トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 大洗サンビーチで磯歩きトレッキングレポート:トップページ照葉峡 »

大菩薩嶺

Oct.14, 2001 紅葉、雪道、富士山の見える日本百名山

大菩薩嶺:イメージ1

大菩薩峠は、山梨県北東部の塩山市にある峠路である。武州の多摩川筋から富士川上流の笛吹筋へと抜けるこの峠越えのルートは、江戸時代に青梅街道の難所の一つだった。当時の人々は、関東平野から2000m近い標高を旅して、甲府盆地を往来したわけで、その労苦は忍ばれるところだが、現在では、明治11年に柳沢峠を越える新道が開通し、行楽シーズンには、比較的便利に登山客を楽しめるようになった。

大菩薩嶺:イメージ2

大菩薩嶺は、そのように、人と自然が向き合った舞台であり、一度登ってみたい山の一つだった。名神、東名高速道路、国道411号線を乗り継ぐこと約 8時間、大菩薩峠登山口である裂石に到着したのは翌朝の7時過ぎだった。気温6度、登山マップを片手にスタート地点を確認する。裂石は標高720m、登山口付近の民家の集落である。そこから芦倉沢の流れに沿ってジグザグに延びる登山道を登っていくと、上日川峠へと達する。透き通るような青空、澄んだ空気は気温6度。もみじの落ち葉をカサカサ踏みしめながら登り始めると、ミズナラやブナの木々が黄金色に色付いていた。そんな山道を1時間ほどかけて標高 1400m地点まで向かった。

朝日が樹間より差し込みはじめ、ブナ林の中にもみじの紅色も添えられていった。1600m地点より、両脇にクマ笹の生い茂る急な坂道へと一変。登山口より2時間後、上日川峠の標識と共に、ロッジ長兵衛に到着。そこで20分ほど休憩を取った。小屋の中のストーブに当たりながら、林檎や葡萄製品の土産物を買い求めることができる。

大菩薩嶺:イメージ3

ロッジ長兵衛より再び笹の山道に入り、20度程の緩やかな勾配が続いた。ブナ林を10分ほど登った時、後方には、朝日を受けてくっきりと浮かび上がる富士山の雄姿。そこからアップダウンの坂道を20分ほど進んで、福ちゃん荘に到着。気温は2度に下がり、足下にはつららの混じりの黒土や凍結した水溜まりが現れはじめた。そこで登山靴にアイゼンを装着。

大菩薩嶺:イメージ4

福ちゃん荘からは、唐松尾根の道が分岐し、その先の富士見山荘からも富士見新道が分かれていた。いずれに進んでも大菩薩峠の稜線上に導いてくれるのだが、当日は積雪の度合いを推し測って、三介庵より大菩薩峠へと延びるルートを取ることにした。左右の視界は深い杉の木々で覆われ、足下も砂利道から次第に本格的な雪道へ。

福ちゃん荘を出発してから約1時間半、大菩薩峠介山荘に到着した。標高1897mと書かれた大菩薩峠の標識が立っていた。視界を360度遮るものがない大菩薩峠からは、3000m級の南アルプスの山々が一望できた。そして、大菩薩嶺へと続く稜線上に立ったとき、再び、雪化粧をした富士山の雄姿。ここは、多くの山道が合流する要所であり、文人中里介山の文学碑や、土産屋もある。訪れたのは10月下旬。最高地点の大菩薩嶺に続く稜線上には、ススキ野が銀色に光り輝き、遥かには、青空に浮かび上がるように富士山と南アルプスの山々が一列に並ぶ大パノラマ。岩がごろごろと点在する道を登ったり下りたりすること40 分、左手に雷岩と呼ばれる巨大な岩石に辿り着く。その地点は、当ルートでも絶好の撮影スポットであり、眼下にダム湖や草原、正面に富士山と南アルプス、右手に八ヶ岳連峰や五丈岳を一望できる。お弁当を広げるのもここがお勧め。


雷岩からは、賽の河原と呼ばれる瓦礫の下り道となる。目の前の山小屋を過ぎると、鬱蒼としたツガの原生林へと入る。木道を10分程歩くと、視界の途切れた樹間に、「2057m」と書かれた大菩薩嶺の三角点がポツリと立っている。

今回は、裂石から大菩薩峠を経由して、大菩薩嶺に向かうルートを取った。往復9時間近くは要し、中高年にとっては少々厳しいコースかもしれない。しかし、明るく開けた稜線歩きや、富士山や南アルプスの眺望など見応え十分である。足に自信がなかったり、日帰りを考えていて、ルートを短縮したい方は、マイカーか貸し切りバスで福ちゃん荘まで登ったら良いだろう。

-DATA-

場所:
山梨県塩山市
交通:
JR中央線塩山駅下車、塩山駅前から大菩薩峠登山口行きバスで約25分 車の場合は中央自動車道勝沼ICから国道20号線を利用し約40分
駐車場:
福ちゃん荘、ロッジ長兵衛、菩薩の湯
トイレ:
裂石登山口、介山荘、福ちゃん荘、ロッジ長兵衛

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る