トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 坪庭トレッキングレポート:トップページ負釣山959.3m »

鎌倉 古道に刻まれた歴史に出会う

Nov. 11, 2000 天園ハイキングコース

鎌倉 古道に刻まれた歴史に出会う:イメージ1

山道に刻まれた歴史の息吹を感じてみたいと思い立った秋の一日。鎌倉アルプスとして親しまれる、天園ハイキングコースへと向かった。民家のキクやムラサキシキブに立ち止まりながら、まずは瑞泉寺へ。夢想国師が岩盤をくりぬいてつくった庭園は、純粋な禅の心に通じる名園の一つとされる。瑞泉寺へ向かう道の右脇に、天園への登山口がある。近年新たな墳墓群が発見され、早稲田大学による調査が行われているところだ。

鎌倉 古道に刻まれた歴史に出会う:イメージ2

ひっそりした山道。このあたりには、人間に化けては食い物ねだりをしていたというちょっと憎めないむじなの言い伝えがある。森の暗がりに首をすくめながら登るうち、赤いよだれかけのお地蔵さんに出会いほっと一息。貝吹地蔵だ。1333年、新田義貞に敗れた北条高時の家来が高時の首を渡すまいと逃げていたとき、ほら貝を吹き谷間に導いてくれたこの地蔵のお陰で、無事に葬ることができたと伝えられる。

鎌倉 古道に刻まれた歴史に出会う:イメージ3

山頂に近付くにつれ、人の連なりが目立ってくる。静かな山歩きを好む人は、春や秋の休日にはこのコースを避けた方が良さそうだ。ようやく坂を上りきって天園へ到着したものの、茶屋まで満員で落ち着きにくい。小路に入り、小休憩を取ることにした。青く澄んだ空を背に、イチョウの葉が黄色に輝く。右手にはゴルフ場が広がり、横浜方面まで見渡すことができる。

鎌倉 古道に刻まれた歴史に出会う:イメージ4

広々とした頂上付近の尾根を行くと、突如として階段状に露出した巨大な岩盤が現れる。表土に覆われた場所が多い鎌倉ではスリリングな岩歩きは楽しめないが、ここには珍しく変化に富んだ30メートルほどの岩場が続いている。頂上からは、古都鎌倉を敵の侵入から守ってきたのびやかな尾根が見下ろせる。大平山はかつて六国峠と呼ばれたところ。陣地を計るつもりで山並みを眺めれば、武将たちの息づかいが聞こえてくる気がする。

鎌倉 古道に刻まれた歴史に出会う:イメージ5

少し寄り道をして覚園方面へ下ると、四角いほら穴が現れる。やぐらと呼ばれる、鎌倉時代につくられた墳墓だ。付近にはこのやぐらが200近く存在し、百八やぐら群と呼ばれる。北条泰時が土地の有効利用のために平地に墓をつくることを禁じたため、人々は丘陵のやわらかい凝灰岩を堀り、死者を弔ったと考えられている。やぐらは鎌倉時代の終焉とともに、急速に造られなくなった。今は苔むした岩だけが、そっとその暗闇を包んでいる。

鎌倉 古道に刻まれた歴史に出会う:イメージ6

さらに歩みを進めると、浸食により造形されたうねるような奇岩に出会う。十王岩だ。奥を覗くと、風化した三体の像がある。昔、この像は夜になると、わめくがごとく、訴えるがごとく奇声を発したことから「わめき十王」と呼ばれたそうだ。相模湾から吹き上げた風が、ひんやり頬をなでる。南側を振り向くと、「かながわの景勝50選」にも選ばれた絶景が。青く広がる海に、これまでの疲れも吹き飛んでしまう。

鎌倉 古道に刻まれた歴史に出会う:イメージ7

カラスが鳴き、鐘の音が秋の日の終わりを告げる。勝上山の展望台へ。丹沢方面にたれこめる霧が、紅色に染まる。半僧坊に立つ天狗像の脇を通り、鎌倉五山の第一位、建長寺へ抜けた。大勢が行き交う山道でも一足立ち止まれば、先人たちの築いた歴史が語りかけてくることを知った今日の山行。いにしえの風景に思いを馳せて、薄墨色のまちを駅へ向かった。

-DATA-

場所:
神奈川県鎌倉市
交通:
JR・江ノ電鎌倉駅より徒歩30分またはバスで起点の瑞泉寺へ
タイム:
瑞泉寺(徒歩15分)→貝吹地蔵(徒歩15分)→天園休憩所(徒歩10分)→大平山(徒歩20分)→百八やぐら(徒歩10分)→十王岩(徒歩10分)→勝上山(徒歩10分)→半僧坊(徒歩10分)→建長寺
駐車場:
無し
トイレ:
駅、瑞泉寺、大平山、建長寺に有り
参考文献:
岸由二著『いるか丘陵の自然観察ガイド』山と渓谷社
浄明寺太郎著『かまくらなんでもガイド』金園社
田中敏治著『てくてくマップ鎌倉』北海道地図(株)
三浦勝男著『鎌倉の史跡』㈱かまくら春秋社

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る