トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 1999年10月トレッキングレポート:トップページ2000年01月 »

平林寺・野火止用水

Nov. 28, 1999 武蔵野の雑木林のおもむきを残す道と、紅葉の美しい古刹

平林寺・野火止用水:イメージ1

新座市野火止は野火止用水が流れ、雑木林や畑が多く、古き良き武蔵野の面影を残し、平林寺は境内のほとんどが雑木林であり、歴史のある建物と紅葉や桜などの取り合わせが見事である。東京からわずかの距離でありながら、田畑や雑木林が残る地域一帯は心を和ませてくれる。平林寺境内は梅や桜に始まり、藤など植えられた花が多く、特に11月のカエデなどの紅葉は、山門や鐘楼との対比が美しい。また広い雑木林は野鳥が多く、野鳥を探しながら歩くグループも多い。新座市付近は武蔵野台地にあたり、水に恵まれていなかったため、江戸時代に川越城主であった松平伊豆守が玉川上水から分水権を得て、1655年に野火止用水を引き、水田や畑の開発を進めたのである。現在も野火止用水には水が通っているが、当時とは異なり玉川上水からの水ではないという。平林寺は1375年の開山で埼玉県岩槻市にあったが、1655年以降に現在地の野火止に移された。

平林寺・野火止用水:イメージ2

新座駅で電車を降り、南側へ出る。すぐに国道254線川越街道に出るので、東南方向の東京方面へ、右側の歩道を歩いていくと、川越街道は野火止用水をまたぐ。野火止用水沿いに道があるので、右へ曲がって、野火止用水に沿って歩いていく。一つ目の道を渡ると、左前は平林寺の700m四方はある境内林である。ここからは砂利の遊歩道になる。ここからしばらくは農家・畑が多く、野菜を玄関先で売っていたりする。野火止用水のこのあたりには、鯉が泳いでいたり、スズメが水浴びに来たりする。平林寺の境内林を左に見ながら、野火止用水沿いを歩いていくと、舗装された道になり、少しふと井道とぶつかるので、左に折れる。平林寺の境内林の縁に沿って歩き、2つ目の信号で、左に曲がるとすぐに平林寺の正門がある。

平林寺・野火止用水:イメージ3

平林寺の正門から境内にはいると、石畳の参道があり、まっすぐ行くと、山門と本堂がある。正門・山門・本堂と直線にならんでいるのは珍しい形式らしい。山門付近や左手の庭のカエデが少し緑の葉を残しながら、オレンジ色や赤に色づいており、歴史を感じさせる建物との対比が美しい。山門の近くには大きな高野槙がある。本堂の右手にはイチョウの大木があり、葉が黄色になっている。イチョウの手前に鐘楼があって、鐘楼とカエデの取り合わせも綺麗だ。本堂の裏手には境内林があって散策路が設定されているので、順路の指示に従って歩くと良いだろう。境内林は主に、コナラ・クヌギ・ヒノキやスギ、アカマツなどで、春にはスミレや桜が咲いている。境内林を歩いたら、総門へ戻る。総門をでて、新座駅まで歩いて戻っても良いし、疲れていたら総門前のバス停より、西武池袋線ひばりヶ丘駅行き、東武線朝霞台駅(JR武蔵野線北朝霞駅)行きのバスがあるので、それに乗っても良い。平林寺総門から新座駅へは、総門を出て左へ境内林に沿って進み、新座警察署交差点で川越街道とぶつかるので左折する。5分ほどで先程歩いてきたところまで来るので、そのまま直進すると、最初に降りた新座駅が右側に見えてくる。

平林寺・野火止用水:イメージ4

野火止用水沿いには、春はスミレ、山吹、夏はアヤメなどが咲く。平林寺境内は春はマンサク・梅に始まり、桜そして藤と咲く花が多く、いつ歩いても楽しめるだろう。一年を通じ、何度も歩いているが、いつも新しい発見がある。東京にこれだけ近いのに自然が多く残っているのは驚くべき事だろう。

-DATA-

場所:
埼玉県新座市
タイム:
計1時間51分 新座駅(12分)川越街道と野火止用水沿いの道の交差点(25分)野火止用水沿いの道の南端(12分)平林寺総門(平林寺の境内・雑木林散策30分)平林寺総門(12分)新座警察署交差点(20分)新座駅
鉄道・バス:
JR武蔵野線新座駅
車:
国道254線(川越街道)を東京から川越方面に向かい、新座警察署交差点左折3分。
(車での訪問はあまりお勧めできない)
駐車場:
平林寺総門前に有(有料)
自動販売機:
野火止用水の沿道にあり、平林寺内には無し
トイレ:
平林寺内に2ヶ所
携帯電話:
通話可
公衆電話:
野火止用水の沿道にあり

