トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 1997年08月トレッキングレポート:トップページ1998年04月 »

杉の回廊を歩く

Oct. 26, 1997 秋、快晴、奥多摩の高水三山を縦走

あくまで私見ですが,山歩きに於けるナイスなルートとは,

1.アプローチは列車・バスでお気楽に.

2.入山時とは違うところに下山する.

…ものである,と考えております.車で近くまで行くというのはあまり好きではないです.理由は二つ程ありまして,一つはスケジュールが安定しない(都会は渋滞だらけなもんで)のと,移動中はゆっくり休みたいからであります.

なもんで,小生は移動中とにかく寝ます.目が醒めたらもう国分寺でした.

立川で青梅線に乗り換えて軍畑(いくさばた)まで乗ります.一眠りしたらあっという間(の,ように感じるだけですが…)です.

今回は奥多摩の高水三山である高水山,岩茸石山,惣岳山を歩きました.えらく凄そうな感じがしますが,三峰とも標高は七百余りしかありません.

軍畑はひっそりとした小さい駅です.休日のみ駅員がいるようです.駅前に小さな商店があったのでビールを一缶買い求めました.実は山にビールを持って登るのは初めてなんですが,大丈夫かな(苦笑).

杉の回廊を歩く:イメージ1 杉の回廊を歩く:イメージ2

軍畑駅前からスタートです.少し青梅寄りに歩くと踏み切りがあるのでそこを渡ります.道なりに歩くと三叉路がありますんでそこは平溝通り方面に進みます.舗装路をてくてく歩くと高水山と大沢への分岐を書いた道標が進路左にありますんでここは高水山方面に歩を進めます.

舗装路の終点になるとようやく高水山登山口の看板が見えてきます.登山口からいきなり木の階段(これって苦手なんですよ,トホホ)です.結構きついですが砂防ダムの横を抜けるといくぶん緩やかになります.高水山頂までのルートは初っ端が一番きつかったですね.

道の両側はひたすら杉林なのでほとんどが日影です.天気予報で寒波が来ると聞いていたので寒さは覚悟していましたがそんなには寒くなかったですね.むしろ山歩きには丁度よいお天気でした.

杉の回廊を歩く:イメージ3

道標は至る所にありますし,山道も比較的広いので迷う確率は少ないでしょう.ベンチが多いのはもしや……の気配であるがファミリー向けルートなんでよしとしましょう.

九合目の石標を越えると高水山不動尊に着きます.水洗い場や鐘を備えた立派な社です.境内ではジュースも売ってました.一応,トイレもあります.社の裏に廻ると高水山頂まではもうすぐです.途中,カメラの電池切れでモタモタしてたんですがそれでも一時間ちょっとで着きました.

高水山頂には無愛想なアンテナが建ってまして,その上展望もさほど望めない,味気ないところでした.ま,当初から岩茸石山で休憩と決めていたのでさっさと先に進むことにします.山頂からしばらく行ったところで,「激」な下りがあります.気休め的なワイヤロープもありますがあまりアテにしないでゆっくりと下るようにしましょう.

激下りのあとはしばしなだらかな山道が続きます.家族連れや初心者にはとてもナイスなルートではないでしょうか.岩茸石山のちょっと手前で少しばかりの登りがありますが程なく頂上に着きます.

杉の回廊を歩く:イメージ4

岩茸石山山頂はさほど広くはないですが北側にそびえる棒ノ折山を始めとした秩父の山々がよく見えます.予定通り昼食にしました.ひときしり飯を食った後,ビールをあけますが,うぅむ…ちょっと変な感じです.私見ですがビールって一仕事済んでからの方がいいみたいですね.やはり山頂は暖も取るのも必要なのでコーヒー・紅茶がいいですね.

しばしの休みの後,今度は惣岳山を目指します.途中,パッと展望が開けるところがありますが他は杉林をひたすら通り抜ける事になります.見ようによっては結構な山道です.道幅の広い,平らな山道の両側はすらりと伸びた杉林,杉の回廊であります.

途中,「道悪し 通行注意」の看板があります.そこからは確かにちょっとした登りですが,むしろ逆方向から来る(下る)方が危なそうなので上の方に置いておいた方がいいような気がします.ともかく,ここを登りきれば惣岳山に着きます.

