トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 1998年08月トレッキングレポート:トップページ1998年12月 »

エイベル・タズマン・コースト・トラック

Nov.26-29, 1998 パラダイス・ビーチを巡る海岸線トランピング

エイベル・タズマン・コースト・トラック:イメージ1

「ニュージーランド(以下NZ)と日本のトレッキングの違いは?」
良く訊かれる質問だ。思いつくままに挙げても「NZではトレッキングをトランピングと呼ぶ」などという『言葉の違い』に始まり、「ゴミが見当たらない」などの『マナーの違い』、トラックの整備の仕方から垣間見ることの出来る『自然保護観の違い』と、枚挙に暇がない。そんな中でも特に際立って大きな違いの1 つとして、『海岸線トラック』の存在を外すわけにはいかないだろう。言うまでもないが、日本の海岸線は過度に開発が進んでいるか、逆にトラックさえ作れないような場所かのどちらか。よって長い海岸線トラックは望むべくもない。そもそも日本には『海岸をトレッキングする』と言う発想さえないのが現実だ。ところが人口の少ないNZの場合は、そこここに美しい手付かずの海岸線が残されており、長いトランピングを楽しむことの出来るトラックがいくつも存在する。今回ご紹介するトラックは、そうした海岸線トラックの中の最高峰だ。

エイベル・タズマン・コースト・トラック:イメージ2

DOC(NZ自然保護局)はNZのトランピング・コースの中から特に素晴らしいものを9つ選んで『グレート・ウォークス』と名付けている。『トレッキングレポート No.9001』でご紹介した、有名なミルフォード・トラック(以下ミルフォード)がその筆頭。そして今回ご紹介するエイベル・タズマン・コースト・トラック(以下コースト・トラック)もその1つだ。グレート・ウォークス中唯一の海岸線トラックであるこのコースト・トラックは、その名から伺える通り『パドリングレポート No.9001』でご紹介した私の職場エイベル・タズマン国立公園の中にある。

エイベル・タズマン・コースト・トラック:イメージ3

国内最大の観光客数を誇る超人気国立公園ゆえ、コースト・トラックもミルフォード同様、ハット(山小屋)は事前予約制度を採用している。しかしミルフォードが3つのハットを順にまとめてセットで同時予約しなくてはならないのに対し、コースト・トラックの方は宿泊順や宿泊日数などに特に決まりはないので、自由度は比べ物にならないほど高い。しかも主要ビーチを結んで『ウォータータクシー』と呼ばれる定期ボート便が運行しているので、好きな場所だけをつまみ食い的に歩くことが出来るのも、このトラックの美点だ。だから全長自体は51kmとほぼミルフォードと同じなのだが、日程的・体力的な制約が各段に低く、非常にお手頃なのだ。そもそもミルフォード以上にアップダウンの少ない楽チンなトラックだし、日本に比類するもののない海岸線トラック。そういう意味で、ミルフォード以上に日本人向けのトラックだと思うし、人気も今後ますます高まるのではないかと思っている。

エイベル・タズマン・コースト・トラック:イメージ4

さて、このトラックの名物は『パドリングレポート No.9001』でご紹介した『碧の海と黄金の砂浜』だ。碧の水とたわむれ、母なる海の胎動を直に堪能しようとするならばシーカヤックに分があるが、コースト・トラックの高い視点からの眺望も負けず劣らず素晴らしい。丘の上から望む碧のグラデーションの色合いは筆舌に尽くしがたく、やはり水面すれすれのシーカヤックの視点とは全く違う感動を与えてくれる。それはまさに翡翠そのもの。『緑のビロード』のような森と『金の飾り』のようなビーチをアクセントにあしらった巨大な翡翠の美しさには、到底値段のつけようもない。

