トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 吉野梅郷トレッキングレポート:トップページ立石公園 »

勝賀山364m

Apr. 6, 2000 春爛漫お花見登山決行。

勝賀山364m:イメージ1

高松市内から見渡せる山は峰山周辺と屋島、そして勝賀山がある。里山にして はなかなか立派な風貌の雄雄しい雰囲気を漂わせている勝賀山は364mの独立峰 で、その頂に香西氏の城跡があることで知られている。高松市内から県道33号を 南西に走り、鬼無町の佐料バス停がある十字路を山側(西側)に入っていく、道 をどんどん登っていくと、お墓、火葬場があり、少し滅入ってしまうが、気にせ ず細く急になったミカン畑の中をまっすぐに登る。急ではあるが、大きな新道に 突き当たる。まっすぐにミカン畑の細道は続き、さらに上まで車で行ける。しか し今回は天気も良いこと、さらに車が坂に負けた(クラッチ板不調)為にこの新 道沿いに車を止めて、登山を始めた。さらに上まで行っても多少の駐車スペース はあり、ミカン畑のおっちゃんも適当に停めれば良いと言っていたので、車を止 める際は付近のみかん農家の人に一声かければ間違いは無

勝賀山364m:イメージ2

勝賀城跡登山道という看板が、佐料付近から丁寧にあるので信じれば頂上まで 案内してくれる。付近はみかん畑一色で見晴らしも良く、道も整備されている。 みかん畑の農道が登山道であり、白いコンクリートのような道をのんびりと登っ ていく。標高が364mなので急なのぼりを想像していたが、みかん畑内はかなり歩 き心地が良い。何箇所か枝道になってはいるが、そこにも道標があり迷うことは 無いと思う。程なく、雑木林に目を向けると妙にまぶしいオレンジ色が一面に広 がっている。

勝賀山364m:イメージ3

近づくと、なんと何千というみかんが雑木林の林床をオレンジ色に 染めていた。もったいないのと、綺麗なのとで1つ拾い上げて食してみる。なか なか甘くておいしいので、つい登山を忘れてみかんと戯れる。生涯こんな数のみ かんを足元に見ることは無いなと思いつつも、頂上を目指す。

勝賀山364m:イメージ4

今回の目的は、勝賀山お花見登山という自分の中での目的がある。確かに数本 の八分咲きのサクラは目にしたが、何千個というミカンの後ではサクラ色が少し くすんで見えた。寄り道をしながら30分ほど行くと、みかん畑の真横に細い土の 登山道が現れる。今までの舗装の道と比べ見るからに急傾斜であるが、ここから が本当の山登りである。麓から見ても頂上直下(7合目辺り)までみかん畑であっ たので、もう頂上は間近であると自分を励ます。登山道は多少急ではあるが広 く、日陰の小径なのでとても歩き易い。石の少ない道であるが、大きな2mほどの 石がゴロゴロとしてくるともう頂上である。これまでの登山道が突然2又に分か れ、真ん中に意味深な松の木がある。どっちが頂上か?と思うが、もうそこは頂 上であった。山頂そのものが城郭跡になっているので、小径もそれを囲む様にあ るわけである。

勝賀山364m:イメージ5

頂上は城郭の跡があり、平坦でかなりの広さがある。松林になっているので見 晴らしは良いとは言えないが、開けたところもありそこからの讃岐平野の眺めは 格別である。山頂でコーヒーを飲み、岩の上から母校である高松N高を見なが ら、ハモニカで校歌を熱演する。誰も聞いていないし、自分も吹く事に必死で聞 けないから、こうしてレポートに書けば少し救われた気分になる。と、高校の横 を見ると、わが母校のK小学校が見える(校歌は忘れた)。我ながら、今日に至る までの行動範囲の狭さにア然とした。ともあれ、頂上の広い空間を一人占めする には、このお花見前後の季節は格別であるなぁ~と良い気分になって下山の途に つく。

ちなみにお花見登山とは言いながら、みかん畑周辺で咲き誇る桜を数本見た他 には以外と生えていなかった。お花見目的ならば、他の山へGo!

-DATA-

場所:
香川県高松市 タイム:登山道とりつきから50分程度
交通:
JR鬼無駅-鬼無町差料バス停(徒歩15分)バス停-登山道とりつき (徒歩15分・車5分)
駐車場:
現地にて要確認
トイレ:
無し
地形図:
2万5千分の一 「五色台」「白峰山」「高松北部」

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る