いでしょう。深泥池から少し南へ下がると北山通リへ出られ、オシャレなお店が多いので買い物なんかも楽しめます。北山からなら京都駅行きの地下鉄が走っているので20分ほどで都会の景色にもどれるということです。この北山から入るルートもありますが、ついつい買い物で終わってしまいそうでしたので、あえて今回は北大路通りから散策してみました。

-DATA-

場所:
京都府京都市北区
交通:
京都駅から市バス205、206番で大徳寺前下車(乗車時間30~40分)
駐車場:
京都府立植物園あり、1回800円
トイレ:
各所にあり。

阿武隈川源流と滝探訪

Jun.08, 2002

阿武隈川源流と滝探訪:イメージ1

福島県を南北に縦断する阿武隈川。松尾芭蕉も奥の細道で旅をしたその流程は、那須連峰の麓から宮城県亘地区に至り太平洋に流れ込む。総延長は、約 300kmにも及ぶ大河川である。しかし、源流となる本沢は急斜面の岩場が連続している為、沢登りの熟練者でも単独行は避けている程の難所だ。そんな場所に、我々探検隊7名は2日間の予定で挑んだ。聞くところによると、那須連峰最高峰の三本槍岳の稜線辺りに最初の流れ出しがあるという。

阿武隈川源流と滝探訪:イメージ2

福島県西郷村にある、日本の秘湯として名高い元湯甲子温泉の大黒屋旅館駐車場に、探検隊のメンバー7人と私達をサポートしてくれる西郷村山岳会員7 人が集合した。午前6時。阿武隈川の支流域で一番長い流程を誇る本沢に向けて出発した。今回の目的はTVドキュメント番組の撮影だった。メンバーの中には、20歳代の女子アナが同行していた。男性でもキツイのに、女性ではとても無理だと言う意見もあったが、私と一緒にカヌーの旅もしている娘なので大丈夫だと確信していた。最初の内は踏み跡がついていたが、徐々にそれも無くなり渓流を高巻きしながらの遡行となった。時には、両手で岩の窪みに掴まりトラバースも強いられたが、山岳会のサポートのお陰でどうにかクリア。約2時間ほど費やして、最初の目的地である雌滝(約30m)にようやく出合った。この辺りまで来ると、人工物の堰堤も全く無いので渓水は極めてクリアブルーだった。雌滝の左側の急斜面には、サポート用の鎖場(チェーン)が取り付けられていた。殆ど直登に近い急斜面が、約7m程続いていた。ようやく登りつめたら、更なる急斜面の尾根が立ちはだかっていた。潅木が生い茂るその斜面は、見上げると 50mぐらい続いているようだったが、両手両足を踏ん張りながらどうにかクリアすると間もなく、勇壮な雄滝(約50m)が見えてきた。帰りの登りを考えるとウンザリするが、滝下まで再び下降した。雌滝は太い滝口だったが、雄滝は一本に束ねた水が垂直に落下していた。両岸の岩場にはピンクの石楠花が咲き、滝壷の水はまさにエメラルドブルー。この滝壷の幅は10mぐらいある。地元山岳会員の話では、深さは5m前後あるらしい。暫し熱さも忘れて休息した後、再び出発。我々の目的地は、更に更に上流にあったのだ。