秋の武蔵丘陵森林公園

Nov. 20, 1999 紅葉と秋咲きクロッカスの武蔵野の丘を巡る

秋の武蔵丘陵森林公園:イメージ1

武蔵丘陵森林公園は秩父の山に続く丘陵地帯の雑木林をそのまま公園として整備した所である。花壇やモミジを集めた林、運動広場を除いては、武蔵野の雑木林のままの雰囲気である。広さは304ヘクタールで南北の距離は4kmある。遊歩道が園内を巡っており、サイクリングコースも遊歩道と別に作られ、自転車のレンタルも行っている。園内には春の初めの福寿草、梅に始まり、桜、ポピーと花が季節ごとに咲く。今回はカエデの紅葉と、秋咲きのクロッカスの頃の園内を歩くプランを紹介する。北関東の草津・日光や秩父の紅葉が終わってしまい、紅葉前線が南下してきて、この公園の落葉樹が紅葉を始める。

秋の武蔵丘陵森林公園:イメージ2

南口から公園に入る。入口に花の咲く時期も書かれているガイドマップがあるので、もらっていくと良い。まっすぐ歩いていくと左側にカエデが数本あり、赤く色づいている。坂を上って雑木林の中を歩いていくと、左に野草園を巡る道があるのでそちらへ行く。道が分岐しているところには、道標があるのでわかりやすい。秋の遅い時期なので、それほど花は咲いていないが小さな花を見ることが出来る。柵があるところ以外にも、花が咲いているので足元に気を付けよう。少し登って下り始まるあたりは、3月下旬にカタクリの咲く場所である。坂を下って、元の道とぶつかるので、左へ折れてさらに奥に進む。しばらく歩くと中央口に通じる車道をまたぐ橋を渡り、右に行くと中央口との表示があるので、そちらへ行く。中央レストランを過ぎて、中央口へ下りていく途中の斜面に秋咲きクロッカスとサフランが咲いている。紫色が鮮やかな花で、花の少ないこの時期だけに心和むものがある。斜面から中央口の広場を見下ろすと、並木も色付いている。

秋の武蔵丘陵森林公園:イメージ3

中央口広場から噴水の横を通って階段を登り、山田大沼の横を歩いて行く。山田大沼には秋から冬には数千羽のカモなどがシベリアなどより渡ってくる。坂を登ってカエデ見本園へ向かう。カエデを集めた見本園では、それほど高さのないカエデ類がある。赤ん坊の手のような葉が赤く染まっている。黄色の葉もわずかにあるが、ここでは赤くなる葉が多い。カエデ見本園から左側の方へ進むと、紅黄葉樹の見本園があり、カツラ・イチョウなど大きい木が多く、また黄色に色付く木が多い。落ち葉の敷き詰められた遊歩道を歩むのは気持ちがよい。紅葉を楽しんだら、南口へ向かって戻っていこう。帰りは来たときと違う道を歩くと楽しいだろう。

秋の武蔵丘陵森林公園:イメージ4

今回は秋に歩くプランを紹介したが、園内のあちこちにほぼ一年を通じて花が咲き、日本オリエンテーリング委員会公認のオリエンテーリング・コース(南口発、約10km、所要2~3時間)があったり、ディスクゴルフのコースがあったり、運動広場で球技をしたりといろいろな楽しみ方ができる。紅葉の見頃は11月上旬~11月下旬、秋咲きのクロッカスとサフランの見頃は10月下旬~11月中旬である。

-DATA-

場所:
埼玉県比企郡滑川町
タイム:
計2時間25分 南口-野草コース入口:25分 野草コース入口-野草コース出口:20分 野草コース出口-中央口斜面(秋咲きのクロッカス):15分 中央口斜面-カエデ見本園:20分 (帰り)カエデ見本園-中央口斜面:20分 中央口斜面-南口:45分
鉄道・バス:
東武東上線 池袋から急行で約1時間 森林公園駅下車 駅の東口より 公園南口行きバスで約7分 終点下車で武蔵丘陵森林公園の南口に到着
または JR高崎線、新幹線 熊谷駅から 森林公園南口行きバスで約30分 終点下車で武蔵丘陵森林公園の南口に到着
車:
飯能市街から国道299号を秩父方面に約4.5km、台交差点を右折、鹿台橋を渡って右折、駐車場に車を駐めるとすぐ彼岸花群生地
駐車場:
公園南口、中央口が便利、他に西口、北口に有り、駐車可能台数計2200台(有料)
レストラン:
中央口、展望広場にあり
自動販売機:
各入口、公園内の随所にあり
トイレ:
各入口、公園内の随所にあり
携帯電話:
谷状の部分を除き通話可能

ページのトップに戻る