トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 梅雨の季節は玉川上水トレッキングレポート:トップページ鎌倉 和賀江島 »

逗子・鎌倉 原始の森の保全と平和

Jul.07, 2001 久木大池公園~十二所果樹園

逗子・鎌倉 原始の森の保全と平:イメージ1

今年も、ニイニイゼミが鳴き始めた。平和を想う夏のはじめに、池子の米軍管理区域そばの森を歩くことにする。ハイランド循環のバスに乗り、ハイランド坂下で下車。左手に、久木大池公園の看板がある。吹き出す汗をぬぐって森の遊歩道を下ると、水面の輝きが目に飛び込んできた。上段と下段に分かれた久木大池は、かつて農業用のため池として使われていたところ。池を渡る風に揺られ、アヒルが泳ぐ。ハンゲショウの白い葉が揺れ、アカガエルが飛び出した。質の高い湿地環境の指標種となるカエルだ。

逗子・鎌倉 原始の森の保全と平:イメージ2

遊歩道を一周した対岸から、丸太を組んだ道が伸びている。スギの林を抜けると、尾根道につきあたった。このT字路を左へ。道に沿う送電線を管理する人が通るためか、道はよく踏みならされている。とはいえ、30センチほどのヘビが道を横断していくこともあり、足元には注意が必要だ。あちこちに、白いキノコが生えている。ドクツルタケは猛毒のキノコだが、目には涼やか。甘酸っぱい赤い実は、紙の原料、コウゾの実だ。小枝を振り回してクモの巣を払いながら歩けば、コジュケイの親子が慌ててヤブへと転がり込む。

逗子・鎌倉 原始の森の保全と平:イメージ3

道の右手に続く鉄条網には「WARNING」の看板。柵の向こうは、かつて東洋一の規模を誇った池子弾薬庫の跡地で、戦後、米海軍に接収された場所だ。50 年以上も保存されていたことから、皮肉にも、手付かずの豊かな自然が残っている。池子の森には、以前、発掘調査の折に入ったことがある。シダの茂る断崖からは水がしたたり、水蒸気の立ち込める緑の深さに圧倒されたのを覚えている。市民は池子の全面返還・跡地の自然公園化を目指し運動を起こしたが、88年から米軍住宅が建設され、96年から入居が始まった。

逗子・鎌倉 原始の森の保全と平:イメージ4

物騒な雰囲気に心細くなってきた頃、ようやく視界が開けた。鉄塔から北に伸びる小道を歩くと小高い丘があり、ベンチに座って富士山を望める。元の道を戻り、東へ進んでウメやクリの木が並ぶ十二所(じゅうにそ)果樹園へ。全体面積5haのうち3.8haを(財)鎌倉風致保存会が借り上げ、保全している。この会は37年ほど前、鶴岡八幡宮裏山の御谷(おやつ)山林の開発阻止を求めて組織された、日本のナショナル・トラスト運動の草分け的存在だ。96年からは下草刈りなど、市民の力を集め里山を守る取り組みを行っている。


逗子・鎌倉 原始の森の保全と平:イメージ5

これまで歩いてきたような人の手が入らず遷移が進んだ深い森と違い、草や木が適度に刈り払われた明るい里山の風景に、開放的な気分になる。三浦半島から横浜市金沢区の自然動物公園方面に連なる森の一部をこうして多くの人々の手で守り、様々な環境を保全することは、全体の生態系を豊かにすることにもつながるはずだ。すり鉢状の果樹園の中央に道を見つけ、青いイガを付けたクリの木を左右に見ながら下る。果樹園管理用の鉄柵があるが、今の時期(※)は門の鍵が開けられているため、扉を押し開けて通らせてもらう。

逗子・鎌倉 原始の森の保全と平:イメージ6

ゆるやかなカーブを繰り返しながら農道を下ると、ほとばしる水の音が聞こえてきた。国指定史跡・朝比奈切通しそばの小滝だ。水量は少ないが、高さは3メートル近くある。鎌倉の東側に設けられた朝比奈切通しは、六浦(横浜市金沢区)に通じる金沢街道の切通で、昔の姿を残す数少ない史跡の一つ。ここにきてようやく、人っ子ひとりいなかった山道にも人の往来が見られるようになる。太刀洗川のせせらぎに沿って下流へ進む。鎌倉五名水の一つ梶原太刀洗いの水に立ち寄ると、キセキレイがレモン色の腹を翻して飛んだ。

逗子・鎌倉 原始の森の保全と平:イメージ7

十二所バス停に到着。バスを待つ間、橋を渡り、たたらが谷といわれる奥の谷戸を覗いてみた。奔放に茂る草木が、行く手を阻む。鎌倉の原始の風景を彷彿とさせる谷戸には、ひとたび人間が利用していない土地と判断されれば、いつ開発されるかわからない脆さも漂う。池子の森は、軍事的理由により、皮肉にも質の高い自然が守られた。誰もが平和を願う21世紀、軍事的理由に頼らずに各地の原生的な自然を守るには、自治体が自然環境調査を行って生態的に質の高い土地を公有地化し、土地確保の目的税の導入に市民も進んで協力するといった、高い意識が改めて求められることになるだろう。

※十二所果樹園の道は、7月1日~8月20日・10月21日~5月10日以外は、管理のため閉鎖されている(問い合わせ:TEL 0467-23-6621)。閉鎖期間には、果樹園で左折せず道なりに進めば、熊野神社を経て朝比奈切通し最奥部に出ることができる。

-DATA-

場所:
神奈川県逗子市・鎌倉市
交通:
JR鎌倉駅よりバス(ハイランド循環)→ハイランド坂上下車、左手に久木大池公園の看板有り
コース:
久木大池公園(徒歩60分)→十二所果樹園(徒歩30分)→朝比奈切通し小滝(徒歩30分)→十二所神社バス停
駐車場:
無し
トイレ:
鎌倉駅出発以降、ルート上には無し
参考資料:
御所見直好著『誰も知らない鎌倉路』集英社、1983
浄明寺太郎著『かまくらなんでもガイド』金園社

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る