阿武隈川源流と滝探訪:イメージ3 阿武隈川源流と滝探訪:イメージ4

雄滝までは登坂ルートが有るので何とか来られたが、これからが大変な苦労を強いられた。雄滝の高さは50mでも、その尾根を越えるには100m以上もの高巻きをしなければならなかった。私は自分のザックだけだったが、TVクルーは高価なカメラと音声機器を背負子に縛り付けて移動していたのだ。女子アナは、黙々と男性陣に遅れまいと奮闘していた。既に道らしき物も無く、山岳サポートの後ろに着いていくしかなかったが、危険な箇所ではザイルを張って命を確保して頂いた。雄滝から歩いて1時間半ほど過ぎた辺りで、天狗滝(約50m)にようやく辿り着いた。この滝は、二段の滑滝になっていたが優雅な滝だった。ほっとしたのもつかの間で、最終の滝を求めて再び遡行を開始した。40分ほど渓流サイドをへずりながら進むと、豪快な赤滝が見えてきた。赤滝と言っても赤い訳ではなく、花崗岩が中央に突き出して滝が二段になって流れ降る独特の滝だった。多分、朝日が岩にあたると赤く見えるのかも知れない。私たちの目的は、滝巡りだけではない。阿武隈川の源流となる湧き出しを見つけることに有る。しかし、既に6時間以上歩き通している為これ以上進むには危険が有ると判断。今度は、那須連峰尾根から下降するルートを見つけて再挑戦する事にした。滝巡り最高の楽しみは、豪快な滝を見ながらの宴会だった。山岳会員の隊長自らが打ってくれた手打ちソバ。もちろん自家製の蕎麦粉100%。ウド、タラの芽、ウルイ等の天ぷら。源流の冷水で戴く冷やしそうめんの味は、格別の味だった。大黒屋に戻った時間は、既に暗闇が迫っていた午後7時。旅の疲れは、由緒ある岩風呂温泉で疲れを癒した。

阿武隈川源流と滝探訪:イメージ5 阿武隈川源流と滝探訪:イメージ6 阿武隈川源流と滝探訪:イメージ7

阿武隈川源流と滝探訪:イメージ8

再挑戦の朝、私達7名と地元山岳会員6名のサポートは、栃木県那須岳ロープウエイ近くの駐車場に集合。午前6時。峰の茶屋に向けて出発。この辺りは登山道も整備されており、日曜日と有って多くの登山者がいた。しかし、ハイキング気分も此処までで、下界は晴れているものの低気圧が通過中だった。頂上が近づくにしたがい強風が吹き荒れてきた。ようやく頂上の非難小屋に辿り着いたが、他の登山者で満員だった。ここから朝日岳に至る尾根ルートは、最も危険な状態だった。私は、女子アナのベルトを掴みながら身を斜めにして進んだ。僅か30mの尾根ルートなのに、2度立ち往生。岩に掴まりながら、一瞬風が緩むのを待つ。体重75キロの我が身が浮く時があるので、風速は25m以上有ったに違いない。途中休憩を取りながら、清水平から那須連峰最高峰の三本槍岳(1917m)に向けて進んだ。阿武隈川の本流と思われる流れは、三本槍岳と朝日岳に挟まれた中腹に有ると思われたので、この稜線から下降する事になった。ところが、行く手を阻んだのが2mもある熊笹(根曲がり竹)の群生だった。それに加えて、急斜面には潅木が横たわっていた。悪戦苦闘の末に、ようやく300m程斜面を降りた。其処には、真新しい熊の糞がいたるところに落ちていた。この場所は、言わずと知れた熊の生息地で有名な場所。尾根には、熊見曽根と言う名前さえあるのだ。

阿武隈川源流と滝探訪:イメージ9 阿武隈川源流と滝探訪:イメージ10

先陣を切って、ルートを作っているのが山岳隊だった。トレッキングブーツを履いているのだが、根曲がり竹が滑り台のようになっている。あちこちで、ウオォ~!イテテ!熊も驚くような悲鳴の連続だった。藪漕ぎから1時間40分。山岳隊員が、笹の葉が生い茂る岩の洞穴で滴の音を確認した。皆で周囲を捜索したら、有ったぞぉ~!見つけたぞぉ~と大声が木霊した。急いでその方向に近づくと、小さなせせらぎが笹の間から流れ出していた。やっと見つけた湧き出しは、高度計を確認すると1450mを指していた。こんなに高いところに源泉があるなんて誰も考えがつかなかった。この地点から約300m下にはブナの原生林が広がっていたからだ。苦労に苦労を重ねた末に、とうとう阿武隈川の原点を見つけたのだ。でも、此処で終った訳では無いのだ。急斜面の帰路の藪漕ぎにはたっぷり2時間掛かり、ギブアップ寸前だった。

-DATA-

場所:
福島県西白河郡西郷村 阿武隈川源流
交通:
東北道白河ICからR289を経由して甲子温泉へ
駐車場:
甲子温泉手前にあり
トイレ:
登山口にあり
コース:
那須岳山麓-峰ノ茶屋-朝日岳-熊見曽根-清水平-三本槍岳-三本槍岳山麓 赤面山分岐-北温泉入口(約11時間)

ページのトップに戻る