トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 丹沢 堂平のブナ林トレッキングレポート:トップページ鎌倉 錦秋の渓谷を行く »

秋の上高地

Oct. 22, 2000 唐松の黄葉と清らかな梓川、穂高連峰を眺めながら歩く

秋の上高地:イメージ1

秋の上高地は唐松(カラマツ)が黄色に染まり、周囲の山が赤や黄色の紅葉に染まり、穂高連峰に雪が積もっていることもあり、素晴らしい風景が広がる。東南に六百山、霞沢岳と標高2600mほどの山、西から北へ焼岳、西穂高岳、奥穂高岳、前穂高岳、明神岳と3000m級の山が連なる。上高地はこうした山に囲まれ、梓川(あづさがわ)に沿った盆地状のところである。2000年は紅葉が遅れ気味で、ようやく紅葉の見頃になっていると聞いて、大正池から河童橋までゆっくりと歩くことにした。

秋の上高地:イメージ2

バスで上高地へ向かうが、手前の梓川にいくつかあるダム湖付近が全山紅葉していて青い空とのコントラストが見事だ。黄色が多めの紅葉である。交互通行の釜トンネルが近付いてきて、前が支えているようでバスはスピードを落とす。しかし両側の紅葉が見事なので、ゆっくりの走りでちょうどいい。ここは赤も黄色も混じった紅葉だ。タイミングが良かったようで、釜トンネルでは交互通行の信号待ちをほとんどせずに通り抜けた。焼岳の頂上が左側に見え、バスが2、 3のカーブを通り抜けると、大正池と、穂高連峰が目に飛び込んでくる。大正池バス停でバスを降りるが、客を降ろしているバスが多く、バス停の手前のトイレのあたりで降りることになった。大正池のほとりに出ると、左にわずかに噴煙を出している焼岳が見える。そして、右手の唐松が黄葉している向こうに、穂高連峰が大きくそびえる。雲一つない青空のせいか、今まで見たより大きく見える。

秋の上高地:イメージ3

今日は日曜ということもあって、人が多い。列に続くように、遊歩道を歩いていく。もう一度、大正池のほとりに出たあと、クマザサの多い林を抜けていく。唐松等がまばらにある林となり、まもなく草原状の所に出る。草紅葉は終わりかけで枯草色になっている。唐松の黄葉の向こうに穂高連峰が見える。右へ行ってすぐ、田代池がある。ほとんど川と言った方がいいが、向こう岸の唐松が黄葉している。元の三叉路に戻り、右へ行く。道が分かれるが左へ進むと、梓川のそばを歩くようになる。十字路に出たら左へ曲がり、田代橋と穂高橋の2つを渡る。ここからウェストンレリーフを経て河童橋までは、梓川をはさんで向こう岸に見事な唐松の黄葉が続く。河童橋から清らかな流れの梓川と穂高連峰の眺めが素晴らしい。穂高の峰々には、初雪は早く降ったらしいが、まだ今年の積雪は見あたらない。バスの時間に合わせて上高地バスターミナルへ向かう。またバスターミナルから路線バスを利用するときはバスターミナルの窓口で予約の必要がある。予約は前日から受け付けてくれる。帰りにトレッキングの汗を流したいときのお勧めの温泉は上高地のレポートに書いているのでご覧頂きたい。

秋の上高地:イメージ4

私が行ったときは昼間の気温が9度とさすがに標高が1500mなので、低い気温であった。日が射していたので、それほどの寒さは感じなかったが、休憩しているときや、風が吹いたりすれば、体感温度は下がるので、上着や羽織るものを持っていった方が良いだろう。大正池から田代橋まで等は雨上がりの時など道がぬかるんでいるので、防水性のあるハイカットの靴を履くと良い。夏の上高地・河童橋から明神池については、上高地のレポートに書いているので参照していただきたい。夏に1回、秋は3回来ているが、何度来ても上高地はいいところだ。新緑と穂高連峰の残雪の取り合わせが見事な5月下旬や6月上旬にも、また訪れたい。

(写真は上から、大正池より穂高連峰、焼岳、田代池、唐松の黄葉、河童橋と穂高連峰)

-DATA-

場所:
長野県南安曇郡安曇村
タイム:
計1時間25分
大正池-田代橋:40分 田代橋-河童橋:30分 河童橋-上高地バスターミナル:15分
鉄道・バス
(夜行):
1.東京(新宿)、横浜、大阪、京都、神戸から出る夜行バスのさわやか信州号 上高地行きで入る。(要予約)
2.新宿から中央線の夜行急行「アルプス」にて早朝松本下車、松本電鉄線に乗り換え終点新島々下車、上高地行きの路線バスにて上高地バスターミナルもしくは大正池下車。
3.大阪、名古屋から夜行急行「ちくま」にて早朝松本下車、以下は2と同じ。 鉄道・バス
(昼間):
1.新宿から中央線の特急「あずさ」にて松本下車、以下は(夜行)2と同じ。
2.大阪、京都、神戸から新幹線で名古屋へ。名古屋から中央線の特急「しなの」にて松本下車、以下は(夜行)2と同じ。
車:
関東、中京、近畿方面からは中央高速を利用、岡谷ジャンクションから長野道に入り、長野道を松本インターで降り、国道158号を西方向、上高地へ向かう。
沢渡から先は交通規制が敷かれているので沢渡周辺のいくつかある駐車場に車を駐める。 駐車場から上高地へは路線バスもしくはタクシー利用。
駐車場:
沢渡付近の駐車場:有料
トイレ:
大正池、河童橋そば、バスターミナル、各山小屋、ウェストン・レリーフ近くに有り
携帯電話:
大正池、明神付近を除き通話可能。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る