トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 勝賀山364mトレッキングレポート:トップページ六つ目山317m »

立石公園

Apr. 7, 2000 お花見ミニミニ・トレッキング。散歩?

高松市の香西町を車で通るたびに気になる、ピンク色の丘がある。ピンク色ではあるが決して怪しくなく、春の青空に映える桜色である。意を決して車で出来るだけ近づこうと、あまり詳しくも無い香西西町の小道を分け入る。道が結構細く、バックは出来ないのでもう行くしかないし登るしかない。

立石公園:イメージ1

場所は高松市の香西西町、讃岐浜街道を高松方面から西に進み香西大橋を渡り終えた信号(十字路)を南に入る。直進すると、満徳時というお寺があるので、その角を右折(細い道)する。曲がってはいるが無理して直進すると、左右に池が見えてくる。左の大きい今池と言う池の土手に大きなお地蔵さんのようなものが見えるところが登山口。登山といっても、本当に丘の頂上を目指す行程15分ほどの登りである。

立石公園:イメージ2

何も持たずに登り始めるが丘のてっぺんには善光寺というお寺があるらしく登山道ではなく参道である事に気がつく。というのも、参道に入るや否や無数のお地蔵さんが並んでいる。見ると「第〇〇番札所」などと書いてあるので、恐らく八十八体あるに違いない。ということは、ここに来れば八十八ヶ所参りがお手軽に出来るのか?などと雑なことを考えてしまう。なかには弘法大師と書かれたものも有り、なぜか恭しい。参道は細く、ひっそりとしているが、石畳が殆どでとても登りやすい。予想通り、道の脇にはずっとお地蔵さんが並んでいる、みかんをお供えするならコンテナ一杯は必要だろう。

立石公園:イメージ3

きょろきょろしながら登っても、15分程で桜の並木がある頂上付近に着いた。毎年気になっているピンク丘の正体は無数のソメイヨシノであった。頂上付近は見晴らしも良く、ベンチ、トイレもあり最高のロケーション。ただ唐突に立石公園と書かれたいかにも綺麗な標識がうそっぽい。その足で頂上を越えさらに続く道を辿る。すると、なんと50mほどの坂道の下には車道があるではないか!がっかりしたが気になるので、坂道を下ると住宅の中にいとも容易く降りられた。車に帰ろうと思い、又その坂を登ったので、今日は2度この丘を登ったことになる(しらふでは出来ない)。お花見にはもってこいの場所(プロパンガスもカラオケも持って登れる)でありながら、頂上で誰にも会うことなく一人で感動、落胆、息切れを存分に味わった散歩(あえて散歩と書く)であった。

-DATA-

場所:
香川県高松市
タイム:
参道とりつきから15分程度
交通:
高松市内から(車20分)
駐車場:
参道入り口付近に有り(要確認)
トイレ:
有り
買い物:
香西商店街

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る