トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 竜飛岬・竜泊ラインを歩くトレッキングレポート:トップページ我拝師山481m »

飯野山422m

Jan.18, 2000 讃岐富士、おじょも伝説とは?

飯野山は僕の家の2階の窓から真東に見える。ちょうど左右対称に見える方角である。「讃岐富士」と呼ばれ、校歌でも歌った本当に子供の頃から親しみのある山である。 丸亀市、坂出市、飯山町、それぞれに登山口があるが、今回は飯山町登山口から登ることにした。

飯野山422m:イメージ1

登山口までは、県道18号(善通寺府中線)から、飯山町のコープを北に入りしばらく進むと見えるマルナカの交差点を左に曲がる。300mほど進むと15台分ほどスペースのある専用の駐車場に着く。駐車場横の公園でこの日お年寄りがゲートボールを楽しんでいた。

飯野山422m:イメージ2

まずは舗装されたアスファルトの道を登り始め、目の前に広がる果樹園の間を通り抜けて行くと、少し右手に下った所に神社が見える。一王子神社である。敷地内の立て看板には飯野山の「おじょも伝説」について書かれてあった。 「おじょも(巨人)が飯野山と常山を跨いで小便をして出来たのが大束川、象頭山とを跨いで出来たのが土器川であり、山頂にはおじょもの足跡が残っている」らしい・・ 一王子神社から階段を登って行くとすぐに立派な長椅子、テーブルのある休憩所に着いたが、素通りして更に登ること10分、また同じような休憩所にたどり着く。視界を遮る樹木がなく西側の景色がすばらしいので一服することにした。

飯野山422m:イメージ3

背中の汗が冷え、肌寒くなってきたのですぐに出発、ここからの道は少し急登になってくる。標高359m地点で丸亀登山口からの合流地点に突き当たる。ここからは傾斜の緩やかな広い道を瀬戸内海、瀬戸大橋を見ながらのんびり歩いた。 合流地点から10分ほどで頂上に着いた。頂上には中央の薬師堂を取り囲むように栗嶋大名人、石槌、穴不動、炎岩などがズラッと並んでいる。奥には立派な山桜、「おじょも桜」と書かれた石碑、看板には「飯野の名木200年」と書かれていた。

飯野山422m:イメージ4

「30m下、おじょもの足跡展望台」 この案内に従い下ってみると讃岐平野が一望できる見事な展望台。真新しく、まだ完成して間も無い感じがする。そして背後にはいよいよおじょもの足跡が・・
「ちっ小さい!」僕の手のひらの2・5倍ぐらいの大きさである。これが飯野山と常山を跨いだ巨人の足だろうか? つま先立ちか?磯野家か?・・いろいろ考えながら下山した。まさに伝説である。

飯野山422m:イメージ5 飯野山422m:イメージ6

-DATA-

タイム:
飯山登山口から約45分
うどん:
なかむら、飯野屋など
駐車場:
トイレ付き(丸亀、坂出の登山口にはない)
地形図:
2万5千分の1「丸亀」

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る