トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 鎌倉 雪の古都を歩くトレッキングレポート:トップページ比良山トレッキング CoursⅣ »

新宿摩天楼はバラ色に!

Jan.12, 2001 歩いて楽しむ!東京の定番ビューポイントvol.2

今日は、もう21世紀になってしまいましたね。“都会の四季折々”、“都会のアウトドア”をレポートさせていただいていますFootwork Messengerです。今回は、新宿をレポートしてきました。メインタイトルの“新宿摩天楼はバラ色に!”というように無料展望できる高層ビルや新宿周辺のビューポイントを紹介できればと思います。若い人やカップルはもちろん、子供からご年配の方まで楽しんでいただければと思います。できればカメラも忘れずに!それではレポートへGO!

新宿摩天楼はバラ色に!:イメージ1

場所は、東京都新宿区。アクセスは、東京駅からJR中央線で新宿駅下車。出口は西口です。所要時間は14分。運賃190円(1/12 現在)。といったところです。今回は午前10時ごろ到着しました。とりあえず西口の改札を出て都庁方面へ向かいます。目印は“動く歩道”とスバルビルのオブジェである“新宿の目”です。小田急エース沿いに歩いて約1分ぐらいで着きます。“動く歩道”には乗らずに脇の通路をまっすぐ進んでください。“新宿の目”は待ち合わせ場所としても有名ですのでグループで行く場合は、ここを集合場所にするといいかもしれませんね!

新宿摩天楼はバラ色に!:イメージ2

通路を約100mぐらい歩くと右側に新宿センタービル入り口の案内が出ていますのでそこからエスカレーターで上がりビルに入ります。“53階展望ロビー”と丁寧に案内がでていますのでそれに沿っていけば、すぐにビルの正面ロビーに。展望ロビーに行くエレベーターに乗って上がりました。途中で耳が詰まって唾ゴクリ...  程なく到着。地上から210mの展望ロビーへ行くと窓からパークタワーやオペラシティーが見渡せました。まずは前菜としての展望です。展望ロビー自体が 53階のフロアの一角ですので一寸物足りないかもしれませんがまずは手始め!また、展望とつきもののレストランがフロア全体を占めていて、11時半からのオープンの仕込みなのか展望ロビーにあちこちからいい香りが... こちらも急にお腹が減ってきました。時計を見たら10時10分。まだ早い!

新宿摩天楼はバラ色に!:イメージ3

新宿センタービルの1階まで降りて次へ向かうのは新宿野村ビルです。このビルはちょうどセンタービルの裏側で安田火災の本社ビルと並ぶように建っているのですぐにわかります。センタービルの1階フロアから裏側に回るとロイヤルホストがあり、通りをはさんで高層ビルが2つありますがそのうちの建物が湾曲してない方が野村ビルです。向かって左側のビルになります。まずは、野村ビル1階のフロアで“野村写真展”を鑑賞。ここはギャラリーになっていて毎週変った写真展が催しものとして開かれています。本日も全国各地の選りすぐりの写真が飾られていました。また、地下2階は滝の広場になっていて窓越しに滝の水が流れるのを見ることができる休憩所があり、屋外のプラザではフリーマーケットもときどき開催されています。じっくり堪能した後は50階の展望ロビーへ。ここでも途中で唾ゴクリ... ここも地上210mということでが53階から50階と階数は減っているので1階の高さが違うのでしょうか? こちらはセンタービルと違ってソファーが置いてあり、展望ロビー自体も少し広めでした。また、窓ぎわに風景案内の写真が置いてあり、富士山、高尾山、丹沢、秩父連山の方角がわかるようになっていました。

新宿摩天楼はバラ色に!:イメージ4

野村ビルを後に次の目的地は新宿住友ビルです。通称“三角ビル”と呼ばれていてビルの中央の吹き抜けが三角形に屋上までつづいてるのが特徴です。まず、新宿署裏の横断歩道をさくら銀行を左手に北通りを進むと議事堂北の横断歩道がありますのでそこを渡るとすぐに新宿住友ビルが見えてきます。新宿の高層ビルが立ち並ぶここの通りは東京ならではの風景で道路や区画が整備され歩道も意外と花や緑が多いので結構いいビューポイントです。住友ビルに到着して展望ロビーに行くエレベータに乗り51階へ、今度は慣れたせいか途中の唾ゴクリはなし。展望ロビーに到着。ここのロビーは先ほどの野村ビルよりさらにフロアが広くなり、フロア内のレストラン以外にコーヒースタンドもあるのでさらに落ち着けます。だんだん展望ロビーの規模も広く良くなってきた感じです(それがねらいですけど)。また、住友ビルの模型もあり、ビルの解説等がありました。ここは、休日の昼は家族連れが多く、夜はカップルが多いことで有名で、特に夜景がきれいです。今日は平日ですけど... 外を見るともう都庁が目の前という感じでこの高さから見る都庁は以外と迫力がありました。下から見る風景とこの展望ロビーから見る風景は全然違うんですね。一通り見た後は上の52階で住友展望画廊を見学。山下清、ラポルト、ヘンラート、竹下夢二、etc...各画家の絵が飾られ販売していました。思ったのですが高層ビルと美術展の組み合わせって結構多いんですね。

