トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 北キプロス◇安ホリデートレッキングレポート:トップページ鎌倉 春爛漫の里山歩き »

三毳山(みかもやま)

Apr.01, 2001 万葉集にも詠まれたカタクリ咲く小さな山

三毳山(みかもやま):イメージ1

三毳山は万葉集に詠まれていることと、カタクリの群生地があることで知られる山である。この三毳山(みかもやま)は東北自動車道を東京から北へ向かい、栃木県に入って最初にほぼ正面に見えてくる山で、通ったことのある方は必ず見たことがあると思う。標高は229mと低い山だ。山の北側に、栃木県内でも1、2と言われるカタクリの大群落がある。この大群落は「万葉自然公園かたくりの里」として整備されている。カタクリがほぼ咲きそろったと聞いて、花を見る楽しみのある低山歩きに出かけることにした。

三毳山(みかもやま):イメージ2

朝早く家を出て、東北自動車道を北へ向かう。利根川を渡るあたりで西に、秩父の山と遠く雪を多く残す富士山が見える。栃木県に入って、左カーブのほぼ正面に目指す三毳山が見えてくる。三毳山が間近になると佐野藤岡インターが有り、ここで高速を降りる。三毳山の東側を回り込んで駐車場に着く。かたくりの里管理センターを左に見て、ほぼ南の方向へ、かたくりの里の道標に従って歩き出す。ここから10分ほどで、かたくりの里のカタクリ群生地があり、更に登ったところが三毳山の頂上である。道の両側に売店があるが、店開きはまだのようだ。右側にミズバショウが咲いているが、これは植えたもののようだ。山桜が少し咲き始めている。しばらくのゆるやかな登りで、右側にこぢんまりした野外音楽堂があり、三毳山の四季折々の花などの写真が展示してあった。この少し先でカタクリの群落が見えてきた。緩やかな歩道の両側斜面にびっしりとカタクリの花がある。埼玉・東京あたりで見るものより花が大きく、葉も大きい。ただ、昨日降った雨か、朝露に濡れているので、まだ花を開いていない。しばらくカタクリの花が続き、少し上に行くと、左側に緑の葉の植物がある。名札が立ててあり、それによるとニリンソウのようだ。白い花のつぼみが少しあった。

三毳山(みかもやま):イメージ3

カタクリ群生地が終わり、さらに登っていく。ここから35分程で頂上らしい。葉が少しずつ出てきた雑木林の中を登っていく。階段が作ってあったり、道に小石が敷かれていたりと整備された道だ。整備された道が終わり、少し急になった道をさらに登ると、ひとつピークを過ぎて、道は下りになる。道ばたのヤマツツジが赤いつぼみを付けている。登り返すと、まもなく三毳山の山頂「竜ヶ岳」に到着だ。狭い頂上であまり休むスペースはない。ここからは筑波山や秩父の山、富士山も見えると言うが、かすんで見えない。もっと早い時間や、空気が澄んでいれば見えるのだろう。その代わり、北に日光の山々、西に佐野市街と東北自動車道が見える。道はさらに南へ続き、尾根伝いに三毳神社まで行き、山の東山麓を回って、かたくりの里管理センターへ戻る道もある。今日は今来た道を戻ることにした。カタクリ群生地まで戻ると、カタクリの花がだいぶ開いていた。びっしり並んだ花が花びらを反り返して咲く姿は壮観である。ただ、陽も高くなったこの時間には、三毳山へ登る人、カタクリを見に来た人で、歩道はいっぱいだ。譲り合って道を進みたい。管理センター近くまで下りていくと、行きには開いていなかった売店が開いていて、地元の名産品や、まんじゅう、だんごなどを売っている。

三毳山(みかもやま):イメージ4

カタクリ群生地を歩いていて気づいたのは、カタクリの茎が2、3本折られていたものがあったことである。花だけ折って持ち帰った人がいるのだろうか。管理センター近くの売店でもカタクリの鉢を売っているので、自宅でも花を見たい方は買っていけば良いと思う。かたくりの里にはカタクリの少し前にアズマイチゲが咲き、カタクリが終わると、次にはニリンソウが咲き、夏にはホタルブクロ、ヤマユリ、秋にはヤマトリカブトなどが咲くという。季節を変えて、静かな時期にまた訪れてみたい。

(写真は上から、三毳山、カタクリの花、カタクリ群落、ニリンソウのつぼみ、三毳山頂上から北方向の眺め)

-DATA-

場所:
栃木県佐野市
タイム:
計1時間20分 登り:かたくりの里 管理センター(10分)カタクリ群生地(35分)三毳山(竜ヶ岳頂上) 下り:三毳山(竜ヶ岳頂上)(25分)カタクリ群生地(10分)かたくりの里 管理センター
鉄道・バス:
JR両毛線・東武佐野線 佐野駅からタクシー20分でかたくりの里 管理センター、土日のみ佐野駅近くの市役所前から臨時直行バスでかたくりの里 管理センター
車:
東北自動車道 佐野藤岡インターで降り、国道50号を栃木市方面へ、万葉自然公園かたくりの里の看板に従い、左折、さらに3km進んで左折、旧国道50号を佐野方面に向かうと間もなく、左側にかたくりの里 駐車場入口
駐車場:
かたくりの里 管理センターそばに300台分
トイレ:
かたくりの里 管理センターに有
自動販売機:
かたくりの里 管理センターに有
携帯電話:
通話可能
公衆電話:
かたくりの里 管理センターに有

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る