トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 独鈷山 1266mトレッキングレポート:トップページ北鎌倉 ハンノキ茂る豊かな湿地 »

四阿山 2332m

May.20, 2001 鳥居峠~山頂

四阿山 2332m:イメージ1

上信越国立公園で3番目に標高が高い四阿山。年間を通じて登山客が多い四阿山は、百名山としても人気があるかもしれない。長野県と群馬県を結ぶ鳥居峠は、山頂の祠に向かう参拝口として鳥居の名前が残っている。鳥居峠から山頂までは7.4km。菅平牧場または浦倉山を経由して登れば距離、時間も短く済むが、以前登った事があるので鳥居峠から山頂を目指して歩き出す。

四阿山 2332m:イメージ2

上信越自動車道、上田菅平ICより国道144号線を菅平に向かって車を走らせる。インターより20分ほど進むと二股に分かれる菅平口信号が見えてくるので長野原方面(草津)に車を進ませる。信号を越えてからカーブが続く峠道となり、渋沢温泉の看板が見えてきたら鳥居峠の登山道も近い。峠の頂上にはドライブインが管理する有料駐車場がある。朝早く来た場合、最初に山に登り、帰りにワイパーに挟まれた「駐車代500円」の紙を持ってドライブインで支払うようになる。

四阿山 2332m:イメージ3

ドライブイン横の林道からゲートを越えて黙々と歩き出す。平坦な林道は笹とカラマツに覆われた静かな道で林道終点までほとんど変わらない。歩き始めて40分。林道終点の分岐点にやってきた。「的岩コース」と「花童子の宮跡コース」。どちらを歩いても同じ登山道に合流するので登りは的岩経由で歩きだす。林道終点から左に進み沢沿いに歩ながら的岩がある尾根に向かう。林道終点から的岩コースと平行に進む作業道路があるので注意したい。

四阿山 2332m:イメージ4

的岩を通り尾根を少し進むとコメツガ原生林が現れる。木々が覆い被さり日差しが届かない。登山道も不明瞭で赤い目印を頼りに進む。途中、登山道を間違えながら花童子の宮跡コースと合流する東屋に到着。ここから頂上まで2Km。歩いた道を振り向けば、以前登った湯の丸山、烏帽子岳などが正面に見え、浅間山の噴煙までハッキリ見える。樹木が少なくなった尾根を軽快に歩きながら水場の「妻恋清水」を捜す。残雪に覆われた尾根から150mほど下った場所に存在するようだが、笹に覆われた「嬬恋清水」は何処にあるのか分からない。

四阿山 2332m:イメージ5 四阿山 2332m:イメージ6

根子岳から続く登山道と合流する付近から、木の階段が現われ山頂まで続く。公園のような登山道を歩き10分も登れば小さな祠が見えてくる。山頂には群馬県側の祠と長野県側の祠がある。祠と祠の中間地点が県境となり、群馬県側の祠の方が少し高い場所にある。どちらも冬の北風を防ぐ為に石が積まれ、自然の猛威に耐えているようだ。

四阿山 2332m:イメージ7

山頂で出会った年輩者と山の話をしながら下山をする。年輩者は「花童子の宮跡」を登ってきたので帰りは「的岩」経由で帰るとのこと。「それでは」と挨拶を交わして自分は「花童子の宮跡」に進む。「花童子の宮跡」には、これといって何も無いが東屋があるので休憩するにも具合が良い。尾根から沢に向かって下り、ミズナラの林を越えると「的岩コース」と合流する林道が現れる。

四阿山 2332m:イメージ8

山頂を目指すのなら早立ちを心がけたい。中学生の登山教室、中高年の団体が押し寄せる山なので、時間にゆとりを持って出掛けましょう。

-DATA-

名前:
四阿山
場所:
長野県小県郡真田町
交通:
上信越自動車道 上田菅平ICより国道144号線を経由して菅平口信号より長野原方面に進む。
駐車場:
500円(ピットイン)
トイレ:
無し
携帯電話:
良好
水場:
有り
コースタイム:
鳥居峠~林道終点(50分)
林道終点~合流地点(1時間40分)
合流地点から山頂(1時間)

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る