トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 伊豆 天城縦走トレッキングレポート:トップページ伊豆 天城縦走 »

五剣山366m

May. 4, 2000 八栗寺への遍路道を登る

GW真っ盛り。天気も爽快な晴天。が、昼下がりなので遠出は出来ない。そこで、 ゆっくりのんびり手軽に歩ける山を目指す。今日は香川県木田郡牟礼町の五剣 山を登る。五剣山といっても、峰の一つは宝永の大地震により中腹から崩壊し、 現在の「四剣」の姿になってしまった。

五剣山366m:イメージ1

車でR11から庵治町に抜ける道を入って、「うどんの山田屋」と「85番札所八 栗寺」の看板を目印に右折。八栗ケーブルの駐車場を目指す。山田屋の奥が登 山口でもあるケーブルの駐車場だ。ケーブルの駅には売店があり、おやつや水、 お茶などが買える。僕は「しみじみ」という緑茶を買って、準備OK。駅の横 の鳥居をくぐり、まずは八栗寺までの遍路道を登り始める。

幅2m半程度のコンクリートの車道を登り始めると、道の左側でよもぎ餅を売っ ている。「フーテンの寅さんも食べました」と書いている。寅さんと山下清は どこにでも出現しているなぁ。27%の急勾配を登っていく。藤の花の季節で、 新緑の中の藤色が美しい。ウグイスが鳴いていて、カエルが騒いでいてなんと も風流だ。ふと道の下を覗くとかわいい野池があり、大きいカメが浮いている。 ブルーギルらしい魚影が2匹、葦の間を漂っていて、のどか、のどか。

五剣山366m:イメージ2

しばらく進むと、道の左側に地蔵さんが並んでいて、「弘法大師加治水」とあ る。ひしゃくがあったので、飲んでみようと思ったが、どうもここしばらく動 いていない水みたいだったので残念だったがやめにした。この辺りより道沿い に地元の「庵治石」を使ったと思われる「石でできたもん」が増えてくる。中 には、「これは女性の神秘的な部分を意味しているのか?」と考え込んでしま うようなものもある。道標の指の彫刻も振り袖だったりとしゃれている。岩の 上のお地蔵さんやら何かと山門まで楽しめる行程だ。うっすら汗をかいて、息 が切れ始めた頃に、カエデの木の下になんと「御影石」のベンチがある。石の ダイヤモンド「庵治細目」の端材を利用したもののようだが、リッチな気分だ。 まぁ、知らなければただの石なんですが・・・。

五剣山366m:イメージ3

コースは車道の幅を保ったコースと、人向けのコースに分かれるが、八栗寺を 山門から入る場合は車道コースを進む。南の展望が開けてきて、立石山方面の 野池群が見える。遠くは上佐山の向こうに阿讃山脈も。門前の茶店が見えてく ると境内までもうすぐだ。茶店に犬が眠そうに佇んでいた。八栗寺は、正月と もなると香川でも有数の初詣の人気スポットだ。普段も85番札所として、多く のお遍路さんで賑わっている。僕も歓喜天やら本堂やらにわか信仰でお参りす る。

本堂横から階段が奥に向かって伸びていて、ずんずん進むとそこが「中将坊」 というお堂。既に神社やらお寺やら分からない神仏習合である。お堂の右奥に は鉄下駄をたくさん奉納している所があり興味深い。眺めもまずまずである。 その昔はここから五剣の峰にアタックできたようなのだが、現在では転落防止 のため立ち入り禁止になっている。

五剣山366m:イメージ4

そこで、お堂の左奥のモノレールのレールの下をくぐって、巻き道へ向かう。 この巻き道は五剣山の裏側に周れる道だ。今日は遅いので、長めのいい所まで 行ってみよう。ここからは踏み跡ははっきりした登山道。倒木をくぐったり超 えたりしながら、適度なアップダウンを楽しむ。「屋島の方向に歩いているの だな」と思っていると、右手前方に屋島をはじめ、讃岐平野が一望できるよう になった。冬の葉っぱの少ない季節ならさらに展望がいいだろう。

五剣山366m:イメージ5

やがて分岐に出て、ちょっとした休憩できそうなスペースがある。頃合いよく 腰掛けるのにちょうど良い岩があった。息を落ち着けてお茶を飲む。あかん、 ビールにしたらよかったなぁ。ここからは、五剣山の峰が横から雄大に見える。 そういえば、八栗では柘榴石(ガーネット)が取れるという話を小学生の頃聞 いた。気にせず急ぎ足で登ってしまったが、今度は、毎年正月に八栗寺への初 詣を欠かさない、年老いた両親を誘ってもう少しゆっくりとしたペースで、新 発見をしながら登ってみよう。

-DATA-

場所:
香川県木田郡牟礼町
タイム:
八栗登山口駅-(20分)-八栗寺-(5分)-中将坊-(10分)-分岐点
交通:
コトデン八栗駅から(徒歩20分 車5分)
駐車場:
ケーブルカーの八栗登山口駅前
トイレ:
山麓、八栗寺多数

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る