トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 雲ノ平トレッキングレポート:トップページ相模嵐山405.9m »

陣馬山857m

Aug. 18, 2000 白馬のモニュメントを目指して!

「陣馬山は標高857mとたいして高い山ではないが、頂上からの展望が素晴らしい」と、昨日立ち寄った本屋で見かけた本にそう書いてあった。これを見て今日登る山は決まった。アクセスもわりかし簡単である。その本によると、高尾山や小仏峠と組み合わせて縦走するのも良いがこの山だけ単独で登ってもなかなか良いらしい。空気が澄んで眺めのいい冬に訪れると良いとあった。この言葉が引っかかった・・・。

朝起きると天気が優れない。昨日一昨日もぐずつく天気だった。しかも夕立。ずるずる先送りにしても仕方ないので、出掛ける事にした。行く途中コンビニでおにぎりを3個と水を買い込む。

陣馬山857m:イメージ1

起点はJR中央本線藤野駅。新宿から中央線特別快速46分(快速54分)の高尾駅下車。中央本線の下り列車に乗り換え13分、2駅先が藤野駅だ。藤野駅から国道20号に出て左折。相模湖方向に行き、最初の信号、登り坂を登るかたちの交差点を左折。右手に藤野町役場を見ながら進むとトンネルが見えてくる。この沢井トンネルをくぐる。狭いトンネルなので車のすれ違いに気をつける。トンネルをぬけ、下り坂を下ると川に出る。だらだらと川沿いの道を登って行くと左手に郵便局が見え、越えると今まで右手を流れていた川が左手に流れる。すると右手に陣馬山登山口と書かれた石碑がある。右に折れ、約100mくらい行った所のカーブミラーがある所を左折。ここからは標識に従って行けば、迷う事は無いだろう。

陣馬山857m:イメージ2

登山口で横浜から来たおじさんと一緒になる。ご一緒にと言われ、是非お願いしますと同行した。登山道に入ると最初は急坂で舗装された道。人家の間をクネクネと登って行く。人家の間を抜けると陣馬山左の標識があり、いよいよ未舗装の登山道に入って行く。しかしセミの鳴き声がすごい!「ミーンミーン、ツクツクボーーシ、ギィー」と「うるせぇ~~!!」ってくらい。ミンミンゼミ、ニイニイゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、僕が聞き取れたセミは4種。尾根沿いを登るが、緩やかな登りでいい感じ。周りはコナラなどの雑木林が広がる。時折視界が広がる所を振り返れば、周りの山々が綺麗に見える。いつしか周りは針葉樹に変わり、両脇は谷の尾根を延々と登って行く。今日はおじさんが一緒なので、休み休み行く。僕にもちょうど、このペースがいい。久ぶりに山登りをするもんだから、息が切れる。まるで陸に上がった河童状態である。水が恋しい・・・。

陣馬山857m:イメージ3

いつのまにかセミの鳴き声がしなくなり、めちゃくちゃ静かになった。しかも霧が出てきて、ジメッとしいてなんかやな感じだ。一人だったら、行けたかな?って感じだ。今回はおじさんが同行してくれているので心強い。時々、陣馬山○KMの標識があるが、ほんと山の1kmは長い。最後の標識、陣馬山0.7KMを越えるともう一息だ。最後の心臓破りの急坂は細くクネクネしていて、岩肌は滑るので注意が必要だ。丸太の階段になると、もうすぐだ。しかしこの丸太の登りが、何気にキツイ。行けども行けども上は見えんし、霧がこれまたひどい。

陣馬山857m:イメージ4

しばらくすると、上の方でなにやら人の声と、草刈機の音が・・・。おっしゃ、もうすぐや!最後の丸太の階段を登りきると、右手に清水茶屋が見える。が、霧がひどい。とりあえず、清水茶屋のテラスで遅い昼食を取る事にした。腹も起きた所で山頂に向かった。すると霧の中に何かがヌゥーっと立っている。聞くと白馬のモニュメントらしい。なんでまた・・・。それと山頂には4件の茶店があり、うどんやおでん、コーヒーなど食べられる。一帯は高原状に開けていて、さえぎる物が全然なく360度の大パノラマのはず・・・。しかし霧がひどくて全然見えん。聞くと、奥多摩や大菩薩、富士山、丹沢山塊などはもちろんの事、冬の空気の澄んだ日ならば、遠く上信越の山々や東京湾を隔てて房総半島まで見えるらしい。っくぅー、見たい!ここは、空気の澄んだ初冬に来る事をおすすめしたい。何も見えないので、早々に帰路に着いた。

陣馬山857m:イメージ5

しかし、まだこれでは終わらなかった。この帰路が大変だった。帰りは奈良子峠の方に下り、明王峠の方には行かず、陣馬の湯方面に下り、温泉に入ってから帰ろうと企んでいた。しかし、何処を如何、間違えたか和田峠の方に下り、東京方面(東)に車道を延々3.7km約50分歩き、八王子市の陣馬高原下と言う集落に出てしまった。しかしここからは1時間おきに八王子駅行きの西東京バス(700円)のバスが出ているので、これもひとつのルートだったのだ。

温泉こそ入れなかったが、おじさんは一人だったらここまで来なかったと言い、とても喜んでくれたので、よかった。バスで行く事1時間、無事に八王子の駅にも着き、おじさんとEメールのやり取りでもしようと約束をし別れた。

-DATA-

場所:
神奈川県津久井郡藤野町
タイム:
中央線藤野駅―(40分)―登山口―(100分)―陣馬山―(30分)―和田峠―(50分)―八王子行きバス停―(バス60分)―八王子駅
交通:
新宿から快速54分で高尾駅 中央本線下り13分、2駅目が藤野駅
駐車場:
登り口は無し。
トイレ:
有り(頂上付近)
食事:
山頂に4件の茶店あり。
宿泊:
旅館姫谷、旅館陣渓園、旅館陣谷温泉
温泉:
陣馬の湯
問合せ:
藤野町まちづくり課(0426-87-2111)

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る