トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 白馬岳トレッキングレポート:トップページ中央アルプス千畳敷 »

硫黄岳2760m (本沢温泉~硫黄岳)

Oct. 21, 2000 八ヶ岳連邦のひとつ硫黄岳

硫黄岳2760m (本沢温泉~硫黄岳) :イメージ1

八ヶ岳は赤岳、天狗岳、権現岳、横岳、阿弥陀岳、編笠山、西岳、硫黄岳が集り八ヶ岳連峰と言います。山腹までバスが運行され、温泉、鉱泉などの山小屋もあり初心者にも登りやすい山として人気があります。今回は山腹にある本沢温泉まで来たのでちょっとだけ足を伸ばしてみました。

硫黄岳2760m (本沢温泉~硫黄岳) :イメージ2

ここ本沢温泉はゲート前駐車場から歩いて1時間、硫黄岳、天狗岳もゆっくり歩いて往復4時間ほどで行ける標高2100mの登山の基地です。本沢温泉から左に見える硫黄岳を目指し、最初に標高2440mの夏沢峠に向かいます。湯川渓谷の流れの音がだんだん小さくなり、整備された登山道も標高が上がるにつれて狭くなっていきます。しばらく道なりに歩いていると夏沢峠の山小屋が見えました。しかし今年度は閉鎖されたようで2件ある山小屋は扉が閉まったままです。

硫黄岳2760m (本沢温泉~硫黄岳) :イメージ3

夏沢峠のやまびこ荘の前で、休憩をしながら天然記念物のヤマネとモモンガの絵を見てました。ここの山小屋では餌をもらいに小動物達が寄ってくる事が書いてあったが、山小屋が閉まっているので詳しい話が聞けませんでした。硫黄岳山頂まであと半分、重い足取りでゆっくり出発。歩き出してからすぐ硫黄岳の絶壁が現れ、近くで見れば垂直にそびえています。いつの間にかガレ場の中を歩き始め、山頂目指して空を見渡せば、空が青々としてました。

硫黄岳2760m (本沢温泉~硫黄岳) :イメージ4

ゆっくり歩いて1時間は掛からなかったが硫黄岳2760m山頂に到着。丘のように広い山頂から北八ヶ岳と南八ヶ岳がよく見え、雲海のかなたには北アルプスまでが顔をだしていた。昨日まで降っていた雨雲が嘘のように消え、残っていたのは所々にある氷だけだった。昼食を取るには時間的に少し早かったが、南八ヶ岳を目の前にして、ゆっくり食べることにした。次回来る時は硫黄岳から横岳、赤岳に足を伸ばしてみる計画を立てて山頂をあとにした。

硫黄岳2760m (本沢温泉~硫黄岳) :イメージ5

来た道を戻り始めたが行きと違い非常に寒い。トレーナーとヤッケを着込んで夏沢峠まで降りてきたが、来た時に閉まっていたやまびこ荘が何故か開いていた。恐る恐る中を覗いてみると、本沢入口駐車場で出会った女性が山小屋を管理していた。一杯のお茶をもらい、先ほどまで山小屋の中にいたモモンガの話しを一生懸命説明してくれました。ちょっと綺麗な人だったので後悔しながらも足を本沢温泉に向けて下山していきました。

八ヶ岳は山腹に本沢温泉、やまのこ村とアプローチが短く入門者にはお勧めします。しかし装備は充分に用意していったほうが無難です。夏季は学生の登山宿泊場所になりますので、予約状況などの確認が必要です。

-DATA-

場所:
長野県 八ヶ岳連峰 硫黄岳
交通:
JR小海駅よりタクシーで本沢入口駐車場まで30分、本沢入口駐車場より本沢温泉まで徒歩で1時間45分、本沢温泉から夏沢峠まで徒歩で1時間、夏沢峠から硫黄岳まで徒歩で1時間
駐車場:
本沢入口駐車場、ゲート前駐車場
トイレ:
本沢温泉
宿泊施設:
本沢温泉(通年)、やまびこ荘(冬季以外)、やまびこ荘と本沢温泉は同じ系列です。 
連絡先:
090-3140-7312(本沢温泉直通)
0266-72-3260(事務所)
料金:
8200円~
キャンプ場:
本沢温泉
料金:500円(場所代だけ)
携帯電話:
本沢温泉以外良好

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る