トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« カイコウラ・ペニンシュラ・ウォークトレッキングレポート:トップページ霊仙山1083.5m »

梶ヶ森1400m

Sep. 20, 2000 初秋の梶ヶ森登山JR大田口駅より歩いて登る

夏の暑さも落ちつき、少し涼しさを感じる、登山に最適な季節になった。今日は車でしか山頂へ行った事の無い、梶ヶ森にふもとから歩いて登る事にする。

梶ヶ森1400m:イメージ1

梶ヶ森への登山口はJR土讃線大田口駅と豊永駅からとの2ヶ所に有る。そこで、今回は大田口駅側から登り頂上を経て、豊永駅側へと下山することにした。車での大田口駅へのアクセスは、高松方面からR32を高知方面へ走る。大歩危を過ぎ15分程度走ると大田口駅左折の看板が見えてくる。左折して川を越えると、すぐに駅が見える。駅から3分程歩くと、梶ヶ森登山道の標識がある。登山道のすぐ脇には食料品店があり、食料の買い足しが出来る。行動食に北海道ミルク飴を購入し、登山道を登り始める。

梶ヶ森1400m:イメージ2

道の両端には杉林が続き、なかなかすずしい。しかし、道は結構な急登ですぐに暑くなり汗だくになる。上に羽織っていたシャツを脱ぎ、首にタオルを巻く。10分程で一端、車道に出る。道標に案内されて、またすぐ登山道に戻った。さらに10分程歩くと再び車道へでる、今度は中々、道標が現れない、待ちきれずにそれらしき道に入って見ると、只の民家へ通じる道だった。


梶ヶ森1400m:イメージ3 
梶ヶ森1400m:イメージ4

結局、車道にでてから10分程歩いて星神社と書かれた鳥居を抜けると道標があった。道標に案内されながらさらに車道を進む。このあたりは、東庵谷(ひがしおのたに)と言う集落らしい。昔ながらの家々の雰囲気と棚田の風景に何ともいえない心のやすらぎを感じる。また、道を聞いた時に帰ってくる高知弁が何か面白くて楽しい。道の脇には曼珠沙華の花が咲き誇っていた。谷沿いに小さなお堂が見え、しばらく行くと東庵谷集会所につく、ここから、一端、車道から離れて、徒歩道を登って行く。田んぼの中を歩き立派な農家の横を通り再び舗装路にでる。道標に従い、舗装路の切れ目から徒歩道に入ると、後は山頂までずっと徒歩道が続く。ここまで、登山口から、大体2時間程度かかっている。夕暮れも近づいているので、少し急ぎ足で山頂を目指す。

梶ヶ森1400m:イメージ5

森は再び植林の杉林となる。日がほとんど地表まで届かず、当たりはかなり暗い。鳥の声も聞こえなくなる。途中で分岐点が現れる。左へ行くと、一旦、尾根に出てから山頂を目指す道、右へ行くと山頂までだらだらと登って行く道だ。今回は右へ進む。左へ行った方が近道ではあるらしい。右へ進んでも思った以上に登りはきつかった。山頂に近づくにつれブナやアセビなどの広葉樹が現れ、豊かな植生が広がっている。すぐ横には沢が流れている。沢で猪の子供が水を飲んでいた。僕が近づくとプリッケツを振りながら逃げていってしまった。そういえば、まだ猪の肉は食べた事が無い。森林帯を抜けると、急に電波棟が見えて頂上に着いた。本来、四国山脈が展望できるのだろうが、もう大分日が落ちてしまって、良く見えなかった。結局、登山口からは頂上までは4時間程度かかった事になる。今晩は梶ヶ森天狗の鼻キャンプ場にて野営する。(このレポートは別途掲載してある。)


梶ヶ森1400m:イメージ6

今日は、真名井の滝、定福寺奥の院、竜王の滝を経由して豊永駅へ下る。キャンプ場から、ススキの中の小道を抜け天狗の鼻へ行く。そこから、くまザサの中を歩きそれを抜けると、シャクナゲを中心とした雑木林の中に入る。しばらく歩けば真名井の滝に着く。林の中に有る滝なので、すごく清涼感が漂っている。足を止め少し休憩する。そこからは急な鉄階段が続く。以前はこれらの一部はクサリ場だったようだが、今では全て階段に変わっていた。尻込みしたくなるほど急な階段もあるが、しっかり手すりを握って慎重に下る。

梶ヶ森1400m:イメージ7

下り終わると、定福寺奥の院に着く。梶ヶ森には、梶ヶ森札所なる物が7つある。定福寺奥の院が一番札所である。梶ヶ森山頂の虚空菩薩が七番札所になる。定福寺奥の院からは、竜王の滝駐車場が近いので、ここに車を駐車して札所巡りをするのも楽しそうである。しばらく歩くと森はまた、植林の森へと変わり、杉林が続く。時々、分岐点が現れるが梶ヶ森登山道の道標を目印に下っていく。頂上から2時間程で佐賀山の里に着く。田んぼの間を抜けながら梶ヶ森登山道の道標を頼りに下ると、豊永駅近くの鉄橋に出た。

JRの時間に余裕を持って見ていなかった僕は、佐賀山の里からは、殆ど走り降りる事になってしまった。JRを使う事を考える場合は、本数が非常に少ないので、事前に調べて十分に余裕ある行動計画を立てなくては行けないですね。

-DATA-

場所:
高知県長岡郡大豊町梶ヶ森自然公園
タイム:
大田口駅~梶ヶ森山頂、約4時間
梶ヶ森山頂~豊永駅、約3間10分
水場:
山頂には有り。
トイレ:
山頂のキャンプ場には有り。
山頂周辺観光:
梶ヶ森キャンプ場
梶ヶ森天文台
梶ヶ森札所(1番札所定福寺奥の院、2番札所真名井の滝、3番札所苔の岩、4番札所御影堂、5番札所二人の丘、6番札所天狗の鼻、7番札所梶ヶ森山頂)
竜王の滝
連絡先:
梶ヶ森山荘 0887-74-0256

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る