トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 八方尾根丸山ケルン2460mトレッキングレポート:トップページ秋の八方尾根 »

秋の奥日光

Oct. 9, 2000 紅葉に彩られるふたつの滝と、草紅葉の戦場ヶ原

秋の奥日光:イメージ1

奥日光は、中禅寺湖の奥、男体山や日光白根山に囲まれた自然の豊かな地域である。山もあれば、川があり、滝があり、戦場ヶ原などの湿原もあって、中禅寺湖のような大きい湖もあれば、湯ノ湖や刈込湖のような小さな湖もある、と言った具合に変化に富んだ地域である。トレッキングのコースはいくつもあるが、今回はふたつの滝を結んで途中に湖と湿原を歩き、紅葉の楽しめるコースを選んでみた。

秋の奥日光:イメージ2

湯元温泉から下っていくコースとしたが、逆コースとしても、それほどの急な部分は無いので、充分歩けると思う。車で行かれる方は竜頭ノ滝近くの駐車場に車を駐め、バスに乗って竜頭ノ滝から湯元温泉へ行き、湯元温泉から歩き出すと良いと思う。湯元温泉から南方向へ、湯ノ湖目指して歩き始める。湖畔に出て、南北に長い湯の湖の、東の湖畔を歩く道になる。向こう岸の湖畔の木々が、赤や黄に色づき始めている。湖には留鳥と思われるカモが数羽泳いでいる。湯ノ湖の南端に来ると、湯川と言う川になる。まもなく川は滝となって落ちていく。湯滝である。滝の東側を降りる階段があるので、滝を見ながら下っていく。滝の下に出ると、下の方が広がっている滝で、豪快な滝だ。落差は60mということだ。この滝のそばはあまり木々の紅葉が進んでいない。茶店があって、店に向かって左側から遊歩道が続いている。主な分岐点には標識があり、道は分かり易い。

秋の奥日光:イメージ3

樹林の間を歩いていき、小田代橋を渡ると戦場ヶ原の湿原が始まる。湿原は草紅葉の黄金色にそまり、唐松は黄色くなり始めている。東側には男体山が大きく見える。山腹が少しずつ紅葉を始めている。湯川に沿って、草紅葉の戦場ヶ原を歩いて行き、湿原が終わるあたりで、赤沼分岐に出る。右へ折れて、湯川に沿って、道の回りに笹が茂る樹林を歩いていく。小田代ヶ原へのハイブリットバスが通る道を渡り、さらに緩やかな下りの道を行く。しばらく川沿いに下り、国道120 号と交差する。ここから湯川は竜頭ノ滝となって流れ落ちている。緩やかな滝だが、その長さは300mもある。滝の脇の木々の色は、湯滝よりも赤や黄の色が濃くなっている。ここの方が湯滝より標高は低いはずなので、不思議である。竜頭ノ滝の脇も滝を見ながら、歩くことが出来る。竜頭ノ滝の一番下は、滝筋が二つに分かれている。そこには茶店があって、うどんやお団子を食べながら、滝の眺めを楽しむことが出来る。ここで今回のコースは終わりとなる。茶店から階段を下りて、国道120号に出ると、すぐそばにバス停がある。今回のコースはここが終点となる。

秋の奥日光:イメージ4

奥日光周辺は例年、10月上旬から11月上旬に紅葉を楽しむことが出来る。5,6月には湯ノ湖の北側にトウゴクミツバツツジが咲き、戦場ヶ原には6月にズミ、7月にホザキシモツケが咲く。戦場ヶ原の西側の小田代ヶ原も素晴らしい景色である。また違う季節に訪れたいところだ。歩き始めた湯元温泉は温泉街であり、日光市街も温泉が多い。トレッキングの汗を流したいとき、帰りに寄りやすい、日帰りで入浴できる温泉ホテルを紹介する。

ホテルいろは


場所:

日光市街 国道120号沿い 総合会館の日光駅寄り(東照宮正門前)

バス:

湯元温泉、竜頭の滝より日光駅行きバス総合会館下車すぐ

入浴料:

\600

営業時間:

15:00-21:00

(写真は上から、湯ノ湖の黄葉、湯ノ湖の湖畔、湯滝、戦場ヶ原、竜頭ノ滝)

-DATA-

場所:
栃木県日光市
タイム:
計3時間30分 湯元温泉(40分)湯滝(1時間10分)青木橋(50分)赤沼分岐(50分)竜頭ノ滝バス停
鉄道・バス:
東武日光線・東武日光駅、JR日光駅から湯元温泉行きバス、終点下車
車:
東北道宇都宮ICから日光宇都宮道路に入り、国道120号、いろは坂を経由
駐車場:
湯元温泉(無料)、竜頭ノ滝周辺に数カ所(無料)
トイレ:
湯元温泉、湯滝近くの駐車場、竜頭ノ滝の下
自動販売機:
湯元温泉、湯滝の下、竜頭ノ滝の下
携帯電話:
湯元温泉、湯ノ湖、竜頭ノ滝付近のみ通話可
公衆電話:
湯元温泉、湯滝の下、竜頭ノ滝の下

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る