広いピークですが杉林に囲まれているので展望はほとんどありません.ピークの真ん中に青渭神社が建っています.そこから少し下ると「井戸窪」なる水場がありましたが水は涸れていました.

惣岳山から先も緩やかな下りが続きます.とても歩きやすいです.まぁ,下りですから時折それなりに下りますし小生の嫌いな木の階段もありますが幅も広いですし,何とかなるでしょう.

遠見の山桜(檜の看板に皇太子殿下夫妻ご来訪とある.そうであったか),御神木・千本桜,幾つかの送電線,そして砂防壁が見えれば程なくして登山口に下り着きます.畑の横を通るとあっという間に踏み切りです.踏み切りを越えると奥多摩方面に細い路地(ちょっと判り難い)があるのでそこを下りれば御岳駅です.

このルートはゆっくり歩いても四時間あれば踏破できるでしょうから,気楽に歩くには結構いいと思いますよ.道標も不必要じゃないかと思うほど沢山ありますんで安心できますがそれでも迷わないとは言い切れませんので地図は必ず持って登るようにしましょう.

-DATA-

参考文献:
山と渓谷社 "2時間登頂の山" ISBN4-635-00480-5
昭文社 "エアリアマップ24 奥多摩" ISBN4-398-75024-X
標準時間(括弧内は逆走の場合です):
・軍畑駅から高水山まで 90分(70分)
・高水山から岩茸石山まで 35分(35分)
・岩茸石山から惣岳山まで 40分(40分)
・惣岳山から御岳駅まで 60分(90分)
商店:
軍畑駅前にあり.高水山山頂付近の高水山不動尊にもある
御岳駅は奥多摩では比較的大きな駅であるので商店には困らない(と,思います).
そのほか
エアリアマップには載っていない脇道が沢山あるので地図と道標はよく見て歩くようにしましょう.

石鎚山紅葉を愛でる

Oct. 20, 1997 家族と一緒にちょっとハードな紅葉狩り。

両親を連れて、約四半世紀ぶりに石鎚山に登ってきました。前回は僕は「保育園児」だったので記憶は断片だけです。今回は土小屋から紅葉を楽しみながら登ります。まずは失敗!頂上で朝日をと前夜から出発したんですが、無料になった石鎚スカイラインが今でも夜間閉鎖なのを知らずに、結局ゲートの前で朝の7時まで待ちぼうけ。結果的には寝ることが出来てこのあとの展開が楽になったんですが、ロスは大きい。登りはじめたのは7時半でした。(ゲートは18: 00~7:00迄閉鎖)

石鎚山紅葉を愛でる:イメージ1

土小屋の駐車場を出発。達者な母を先に行かせては父がばてると思い、僕が先頭でペースメーカーを担当。ゆっくり登ります。最初こそ急登がありますが、尾根に出てからは多少のアップダウンはあるものの楽な展望ルート。瓶ヶ森方面の紅葉が見事です。前方には山頂が見えてきます。

石鎚山紅葉を愛でる:イメージ2

途中二度休憩を取りながら二の鎖小屋へ到着。ここからは石鎚名物の鎖場です。僕と父は問題無いんですが、母はちょっと心配。が、負けん気の強い母は「行くで!」と張り切っている。「途中でおりるゆうてもおりれんのやぞ」と釘をさすが余裕顔。平地でへばりぎみの父ががぜん力強く登っていきます。僕も登り出すが、けっこうキツイのがわかります。ハングする部分もあったり。ふりかえると母の眉間にしわがよっている。「大丈夫?」「んー」かなり後悔しているようだが、意地で登ってきています。結局二の鎖は無事通過。三の鎖はさすがの母もあきらめて、迂回ルートへ。この三の鎖はけっこうなものです。すいていて良かった。

石鎚山紅葉を愛でる:イメージ3

鎖をすぎるとそこがほぼ山頂。祠があります。荷物をデポして山頂へ。しばし山頂でくつろいだあと、祠のある頂上広場へ戻ります。ここでビールで乾杯。歳を取ってもペースさえ守れば楽に登れると、両親は実感したようです。それにしても、25年前に、僕を背負って三の鎖を登って下りた父にはあらためて尊敬しました。

