トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 鎌倉 晩秋の秘境を歩くトレッキングレポート:トップページイーグルウォッチング »

比良山トレッキング CoursⅠ

Dec.12, 2000 イン谷~釈迦岳~カラ岳~比良ロープウエイ山上駅

比良山トレッキング CoursⅠ:イメージ1

比良山とは琵琶湖の西岸に位置する南北20数キロにわたってのびる山脈の総称である。1000メートルを超える峰を15峰擁し、滝や渓流、湿原、ガレ、ブナの原生林など地形の変化に富んだ各コースは、リフトやゴンドラを乗り継ぐと手軽に山頂に向かう事が出来る事もあり誰もが体力や好みに応じて存分に四季折々の自然を楽しむ事が出来る素晴らしい山である。僕などは夏は沢、冬は雪、ある時は縦走を楽しんだりと一年を通じて比良山を存分に楽しんでいる。

比良山トレッキング CoursⅠ:イメージ2

イン谷入り口の駐車場に車を入れる。リフト乗り場や駐車場などアプローチのし易さからも此処を比良山系のトレッキングの出発点とする人は多い。平日だというのに何名かのグループも見かける。昨夜からはこの冬一番の大陸からの寒気団が来ていると言う話で辺りはうっすらと雪化粧だ。日が射せばこの辺りの雪はすぐに溶けてしまうだろうが、頂上付近を見上げるとガスがかかっていて、どうやらまだ雪は降り続いている様子である。今シーズン始めての雪景色を楽しめそうだ。

比良山トレッキング CoursⅠ:イメージ3

イン谷を右方面に進み、200メートルほど歩くと水銀燈が右手に見える。この脇から今日のルート「大津ワンゲル道」が釈迦岳へと続いている。取り付きさえ間違わなければ一本道なので迷う事はないだろう。余談ながら比良山系を琵琶湖の湖岸から眺めると、一際そびえ立って見える堂満岳を中心に今日のルートの釈迦岳やリトル比良を北比良、堂満岳や蓬莱山を南比良と呼び、湖岸からは見えないがその奥には奥比良と呼ばれる比良最高峰の武奈ヶ岳や蛇谷ヶ峰がある。

比良山トレッキング CoursⅠ:イメージ4

のっけから枯れた沢筋の急登である。30分程汗をかき振り返れば朝日に照らされた琵琶湖が雪の付いた木々の間から垣間見る事が出来る。まったく素晴らしい眺めだ。このワンゲル道はスギやヒノキの植林が比較的少なくて、すっかり葉を落とした明るい森が気持ちよい。急がずにのんびり回りの景色を楽しみながら歩きたい。

比良山トレッキング CoursⅠ:イメージ5

2時間程高度を稼げば最後の難関に出会す。両手両足を使って登らなくてはならない岩場だ。ロープも張ってありほんの5メートル程度なので大丈夫、一歩づつ慎重に登ろう。この岩場を過ぎるとブナの森が続き、ほどなく釈迦岳山頂だ。残念ながら太陽が出て来たと言うのに釈迦岳山頂はクマザサなどに覆われて見晴らしは悲しい程良くない。見晴らしはこれから向かう無線中継所があるカラ岳から眺める奥比良の眺めの方が良い。

進路を南の尾根に取りカラ岳方面に向かう。カラ岳までは30分程だ。この頃より太陽は再び隠れ吹雪きとなり展望はまったく望めなくなってしまった。カラ岳からロープウェイ山頂駅まで30分程。新雪の感触を楽しみながらのんびり歩いて本日の行動は終了とする。

-DATA-

場所:
滋賀県 滋賀郡 志賀町 琵琶湖西部 比良山系
難易度:
☆☆
行動時間:
約3時間
交通:
JR湖西線比良駅より比良リフト前まで定期バス運行されている。イン谷で降りれば各山域へはアプローチし易い。
マイカーならば、湖西道路志賀ICからR161を北上、約5分。比良川橋を左折。比良スキー場の看板がある。
比良リフト~ロープウエイ山頂駅まで片道¥1,100 往復¥2,000
駐車場:
無料パーキング約800台
トイレ:
パーキングやロープウェイ山上駅、スキー場に有り。
その他:
ロープウェイ山上駅やスキー場に行けば食事等も出来るが平日などは休業している事もあるので利用する場合には事前に連絡を。
また降雪期には駐車場に止めておいた車が下山した時には雪に、なんて事も結構あるのでチェーン等それなりの準備は必要だ。

『難易度について』

誰でも楽しめるコース。
☆☆
やや歩き難い箇所あり。
☆☆☆
ややハード。
☆☆☆☆
体力技術、必要。
☆☆☆☆☆
エキスパート向け、シーズン限定。

尚、この☆は僕達が歩いたその日の季節や天候などを基に設定しています。行動時間なども含め、あくまでも参考程度に考えて下さい。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る