トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 浜離宮恩賜庭園で極上の午後をトレッキングレポート:トップページフラワー・ストリート・マーケット »

代々木公園でカラフルな秋

Nov.24, 2001 自然の中を気軽に楽しもう

代々木公園でカラフルな秋:イメージ1

山桜の木がたくさんある公園は、秋も葉が紅葉して、綺麗なはず。そう思いつき、代々木公園へ「もみじ狩り」と洒落込んでみました。代々木公園は54万 7100平方メートルの広大な敷地で、見渡す限りの芝生と7万本あまりの木々とに囲まれている公園です。山桜の黄褐色の落ち葉はとても美しく、すでに一面を埋め尽くしていて、きらきらと照り輝いていました。その落ち葉の中をわざと歩いてみると、かさかさと乾いた音がして面白いです。土の香りも漂ってきて、すがすがしい秋晴れにはいい気分。落ち葉の上でお弁当を広げる人も大勢いました。ピクニックにはぴったりの場所です。子供たちは、そこらじゅうに転がって、体中を枯れ葉だらけにし、みの虫のようになって遊んでいました。都心といえどもこうした自然の中で遊べる公園はあるのですね。

代々木公園でカラフルな秋:イメージ2

もみじとは、樹木一般が紅葉した状態のことを指します。けれどその名がつけられたことからもお分かりのように、もみじと聞くと赤く色づいたイロハモミジを真っ先に思い起こします。代々木公園のイロハモミジは、赤くなり始めたばかりでした。残念、と思いつつもよく観察すれば、緑色の葉の赤くなる過程が分かり感慨深かったです。残暑の厳しい日が続いた後に、急に寒くなる温度差が綺麗に色づくポイントだそうです。緑の葉が、燃えるような真っ赤に色づいていき、やがてハラハラと散っていくのはよく考えると不思議です。わたしは、数枚、落ちていたモミジを拾いました。これは、押し花のように厚紙に貼り付けて、栞にしようと思います。

代々木公園でカラフルな秋:イメージ3

葉が黄色に変わる銀杏も「もみじ」と呼びますが、「黄葉」の字を当てます。葉が黄色に変色するのは、葉緑素が分解していくからだそうです。黄褐色、赤ときて、銀杏の黄色は、目に鮮やか。黄色のジュータンと化した銀杏の木のまわりには、腰をかけている人が多かったです。ちょっと絵になるような光景でした。芝生のグリーンとイエローのコントラストも見事。芸術の秋、美術館に行くよりもこうした自然美のアートはいかがでしょうか。ちなみに、この作品は日々、変化します。

代々木公園でカラフルな秋:イメージ4

代々木公園には、いま都心で頭を悩ませているハシブトカラスのねぐらがあります。公園の噴水や林の中の大きな池に、カラスの群れを目撃しました。みんな水の中に入ってじゃぶじゃぶと水浴びをしています。寒いのに、なにをしていたんだろう、と思って後で調べてみたら、羽毛についた汚れや老廃物をとったり、寄生虫を除いたりするために水浴びをしていたことが分かりました。「烏の行水」という言葉がありますが、烏は意外と清潔好きなんですね。その他、園内にはバードサンクチュアリがあり、双眼鏡を手にした親子が熱心に保護柵ごしに観察をしていました。案内版によると、留鳥(一年中、同じ場所にいる鳥)はシジュウカラ、キジバト、カワライワ、ムクドリ、ヒヨドリだそうです。

代々木公園でカラフルな秋:イメージ5

代々木公園には北側にサイクリングセンターもあります。残念ながら大人は利用できませんが、幼児用サイクリング広場や、小学生の利用できるサイクリングロードは整備されていて、たくさんの子供が自転車を借りて乗っていました。この他にも園内では、芝生でトレーニングする人、ランニングをする運動系の人もたくさんいました。その他、バトミントンやフリスビー、楽器の演奏、芝居の稽古など、たくさんの人が思い思いに過ごしていて、欧米の公園のように人の集う公園なのだな、と思いました。

代々木公園でカラフルな秋:イメージ6

また、ここにはグリーンアドベンチャーゲームというクイズ形式のパネルが樹木の前に掲げられているので、植物の名前を楽しみながら覚えることができます。例をあげると、「この樹の名は? 特徴 厚く光沢のある葉が三枚ずつ輪生し、よく枝分かれする花は八重咲きが多く花期が長い 実は晩年枝先に直立状につく 枝から出る白い液は有害 用途 庭木 公園樹 街路樹・・・花が桃の花に似ていることから名づけられた 仲夏の季語・・」とあり、答えはパネルをめくるとわかる仕掛けになっています(なお、昭和記念公園や新宿御苑にもあります)。樹の名前を覚えながら散策するのも勉強になりますね。ちなみに、前出の植物の名前、わかりましたか。代々木公園の43番目の植物です。桃の花に似ていて毒のあるところがポイントかな。

代々木公園でカラフルな秋:イメージ7

公園全体が赤や黄色に染まる秋。桜で華やぐ季節もいいですが、カラフルな自然の色彩の中に身を置くのも静かで穏やかな気持ちになれます。ベンチなどに座って、本を読んだり、お茶を飲んだり、おしゃべりをするのにも適しています。休憩のできる場所もたくさんあるので便利です。秋の代々木公園もお勧めですよ。

-DATA-

場所:
東京都渋谷区代々木神園町2-1
開園時間:
5時~20時(10月16日~4月30日までは17時まで) 電話:03-3469-6081
交通:
原宿門へはJR原宿駅・営団地下鉄千代田線明治神宮前駅から徒歩5分 西門へは小田急線代々木八幡駅・営団地下鉄千代田線代々木公園駅から徒歩5分。
駐車場:
料金:普通車1時間まで400円以後30分毎に200円 駐車台数:普通車118台 営業時間:24時間営業 電話:03-3485-4090
トイレ:
園内に数ヶ所あり
食事処:
園内に売店3ヶ所あり 軽食あり

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る