西穂高岳

Oct. 12/13, 1997 西穂高岳雪見紅葉登山

名古屋在住の知り合いがメールを送ってきた。「××@名古屋です。紅葉がきれいな北アルプスに連れていって下さい。」なんで香川に住んでいる僕が、名古屋の人をエスコートするんや?と憤慨しながらも思いつきの提案に弱い僕は出かけることにしました。

まずは名古屋に行かないといかん。みなさんもよく使うだろう、ジャンボフェリーを利用することにします。これは夜だと寝ながら行けるので時間の節約になります。また、体力的にも楽な上に、高速は結局高くつくのでお薦めです。結局僕は、寄り道しながら、土曜の22時に名古屋に着きました。で、ここから夜中を走って国道41号をひたすら北上。高山経由で新穂高温泉の駐車場に着いたのは午前3:00頃でした。

紅葉の季節の新穂高ロープーウェーは恐ろしいほど込みます。待ち時間が1時間以上はざらです。というわけで、朝一乗車を狙います。乗り場に行くと、山頂駅の気温が書いてあります。「-5℃」ひえ~。防寒は完璧ですが、香川でいまだに半袖でうろうろしている僕には衝撃的です。

西穂高岳:イメージ1

で、西穂高口駅に到着。途中の紅葉は見事です。そのうち雪景色も重なり、まさに今しか味わえない「緑、赤、白」の三段紅葉を満喫です。しかし、標高 2,100mの駅の外を見るとまさにブリザード。僕には経験ないほどの吹雪です。宿泊予定の西穂高山荘までは約1時間半。我々探検隊は白い悪魔の中、凍った道を歩きはじめたのでした。

歩きはじめてすぐに登山道に入ります。もう観光客はいない。観光客といっても山頂駅に来た次のロープーウェーで帰っていってます。これに2,800円はさすがにもったいないなぁ。僕たちは原生林の残る雪道を慎重に歩いていきます。30分ぐらい歩いた所からは急登が続く。チョコを食べ食べ登ります。林の向こうにかわいいログの山小屋が見えてきました。到着到着。それにしても寒い!

西穂高岳:イメージ2

宿泊予定者は少ないようです。まずは昼ご飯。冷えた体を「山菜うどん」で温めます。これが800円。食後のコーヒーは自分で入れます。無料。宿泊は朝晩の食事付きで8,800円。意見は分かれるが一つの布団に一人で寝られれば、僕は安いと思うんですが。込む時は五人で、二つの布団という時もあるです。注意書きには「横を向いた方が寝やすいです。」とあります。

昼からは昼寝。ただ、無茶苦茶寒い。部屋の窓が凍っています。見ているときれいですが、冷蔵庫の中で寝てるようなものです。夕方になればストーブに火がつくそうです。耐えて寝ることにしました。が、すぐ起きてしまいました。ロビー(入り口)に降りていくとストーブが燃えています。猫のように周りに座って体を温めます。そのうち、周りで寝はじめます。ここの山荘の素晴らしい点はいろいろありますが、ひとつには図書の充実。多少マニアックとの感想もありますが、つぼを突いた漫画と読み物がたくさんあるんです。僕は梅図かずおの「赤ん坊少女」(たまみというやつね)と永井豪の「マジンガーZ」の原作を読破しました。

漫画を読んでるうちに夕飯に。ここの食事は美味いとの評判。チキンカツでした。味噌汁もおかずもごはんもすこぶる美味い。お櫃ごとおかわりしました。ワインもビールもすすむ夕食です。

翌日は朝一で西穂高独標へ。極寒。雪は新雪で昨日より歩きやすです。暴風に耐えながらパノラマの景色を満喫して山荘へ。朝食も美味い。帰りは込むこともなく、紅葉を愛でながら新穂高温泉へ。ここのアルプス浴場という村営の無料の温泉に入って、のんびりムードで名古屋に向かいました。

香川からだと

「夜出発→午前中着→山荘泊→早朝登頂→午前下山→深夜のジャンボフェリー→朝高松着」

という行程なら充分楽しめると思います。ただ、運転手は2人以上ほしいですね。さらに気軽にという方には、中央アルプスの「木曽駒ヶ岳」が同じようにロープーウェーなので楽に登れます。ただ、こっちは雪崩の巣が近いため現地にて充分な情報収集が必要です。

-DATA-

場所:
長野県南安曇郡穂高町大字穂高

ページのトップに戻る