トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 燕岳(追記)トレッキングレポート:トップページ本白根山トレッキング »

北燕岳・北燕平

Jul.22, 2001 コマクサ大群落の北燕岳とお花畑の北燕平

北燕岳・北燕平:イメージ1

北燕岳は燕岳との間にコマクサの大群落があることで知られる。北燕平は北燕岳の北側にある。燕岳から北燕岳は花崗岩(かこうがん)と砂礫が多く、コマクサが多いのに対し、北燕平はチングルマ・ハクサンフウロなどが多いお花畑となっている。表銀座の縦走路からはずれていることから、歩く人が少なく、静かな山歩きが出来る。

北燕岳・北燕平:イメージ2

北燕岳は、燕岳から北へ15分ほど下ってから登り返したところにある。燕岳までは中房温泉登山口から合戦尾根を登るコースが一般的で、中房温泉から燕岳は「燕岳2763m」「夏の燕岳」のレポートを参照していただきたい。中房温泉から登って、燕山荘もしくは燕山荘横のキャンプ指定地に泊まって、翌日に北燕岳・北燕平を歩くと良いと思う。燕山荘から燕岳は30分の登りである。燕岳のピークに立つとすぐ北に燕岳のミニチュア版のようなピークが見える。それが北燕岳で、燕岳と同様の花崗岩で成り立っているピークだ。燕岳の三角点の所から北へ下っていき、踏み跡をたどって北燕岳へ向かう。ピンク色に見える斜面が近付いてくると、コマクサ群落を守るために登山道がロープに囲われるようになる。登山道が三又に分岐する点が2箇所あるが左へ左へとたどっていくとコマクサが急斜面に大群落を作っているのを間近に見ることが出来る。

北燕岳・北燕平:イメージ3

写真で見てもらってもわかりにくいと思うが、本当に急な斜面で直径1cm以下の小石でなりたっている斜面にコマクサが花を咲かせている。冬には数メートルの積雪がある燕岳周辺だが、このコマクサの咲く急斜面だけは雪が積もることができないというほど、急な斜面なのだ。群落を作っているコマクサは20年ほどたった株だという。水分・栄養分が少なく、かつ急な斜面で他の高山植物が育つことの出来ないというのに、コマクサが 20年もここに根付いているというのは、驚異と言うしかない。このコマクサ群落はいつまでも守っていきたいと感じさせる。コマクサ群落に近い登山道は行き止まりとなるので、三叉路まで戻り、北燕岳へ向かって登っていく。間もなく、「この上が北燕岳のピーク」という道標があるので岩を登るとすぐピークだ。燕岳の頂上より広く、燕岳より立山・剱岳、白馬方面の眺めが良い。もちろん、西から南西方面には水晶岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳、双六岳、槍ヶ岳、穂高連峰の眺めが良い。

北燕岳・北燕平:イメージ4

眺めを楽しんだら、先程の道標まで下り、餓鬼岳方面の指示に従って北燕平へ向かう。歩いていくとここまでの砂礫の道でなく、咲いている高山植物も全く違う。ハクサンフウロの花や、チングルマの果穂が目立ち、少し下っていくとクルマユリ、そして今年は暑い日が早くやってことと、梅雨明けが早かったことでもう秋の花と呼べるミヤマトリカブトが咲いている。北燕岳から離れていくので下りの坂になり、しばらくすると登り返す道となる。北燕平とは名ばかりでアップダウンが多い。花を楽しんで歩き、その日の内に中房温泉へ戻るのなら、もと来た道を戻り燕山荘を経由して合戦尾根を下るか、北へ進んで東沢乗越から東へ中房川沿いに降りて中房温泉へ出る2つのルートがある。中房川沿いのルートは大雨の後は増水して危険だが、雨がしばらく無かったときは安全で静かな山歩きが出来る。また日程に余裕があるのなら、東沢乗越からさらに北へ登って、東沢岳、餓鬼岳を経て、白沢登山口へ降りることもできる。

北燕岳近くのコマクサ群落は大規模で美しいので、燕岳を訪れた際には是非足を伸ばして欲しい場所だ。そしてコマクサの可憐さ、生命力の強さを感じて欲しい。

写真は上から、燕岳から見た北燕岳、コマクサ群落、コマクサ花のアップ、北燕平のクルマユリ、北燕平のミヤマトリカブト。

-DATA-

場所:
長野県南安曇郡穂高町
タイム:
計2時間: 燕山荘(30分)-燕岳(10分)-コマクサ群生地(5分)-北燕岳(15分)-北燕平(15分)-北燕岳(5分)-コマクサ群生地(10分)-燕岳(30分)-燕山荘
鉄道:
夜行:
1.新宿から中央線の夜行急行「アルプス」にて早朝穂高下車、バス・タクシーで中房温泉登山口へ。
2.大阪、名古屋から夜行急行「ちくま」にて松本下車、急行「アルプス」に乗り換え穂高下車、バス・タクシーで中房温泉登山口へ。
昼間:
1.新宿から中央線の特急「あずさ」にて穂高下車、バス・タクシーで中房温泉登山口へ。
2.大阪、京都、神戸から新幹線で名古屋へ。名古屋から中央線の特急「しなの」にて穂高下車、バス・タクシーで中房温泉登山口へ。
車:
関東、中京、近畿方面からは中央高速を利用、岡谷ジャンクションから長野道に入り、長野道を豊科インターで降り、1時間15分で中房温泉登山口近くの駐車場着。
駐車場:
中房温泉登山口の手前、町営で無料、駐車は2日間まで。
売店:
燕山荘
自動販売機:
中房温泉登山口の売店
宿泊:
燕岳稜線 燕山荘(えんざんそう)
中房温泉登山口の手前徒歩10分 中房温泉有明荘
キャンプ指定地:
燕岳稜線 燕山荘の横
水場:
燕山荘に宿泊時は洗面所の水を利用、幕営時は燕山荘にて購入
トイレ:
燕山荘
携帯電話:
信州側(長野県側)の街が見渡せる所は通話可能。
公衆電話:
燕山荘

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る