新宿摩天楼はバラ色に!:イメージ5 新宿摩天楼はバラ色に!:イメージ6

さて、住友ビルを後に次は本日のメインとも言える都庁へ向かいました。もう道路をはさんだ目の前にありますので前方にある新宿中央公園よりの横断歩道を渡ってそのまま第一本庁舎より入館。まずは都庁展示ホールの“健康情報館”へ向かいました。食や健康、住まいの衛生に関してパソコンや図書文献、展示物、ミニ講習会などさまざまな形で見学でき、最近話題の食中毒や食品の取り扱い方など結構有益な情報も得られました。展示ホールを見学した後は、1階の専用エレベータで45階の北展望室へ。「約55秒でまいります」と係員の丁寧な誘導ととももに分速240m のエレベータは無事到着。いや~広い!平日であまり人が居ないこともありますが東西南北と展望することができるほかに、文化放送のサテライトスタジオがあり、中央には落ち着けるカフェテリア(ノルテ)があるなど充実した空間となっていました。展望の方はこれがまさに絶景のビューポイントで北東方面は先ほど見学したセンタービルや住友ビル群を見下ろす感じで眺めることができ、南東方面は東京タワーやレインボーブリッジ、代々木公園、国会議事堂などを一望、南西方面は新宿パークタワーや東京オペラシティ、富士山、遠くは横浜ランドマークまで見え、北西方面は新宿スクエアや中野サンプラザ、秩父連山と東京以外まで見渡せました。また、雲の陰が街を覆っている様子がわかり、普段は見れない風景を見ることができとても得した気分に。中央のカフェで一休みした後は再び下に降りて今度は南展望室へ。フロアの広さや展望室からの風景は北とさほど変わりませんがこちらは渋谷、お台場方面の風景が北より、よく見えます。また、展望室は10時まで開いていますので夜景を見ることもでき、最高の眺めとのことです。南展望室も一通り見たので下に降りて今度は第一本庁舎から議事堂前の都民の広場へ、とても広く銅像やオブジェ、花壇と議事堂を彩っていますしここから見上げる都庁の眺めも中々です。都民の憩いの場という感じでした。そろそろお腹も減ってきたので議事堂にあるレストラン“カフェテリア”でお食事。値段がお手ごろですのでお勧めです。食事の後は第一本庁舎と第二本庁舎の途中にある“ふれあいモール”へ。ここもちょっとした憩いの場で、変わったオブジェや景色や日当たりもよくカメラで撮影している人もよく見かけます。都庁と言うと人によっては堅いイメージがあるかもしれませんが意外と散歩や目を楽しませてくれる場所が多いので東京に来られたら是非、足を運んで頂きたいエリアの一つです。

新宿摩天楼はバラ色に!:イメージ7

都庁を後に本日の最後を飾るのは新宿パークタワーです。ここはテレビドラマのロケがよく行われている場所でロケーションもまあまあです。都庁からすぐ近くにあるビルが段々に3つ重なったような建物がそれです。ここは展望ロビーはないのですがお洒落な噴水があり、その側に“告白の階段”と呼ばれるプロポーズ定番と結われるこれまたお洒落な階段があります。夜もライトアップされとてもいい感じだそうです。階段の中ほどに英語で“Love's Success”と書かれてました。私は告白もSuccessもないのでいそいそとビル内へ... このビルは東京ガスのショールームや“OZONE”リビングデザインセンターがあり、暮らしのデザインと称して住まいや生活の心地よさを重点にした情報フロアやショールーム、ショップ、展覧会、セミナーと飽きさせないところとなっています。ここに来て思ったのですが“いい暮らし”したいですね~ また、このビルの2階部分にあるラウンジは休憩にもってこいのテーブルと座り心地のいいソファーが設置してあり時間を忘れるくらいいい気分でくつろげます。さすが暮らしと生活のコンセプトにしたビルです。さて、なぜここを最後にしたかといいますと、それは新宿西口エルタワー前に行く直通のシャトルバスが無料で乗れるからです。通称“OZONEバス”とも呼ばれています。歩き疲れた身体を駅まで運んでくれるので助かります。今回もレポートもそろそろ終了です。いつも思うのですが掲載したい写真や紹介したい場所がまだまだありましたが割愛させていただきました。読者の皆さんにうまくレポートできたかも心配ですがこれからも楽しく興味を持っていただけるようなレポートを送りつづけられるようにがんばります。それではまた、次回のレポートをお楽しみに!

-DATA-

場所:
東京都新宿区西新宿
交通:
東京駅からの場合、JR中央線新宿駅下車。出口は西口。
新宿駅のアクセスは他のJR線や地下鉄など多数アクセスできます。
駐車場:
都心の為、電車をご利用ください。
トイレ:
各ビルの展望ロビーやビル内にトイレ等は充実。
昼食:
各ビルの展望ロビー内に必ずレストランはあります。
お勧めは、都庁の議事堂にあるレストラン“カフェテリア”値段が安く土日、祝祭日も営業しています。
施設:
◆新宿センタービル(年中無休)朝10時くらいから展望できます。
◆新宿野村ビル(年中無休)朝10時くらいから展望できます。
◆新宿住友ビル(年中無休)朝10時くらいから展望できます。
◆都庁
・開室時間 9:30~22:00(入室は終了時刻の30分前まで)
・休室日  毎週月曜日(月曜日が祝日・休日及び都民の日の場合はその翌日の平日)年末年始(12/29~31、1/2、1/3)
※元旦は初日の出に合わせて開室
▼健康・情報館
開館時間(9:00~17:00)
休館日は土日、祝祭日、入場料は無料

◆新宿パークタワー 休館日 年末・年始
▼東京ガスショールーム
開館時間 10:00~18:00
休館日 毎週水曜日(祝祭日の場合は営業)及び年末・年始
▼リビングデザインセンターOZONE
開館時間 10:30~18:30
休館日 毎週水曜日(祝祭日の場合は営業)及び年末・年始
▼シャトルバス
西口エルタワー前より、約10分間隔で送迎運行

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る