トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 紅葉の西大台周遊トレッキングレポート:トップページ松島湾西部の海岸めぐり »

裏妙義 丁須岩~三方境

Oct.20, 2001 奇岩、奇形の日本三大奇勝の妙義山

裏妙義 丁須岩~三方境:イメージ1

群馬県と長野県の境にある妙義荒船佐久高原国定公園には日本三大奇勝の妙義山がある。安山岩質の集塊岩や溶岩が侵食によって形成された山々は、奇岩、怪石の不思議な場所で、赤城山、榛名山と共に上州三山の一つとして名を通している。妙義山には表妙義と裏妙義があり、表妙義には中之岳神社付近の石門めぐりや、関東ふれあいの道、稜線縦走コースなどがある。裏妙義のシンボルは、丁須岩にある丁須の頭で、見た目が漢字の丁の形をしているので丁須岩と呼ばれるようになったようです。裏妙義の丁須岩に登る登山ルートは国民宿舎裏妙義の駐車場を利用して、丁須岩、もしくは裏妙義を縦走して国民宿舎に戻る人が多いのですが、体力や岩登りの技術が無い人にはお勧めできません。

裏妙義 丁須岩~三方境:イメージ2

上信越自動車道 松井田妙義ICより国道18号線を軽井沢方面に進み、横川駅手前の信号を左折して道なりに進みます。途中、裏妙義の看板がありますので見落とさないように注意します。国民宿舎裏妙義の駐車場は、宿泊者専用の駐車場で登山の為に利用する場合、必ずフロントに許可をもらい駐車します。また登山届は国民宿舎脇の登山口に設置されておりますので必要事項を記入し、指定の場所に投函します。

裏妙義 丁須岩~三方境:イメージ3

国民宿舎より整備された杉林の登山道を歩いていく。水量が少なくなった沢を渡り、登山道が沢沿いの道に変化した場所が籠沢である。登山道には巨岩がいく手を拒み、岩と岩の間を通過しながら鎖場を越える。途中、トラロープも設置されていたが、なるべくなら頼らないほうが懸命である。沢沿いの岩に書かれた黄色いペンキと赤いテープを頼りに「木戸」と書かれた標識に到着する。この辺りよりガレた沢を登り、いくつかの鎖場を越えると尾根に続く急登の鎖場が見えてくる。

裏妙義 丁須岩~三方境:イメージ4

ルンゼ状の鎖場を登り尾根から丁須岩の北側を巻いて最後の難関の鎖場が待っている。水平にトラバースする鎖場は岩が濡れ、落葉も有り、慎重に足場を選んで通過できれば裏妙義のシンボルともいえる「丁須の頭」が現れる。丁須岩の肩から頭の鎖はオーバーハング気味の岩場に鎖が垂れ下がっている。最初の一歩目をジャンプする形で体を振り、しっかりホールドを確認しながら垂直に近い岩場を登る。丁須の頭は5人乗れば身動きが取れないほど狭く、一緒に登った4人組と記念撮影をして丁須の頭を下る。オーバーハングしている場所は右に体が振られやすいので注意しながら足場が平らな肩に降り立つ。

裏妙義 丁須岩~三方境:イメージ5

丁須岩からいくつかの鎖場を通過し、高さ20mほどあるチムニーの鎖場に到着する。ホールドの豊富な鎖場は、3点支持をしっかり守って行動すれば問題ない場所であろう。ただ、ザックが大きいと岩に擦れてバランスを崩しやすいので、大きめのザックを背負っている人は注意が必要である。さらに赤岩に続く縦走路も鎖場が多数出現し、ルートを探しながら鎖場を通過する。水平にトラバースする鎖場はもちろん、上に下にと忙しいほど移動し、烏帽子岩を通過するまで緊張が解けない。

裏妙義 丁須岩~三方境:イメージ6

烏帽子岩を通過した辺りから普通の尾根歩きとなり、三方境の標識まで軽快に歩く。途中、熊らしき泣き声を聞きき、登山道入口にあった熊注意の看板を思い出す。まさかと思っていたが、近くに熊がいるような気配で、急いで三方境から巡視道を下る。三方境から続く巡視道は手入れがされ、里山歩きの雰囲気が味わえる。途中、何ヶ所か沢を横断し、川の流れの音が近づいてくると、林道脇を流れる中木川にたどり着く。橋は無いので上手に石を渡り、対岸の土手を攀じ登れば登山届を出すポストが目の前に現れる。

裏妙義 丁須岩~三方境:イメージ7

裏妙義の丁須岩(丁須の頭)は、谷川岳と肩を並べるほど遭難事故が多い場所です。体力、技術、装備を確認し、登山口で登山届を提出してから出かけましょう。

-DATA-

場所:
群馬県碓氷郡松井田町
タイム:
国民宿舎~木戸(40分)木戸~丁須岩(80分)丁須岩~赤岩(30分)赤岩~三方境(65分)三方境~国民宿舎(90分)
交通:
上信越自動車道松井田妙義ICより国道18号線を経由して横川駅手前の信号より看板の指示通りに進む。 JR横川駅よりタクシーで約2,000円。
駐車場:
国民宿舎裏妙義 但し午後3時頃まで
トイレ:
国民宿舎裏妙義
電話:
027-395-2631
参考:
http://www.kokumin-shukusha.or.jp/annai/ken/gunma/210049.html

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る