エイベル・タズマン・コースト・トラック:イメージ5

そしてこのトラックのもう1つの名物が、『タイダル・クロッシング』。前段の『翡翠の眺め』が観て楽しむ名物ならば、こちらは体験して楽しむイヴェントだ。実はこのエリアの海はNZで最大の潮汐差を誇っており、最大時には1日の干満差が4mを超える。それにも関わらず、ほとんど潮流がない。通常こうした海は遠浅の海岸を生み出すのだが、ここも例外ではなく、国立公園内には干潮時に広大な干潟となる遠浅のビーチがいくつかある。もちろん有明海のような泥の干潟ではなく、ここの場合はゴールデン・サンド・ビーチだ。そうしたビーチでは、コースト・トラックは『満潮時ルート』と『干潮時ルート』の2本に分岐する。満潮時には他の部分と同様、海岸沿いの森の中を巡る遠回りルートを歩くことになるが、干潮時には黄金の干潟をショートカットすることが出来るのだ。このショートカットを『タイダル・クロッシング』と呼ぶ。ビーチによるが、タイダル・クロッシングは干潮時の前後2時間ずつの計4時間の間なら可能とされている。しかし脚の短い日本人には実際には干潮時の前後1~1.5時間程度の計2~3時間の間が安全圏だろう。干潟とは言え、川が流れ込んでいたり、低くなっていて海水が完全に引いていない部分があったりするので、時には膝下を濡らしつつ歩くことになる。これが言うに言われぬ快感なのだ。白く輝く無数の貝殻が敷き詰められた黄金のビーチを清冽な水が洗い、不思議な斑紋を水底に映し出す。そこをくるぶしを濡らしつつ歩き、斑紋を掻き乱す。立ち止まって足の裏で砂や貝殻の感触を楽しみ、足の甲を洗う水の冷たさを堪能する。目の前を横切る藍い鳥はキング・フィッシャー、カワセミだ。初めてこのタイダル・クロッシングを体験した時の感動は今でも忘れられないし、ここで仕事をするようになった今も、この広大なビーチを歩くたびに感嘆の溜息をついてしまう。残念ながらこの爽快感を表す言葉を私は知らない。百聞は一見に如かず、ぜひとも1度体験してみていただきたいと思う。

エイベル・タズマン・コースト・トラック:イメージ6

なお、実は公園内には2箇所だけ満潮時ルートが存在しない場所がある。アワロアというタイダル・クロッシング・ビーチと、オネタフティ・ビーチの北の端の幅数mの水路だ。だからこの2つのビーチを行程に含む場合は、『干潮待ち』が必要になる場合がある。事前に潮の時刻は要確認だ。もちろん他のタイダル・クロッシング・ビーチも、満潮時ルートと干潮時ルートでは所要時間が変わって来るし、途中で潮が満ちてくるとシャレにならないので、どちらにしてもこのトラックを歩く際は、事前に潮汐表は確認しなくてはいけない。トレッキングの際に潮汐表を確認するなんて、日本ではなかなか機会のない面白い体験だ。

エイベル・タズマン・コースト・トラック:イメージ7

公園内の宿泊は、前記のハット(計4つ)の他に20以上のキャンプサイトと、民営の民宿が3つある。今回は字数の関係でご紹介できなかったが、今後エイベル・タズマン国立公園内のキャンプサイトは、シリーズで順にご紹介していこうと思っている。乞うご期待。

