トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 韓国岳1,700mトレッキングレポート:トップページ至仏山 »

河津七滝散策

Jul. 10, 2000 爽やか散歩道!!

この日は早朝から海へ行き、ボディボードや日焼けをしていた。午後になり、遊びに満足して帰ろうとしたが、話をしていて私が自然大好き人間とわかった相棒が連れてきてくれたのが、ここ「河津七滝」であった。ここは観光地で、バスも来ている。緑が濃く、それっぽいお土産屋さんが連なっている。こういう雰囲気がなんとなくいい感じ・・・。土産屋を過ぎると左手に川が見えてくる。台風の後だったためか、川の水がゴウゴウと音をたてる。その音でまたワクワクしてきた。

落差2mの小さなカニ滝(かにだる)を横目に歩いていくと、釜滝茶屋があった。五平餅のイイ香りに誘われて一つ買ったが、これがまたうまい!!そして他より安い!(150円)アツアツの五平餅を食べながら、緑の中を歩いていくのはなんだか幸せ。そして 滝を目指す・・・。

初めは初景滝(しょけいだる)に行ってみた。そばには「踊り子と私」というブロンズ像が立っている。滝はやはり水量が多くゴウゴウ流れる。辺りは木々に覆われてひんやりしているのが日焼けし過ぎていたので心地よい。しばらくボーっと眺めた後、更に奥に進んだ。

途中で川に行けそうな感じのところがあり、ビーチサンダルだったので行ってみた。キーンと冷えた水がしばらく入っていると痛く感じる。辺りにはうす茶色の羽根と綺麗な緑の胴体のミヤマカワトンボがヒラヒラと舞っていた。あまりにも美しいのでしばし眺めると・・・足が!!冷えすぎてイタイ!!とここで元生物部(笑)の感が働く。「プラナリアがいるかも??」 プラナリアとは、単細胞生物で、切ったら2匹に増えてしまう(そうして繁殖する)生物で、清流にしか住まないのだ。石をひっくり返すと・・・「いた!!」それも あちこちにゴロゴロ!「やっぱり 綺麗な川なんだな。」と実感した。

さて、奥には蛇滝(へびだる)、エビ滝(えびだる)、釜滝(かまだる)、の順に滝がある。エビ滝近くには吊り橋があるのだが、ついついはしゃいで揺らして歩く。かなりはげしく揺らして渡ってみると「揺らしてはいけません」と看板が・・・。そして、その奥の釜滝はものすごい音としぶきを上げて落ちていた。近くに寄って見ていたらビショビショになってしまった!カメラを持って行くなら注意!

来た道を引き返し、駐車場に戻る前に出会滝(であいだる)、大滝(おおだる)に寄る。大滝は中でも一番大きな滝で周りの岩もダイナミック!!そして、滝の奥には・・・なんと!露天風呂が見える!!見えるんだから 覗きじゃないよなぁ??どっちにしても、私は目が悪いので見えなかったけど・・・。

一カ所で7つもの滝が見れるなんて、素敵な場所だな・・・。海の帰りにはまた寄ってみようかな。そんな事を思いながら河津七滝散策は終了した。次回は 川の水を飲んでみようかな??

-DATA-

場所:
静岡県河津町
交通:
沼津ICより修善寺方面を目指し、国道136~国道414へ。天城を越えループ橋の先
駐車場:
無料駐車場・有料駐車場共にあり
トイレ:
駐車場・散策ルート内(こっちはきれい)
お土産:
店がたくさんある
観察できた生物:
ミヤマカワトンボ・プラナリア(単細胞生物)・何かの稚魚・オタマジャクシなど
観察できた植物:
アケビ・山芋・ヘビイチゴ・ヤマユリなど

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る