トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 雪倉岳トレッキングレポート:トップページ朝日岳 »

鈴ガ峰395m

Aug. 21, 2000 腐臭の充満する森を抜けると・・・

瀬戸内に育った僕は「太平洋」という音にどうも憧れがある。世界一大きい、世界に繋がった海なんだ!というところだろうか。その荒々しさに「憧れ」てしまう。今回はその太平洋の展望を満喫する為、真夏に阿波徳島の最南端、宍喰町の鈴ガ峰に登ることにした。

国道55号を宍喰町に入ると、「宍喰駅」「宍喰町役場」などと案内が出た「宍喰浦」の三叉路を山側に入る。駅方向へのガイドにしたがって進むと、やがて阿佐海岸鉄道の高架をくぐる。道の右側に宍喰商業がある。この辺りの高校生は見た目から純朴そうだ。いろいろあろうが、心が和む。その商業高校のグランドを右折して進むと鈴ガ峰への案内がある。最初を左折。道はどんどん狭く怪しくなってくるが、田圃の突き当たりが登山口。車は転回可能な道の端に停める。登山道は四国のみちにもなっており、「ヤッコウソウ」発生地の案内板がある。この鈴ガ峰はシイなどの常緑広葉樹林が発達しており、そのシイノキの根に寄生するのがヤッコソウ。乳白色の小草木で、その姿が奴人形に似ているとのこと。鈴ガ峰は世界での北限にあたるそうだ。その他、この鈴ガ峰は腐生植物の宝庫で、特異な植物の分布地だという。なるほど。腐生植物・・・、腐海・・・。ナウシカ世代をちょっと興奮させる響きがある。

予習も済ませたので登りにかかる。頂上までは1.9kmとのこと。約1時間だろうか。暑いので木陰を見つけて休み休み登ることと決める。スタートは車も通れる林道。道の両側には石仏が点々と。これは頂上手前まで続いている。ミニ88ヶ所のようで、お寺の名称が刻まれている。順番は多少入れ替わっているようだ。林道は500m以上車で入れるが、登り始めのウォームアップには歩いた方が調度良いかもしれない。ヒノキ林を進んでいくと、ツクツクボーシがさかんに鳴いている。目の前には登る鈴ガ峰が迫力ある山容を見せている。沢沿いにも以前の山道があるが荒れているようだ。石仏も新しい林道に引越ししているわけ。林道終点(というかまだ先に進もうとしてるが)に回転場がある。その谷側に赤くペンキで塗られた切り株があって、ここから本格的な登山道だとわかる。

鈴ガ峰395m:イメージ1

しばらく道は重機が通ったような落ち着きの無い足場が続くが、やがて木立の中の古くからの山道になり心地良い登りになる。頂上まで0.9kmの案内を過ぎ、一息休みたいと思った所にひときわ大きい不動明王の石仏がある。森の空気が涼しく流れてきて、テルモスのお茶が冷たくて美味い。ここからは石段、丸太段が増えてきて登りがきつくなる。ペースを守って登って行くと「ヤッコウソウ」の案内が。ここが発生地らしい。秋頃から発生、一年草とあるが、5~7cmの乳白色の草はどうも見当たらない。帰宅後調査してみよう。ただ、林の中は腐生植物らしき臭いが充満している。菌類の香りだ。家で「マッシュルーム栽培」をしていた僕には懐かしい香り。山道にも大きい毒々しいきのこが生えている。腐海な気分が出てくる。ちなみに、ここ宍喰町は「お山の杉の子」の作詞者の故郷で、この辺のシイノキが出だしの「♪シイノキ林のすぐそばに・・・・」なのかもしれない。

鈴ガ峰395m:イメージ2

発生地を過ぎて急登を進むと石仏の数が急に増える。と思ったら目の前に立派な石垣が現れる。まるでインカ帝国の遺跡でも発見したかのような興奮だ!と、これは廃寺の「圓通寺」の跡。それにしても立派である。よくテレビで「インカの石垣にはナイフも刺さらない・・・」という表現をしているが、ここの石垣もナイフが刺さらない。跡とはいえ、本堂の木材や瓦などは残っていてまだ生々しい。背後には岩窟状の岩があり迫力がある。コンクリートを使った形跡もあるので廃寺になったのはそう古くないらしい。寺の右側を頂上に向かう。尾根に出ると残り180m。

鈴ガ峰395m:イメージ3

やがて視界が開けてきて、最後の丸太段だ。汗をしたたらせて登りきる。山頂では南の太平洋側の展望が素晴らしい。水床湾、その向こうの竹ヶ島、手前の宍喰川や町並みが箱庭のようだ。特に太平洋はどこまでも雄大に広がっている。真夏の強烈な日差しでマリンブルーがより美しい。遠く大きい船が浮かんでいる。ふと風が尾根を渡った。日差しはきついが、風は秋風のように爽やか。南の国にも秋が近づいている。

-DATA-

場所:
徳島県海部郡宍喰町
タイム:
登山口-(30分)-不動明王-(20分)-圓通寺-(10分)-頂上
交通:
阿佐海岸鉄道宍喰駅より(徒歩10分)
駐車場:
登山口近くの広いスペースか、林道を進んだ所。
トイレ:
なし
自動販売機:
宍喰市街にて
携帯電話:
頂上までほぼ通話圏内
食事:
道の駅宍喰温泉にレストランあり。生ビールあり。
温泉:
宍喰温泉 0884-76-3442
連絡先:
宍喰町役場 0884-76-3111

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る