-DATA-

場所:
・エイベル・タズマン国立公園 - ニュージーランド南島北端付近、タズマン湾に西側にある国内最小国立公園
・エイベル・タズマン・コースト・トラック - 上記国立公園の海岸線を南北に貫くトランピング・コース。全長51km、起伏が少なく、冬でも暖かく安定した気候の、初心者向きの穏やかなトラック。
交通:
○ネルソン - マラハウ間
・自家用車で70分
・バスで1時間半
○国立公園内
・ウォータータクシーと呼ばれる定期ボート便が主要ビーチを結んで毎日運行している
駐車場:
公園南端の村、マラハウのトラック入り口に、DOC管理の無料駐車場あり
トイレ:
国立公園内のビーチにはたいていトイレ付きのキャンプ場が整備されている
宿泊:
・ハット - 4つ。夏季は1泊NZ$14、冬季はNZ$10。夏季は要予約。予約はヴィジター・インフォメーション・センターや宿の受付で可能。その時に予めハットチケットを購入しておく。またはDOCに直接連絡 +64-3-528-9117
・テントサイト - 20箇所以上。1泊NZ$7(通年)。年間を通じて予約不要。ただし1箇所での連泊は2泊まで。キャンプチケットの購入は上記のハットと同様。
・民宿(ロッジ) - 3箇所。ヴィジター・インフォメーション・センターに問い合わせのこと。+64-3-548 2304
カヤック&ウォーク:
シーカヤック・ツアー会社は、カヤッキングとトランピングを組み合わせたツアーを用意している場合が多い。
『エイベル・タズマン・カヤックス』
(私の勤務する国内最古かつ最大の会社)
フリーダイヤル : 0800-527-802
website : http://www.onjix.com/ata/
注意事項:
・ NZのアウトドアにつきもののサンドフライ(ブヨ)はここにも多い。虫除けは必携。
・ 紫外線は日本の数倍。日焼け止め、サングラス、防止も必需品。
・ 本分中に書いた通りタイダル・クロッシングがあるので、予め潮の時刻はきちんとチェックしておくこと。ヴィジター・インフォメーション・センターでも情報は入手可能だし、本屋に行けば『Tide Tables』という本を売っている
(『パドリングレポートNo.9003』参照)
詳細情報:
ライターRyuの個人サイト『Aotearoa Mail』内にリンク集を含む詳細な解説ページがある。
http://www.onjix.com/ryu/
→ 『Abel Tasman National Park』

東山

Nov.11, 1998 京都の東側の坂道と紅葉名所を巡る

東山:イメージ1

京都の鴨川の東の東山区には清水寺や八坂神社など有名な寺社が多く、また紅葉の美しいところである。東山(ひがしやま)とは、もともと京都の東側の川にほど近い南北に連なる低山を指して呼んだ名前である。この山々は東山三十六峰とも呼ばれる。現在では東山は、東山三十六峰と鴨川にはさまれた地域の行政区の名前になっている。京都を訪れる機会が出来たので、学生の時の修学旅行以来の、東山を歩いてみることにした。

東山:イメージ2

京阪本線の五条駅を降りると、すぐそばに鴨川に架かる五条橋が見える。五条橋は武蔵坊弁慶が牛若丸に出会ったと場所として有名である。鴨川沿いの道を五条橋から遠ざかるように少しさかのぼると、小さな公園を過ぎた角で右へ曲がり、松原通りへ入る。京都の町では寺社への道順や通りの名を示した道標が整備されているので道がわかりやすい。松原通りを歩いて、東大路通をまたぎ、登り坂になると清水坂と名前が変わる。おもむきのある土産物屋や清水焼を扱った店を見ながら登っていくと、清水寺(きよみずでら)の仁王門がある。三重塔や有名な清水の舞台が紅葉に彩られて美しい。清水の舞台からは紅葉の向こうに京都市街が広がっているのが見える。広い境内を巡り、清水の舞台を正面から眺めると清水の舞台の高さがよく分かる。

東山:イメージ3

仁王門を出て、清水寺を後にする。先程来た道を戻り、右に下っていく道へ入る。すぐに階段となるこの道は、三年坂(元々は産寧坂)で、陶器の店や甘味処が多く賑わっている。坂を下りていって、右へ曲がり短い階段を降りていく。ここから二年坂になる。突き当たったら左へ行き、すぐ右に曲がる。間もなく右側は高台寺である。このお寺は豊臣秀吉の没後、菩提を弔うために夫人の北政所(寧々)が開山した。境内は広いが、特に臥竜池を囲む庭園は紅葉に彩られて美しい。桃山時代を代表すると言われるだけのことはある。高台寺を後にして、さらに北へ向かう。大雲院にぶつかるところで右へ行き、すぐに道なりに左に曲がると、まもなく円山公園に着く。東西に広い円山公園の木々は紅葉してどこをとっても美しい。華頂山の山すその斜面にある公園なので東の方へ坂を登っていって、振り返るとモミジを見下ろす形となる。坂を下りて戻っていくと、円山公園のほぼ中心に池がある。池のそばに、もう葉を落としてしまった枝垂桜がある。大きな木で、春の花を咲かせるときにはさぞかし見事だろうと思わせてくれる。桜咲く時期の夜は、ライトアップされ、その怪しいまでに美しい”祇園の夜桜”は「さくら名所百選」に選ばれている。西へ行くと八坂神社(やさかじんじゃ)の境内となる。朱塗りの建物が美しい。朱塗りの楼門から出ると、にぎやかな祇園(ぎおん)の街にぽっと出る。楼門からまっすぐ西へのゆるやかな坂(四条通)を下っていくと、鴨川を四条大橋で渡り、まもなく地下を走っている阪急線の河原町駅への階段がある。車で訪れた場合は、八坂神社から出てすぐの祇園バス停から東大路通を南へ行くバスに乗り、清水道バス停で降りて戻ると良いだろう。

東山:イメージ4

今回は時間があまり無かったので、短い散策となったが、八坂神社のすぐ北には知恩院、もう少し北へ足を延ばすと、南禅寺・永観堂と紅葉の美しい寺社が多いので、また訪れたい。春の桜が咲く頃も、清水寺・祇園の夜桜などが美しいと聞くし、冬もおもむきがあるらしいので是非また訪れてみたい。

(写真は上から清水寺、清水の舞台、高台寺の門と紅葉、高台寺の庭園、円山公園の紅葉)

-DATA-

場所:
京都府京都市東山区
タイム:
計2時間20分
京阪本線五条駅(30分)清水寺 清水寺境内散策20分 清水寺(20分)高台寺 高台寺境内散策20分 高台寺(20分)円山公園(10分)八坂神社(20分)阪急京都本線 河原町駅 (休憩時間含まず)
鉄道:
京阪本線 五条駅
車:
名神高速道京都南ICで降り、国道24号を通って北へ向かい、河原道通に入り、国道1号にぶつかる所で右折して国道1号に入る。五条大橋で鴨川を渡り、東山五条交差点から右斜め前方の五条坂を登り、間もなく清水坂駐車場。
駐車場:
清水坂駐車場(清水坂と五条坂の交わる付近)
自動販売機:
周辺に多数あり
トイレ:
駅、各お寺にあり
携帯電話:
全域で通話可
公衆電話:
周辺に多数あり

昇仙峡

Nov. 1, 1998 巨岩と渓谷を彩る紅葉と、美しい南アルプスの眺め

昇仙峡:イメージ1

昇仙峡は「日本観光地百選」の渓谷の部第一位に選ばれている美しい渓谷である。金峰山(きんぷさん)を源流とする荒川が造り出した渓谷で、秩父多摩国立公園の一部をなしている。不思議な形の岩が、渓流に並び、そのほとんどに名前が付けられているのが面白い。昇仙峡で代表的な風景は、高くそびえる覚円峰(がくえんぽう)で、特に紅葉との組み合わせが見事である。また、覚円峰の西側の羅漢寺山の主峰である弥三郎岳へはロープウェイにて楽にアプローチでき、昇仙峡と組み合わせても歩く距離は少なく、首都圏から家族連れでの日帰りトレッキングにお勧めできるコースである。

昇仙峡:イメージ2

今回はまずロープウェイで羅漢寺山へ登り、仙娥滝から昇仙峡の渓谷を川沿いに下っていくことにした。昇仙峡滝上バス停でバスを降り、橋を渡って川の西側を上流方向へ歩いていく。両側に土産物屋が並び、にぎやかだ。まもなく、左側に昇仙峡ロープウェイの駅が見えてくる。ロープウェイには定員があるので少々待つことになる。ここに昇仙峡の案内図があるので、もらっておくとあとで歩くときに役立つ。やっと乗り込み、5分でパノラマ台に到着である。カエデが色付いている。ロープウェイ駅の反対側に出ると、眺めがよい。あまり歩きたくない方は、ここまででも楽しめるだろう。しかし羅漢寺山頂上までは15分だし、それほど急な道ではないので、是非歩いてほしい。標高1058mの羅漢寺山頂上からは富士山、南アルプスや秩父連山が見えるらしいが、私の行ったときは、南アルプスがかすんで見えていた。ここに載せられそうな写真は撮れなかった。

昇仙峡:イメージ3

来た道を戻り、ロープウェイで降りて、土産物が軒を連ねる所を戻っていく。バス停の所を通り過ぎて、水晶やそばを売る土産物屋の間を歩いていき、土産物屋が途切れると、昇仙峡で唯一の滝、仙娥滝(せんがたき)の横に出る。落差30mの滝で豪快な滝だ。ここからが昇仙峡の美しい渓谷をすぐ横に見ながらの歩きになる。滝を過ぎてしばらく階段が続く。ここが一番急な道だ。階段が終わって、昇仙橋を渡ると、巨大な花崗岩に囲まれたトンネルの「石門」を通る。遊歩道が左へ大きくカーブすると、茶店があり、ここが覚円峰を望む場所である。高くそびえる岩が白く見え、岩にへばりつくように松が枝を延ばし、山水画のような景色だ。更に手前の木々は赤く染まり、見事な眺めだ。ここからは川の中にある奇岩と渓流、周りの紅葉や、見事な枝振りの松を眺めながらの歩きになる。”ふぐ石””松茸石”など、なるほどと思わせるネーミングの奇岩がいくつもある。遊歩道を降りていくと、バス通りとぶつかる。バス通りを少し、上流方向へ歩くと、天神森のバス停があるので、バスを待って甲府へ出よう。

昇仙峡:イメージ4

今回は昇仙峡を下りで歩くプランを紹介したが、車を駐めた場所によっては違うプランとなるだろう。昇仙峡滝上に車を駐めたときは、昇仙峡を下りで歩いて、また登ってくるか、バスで天神森から昇仙峡滝上へ戻る。と言ったことになるだろう。また片道を歩くとして、天神森から上へ歩いた方が、足慣らしにはなるし、覚円峰・仙娥滝に出会えたときの感動が大きいかもしれない。昇仙峡は渓谷美がいっそう引き立つ11月上旬から中旬の紅葉の時期が一番のお勧めとなる。紅葉の見頃は毎年の気候により左右されるので、現地に確認して出かけるのが望ましい。また紅葉以外のシーズンでは、春のツツジの頃が良いであろう。

(写真は上より覚円峰、仙娥滝、昇仙峡の奇岩、流れと黄葉、赤く染まる松)

-DATA-

場所:
山梨県甲府市
タイム:
計2時間26分
昇仙峡滝上バス停(8分)仙娥滝駅(ロープウェイ5分)パノラマ台駅(15分)羅漢寺山(15分)パノラマ台駅(ロープウェイ5分)仙娥滝駅(8分)仙娥滝(90分)天神森バス停
鉄道・バス :
中央線甲府駅よりバス昇仙峡行きにて、昇仙峡滝上下車
車:
中央自動車道甲府昭和ICから国道20号、県道経由で、グリーンラインを昇仙峡の標識に従って北上約12km、20分。
駐車場:
昇仙峡滝上バス停近くに無料市営駐車場(150台)、手前の天神森付近にも市営駐車場あり。
但し、紅葉の時期はすぐ満車となり、周辺道路は混雑する。
トイレ:
ロープウェイ乗り場、バス停、渓谷の途中に有り。
自動販売機:
ロープウェイ乗り場、バス停に有り。
公衆電話:
ロープウェイ乗り場、バス停に有り。
携帯電話:
一部を除き通話可。

ページのトップに戻る