トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 1997年07月トレッキングレポート:トップページ1997年10月 »

谷川岳平標山縦走

Aug. 23-24, 1997 晴れた空の下、手に食パン。幸せな時間。

谷川岳平標山縦走:イメージ0

もう夏もおわり... 毎年一度は泊まりで山に入るように心掛けておる小生ですが,今年は何処に行こうか迷っておりました.すると,勤務先に生息する謎の和猿・T氏が今まで一度も行った事がないのでこの機会に一時里帰りがしたい(注:これは作りネタです)と申し出,そんなに望むならと承諾.今回はにわかガイドとして山に入ることになりました.当初は北アルプスの秘境・高天が原温泉に行ってお猿と一緒に♪ババンババンバンバン... と,やってみたかったのであるが,東京からじゃアプローチが遠いし(富山まで行かないといけない)日程が長すぎるというので止めました.比較的近場の,二泊くらいのルートはないものか... となにげにエアリアマップを見ておると谷川に良さそうなコースを見つけました.これが今回行った谷川~平標コースであります.

8月23日,上野発の一番列車に乗り込み,途中高崎で乗り換えて水上でロープウェイ土合口行きバスに乗ります.JR土合からロープウェイ土合口まで歩くのも一つのテですが,東京方面から来る場合は水上からバスに乗ったほうが無難です.何故なら,土合の下りホームは地上に出るのに10分はかかる(らしいです ^^;)という有名な地下駅だからです.で,ロープウェイ(と,言うよりはスキーゴンドラ)なんですが,予想に反してガラガラでした.和猿・T氏とゴンドラ1台を占領して天神平まで約10分,着いたら9時をまわっておりました.二人乗りリフトに乗って更に上の天神峠まで行くことも出来ますが,我々は見向きもせずに山道を歩き始めます.09:15 のことでした.

熊穴沢ノ頭避難小屋までの山道は殆ど木板で整備されてまして,とても楽チンです.小屋から先はようやく本来の山道になりますが,とにかく人が多いのには参りました.決して広くはない山道に鈴なりに人が並んでいます.上りでかつこの人出なのでルートを間違えることはないでしょうけど,こんな状態は谷川岳山頂まで続きます.かなり厄介でありました.

 肩の小屋には 11:50 に到着しました.時間の関係でしょうか,かなりの人数がランチを食しておりました.周りはガスがたちこめて少しばかり寒いです.谷川山頂は歩いてすぐなので,我々は小屋に荷物を置いて山頂まで行くことにしましたが,山頂もガスでした(当たり前ですね).ここでもランチを食する人達でごった返しております.山頂での記念写真撮影が順番待ちになるくらいでして,これじゃぁ長居したくないし,どのみち長居出来ないので写真を撮ったらさっさと戻ってランチです.

ランチは当然,潰した食パンとおかず少々です.Nuts のM氏の如くビールで一眠りは出来ません.隣のおにぎり,隣のカップラーメンが実に美味そうでした.

 肩の小屋には 12:50 に出発しました.ここからはいきなりさみしい山道になります.山道は細く,笹に隠れて見えない部分も多いのでこのルートを訪れる人は本当に少ないのでしょう.実際歩いてみると判りますが,すぐに3つばかり理由が思い付きます:

避難小屋ばかりなので小屋に頼る山行が出来ない(食糧・シュラフは当然,持参です)

水場が一つしかない.それも稜線からかなり下った所(往復20分は掛かります)にある.厄介なことにいつも水が出るとは限らない(近くに大障子ノ頭避難小屋があるが,無人なので事前に確認する方法は皆無です)

全般的にコース(稜線)がかなり痩せている.特に,肩の小屋からオジカ沢の頭避難小屋まではヤセ尾根の岩場でかなり危ない.

谷川岳平標山縦走:イメージ1

特に一番最後が初心者や家族連れを寄せ付けない大きな理由になると思います.当日はガスに加えて少々キツめの風が吹いていたので余計に恐かったです.オジカ沢の頭避難小屋(おむすび型をした典型的避難小屋)を経由して大障子ノ頭避難小屋(ブリキを張り合わせただけの,窓のない小屋)に着きました。しばしの休みの後,水を汲みに行きましたが,これが冷たくて美味い!食事はレトルトなんですけどね(苦笑).でも,持参した Jack Daniel's を天然水で割って乾杯しました.うぅん,グッドです.その後,和猿・T氏は山が奇麗なんで外に行ってきまぁ~すといって長いこと帰ってきませんでした.そのうち,4人のパーティがやってきました.今夜は9人でこの小屋を使うことになります.私は Jack Daniel's ですっかり酔ってしまい.昼寝を始めました.気が付けばもう夕方です.他の方は全員,見晴らしのいい所へ行って夕日を拝んでおりました.私は一人,小屋から赤い空を見つめるのみでありました.


谷川岳平標山縦走:イメージ2

和猿・T氏もようやく帰還してしばし談笑するのでありますが,氏は相当イッておる様でして,「奇麗ですねぇ~」を連発する有様.小生も思えば山に入り出した当初はそんな感慨を持っておったのかなぁ... と苦笑する事しきり(すっかりスリ切れてます).ま,天気が悪いわけでもないから上出来ですな.しばらくして,暗くなったので星を見に小屋を出ました.越後湯沢の街明かりには多少,邪魔をされますがそれでも天の川まで見えます.時折,南から雷の閃光が見えます.北関東名物の夕立なのでしょう.これならば(湿気がある程度落ちる)明日は結構いい天気かもしれませんね.その日の夜は8時就寝.寒いので合羽を着用して寝ました(夏でも山ではかなり冷えます.毛織のセータ(最近はフリースもありますが使ったことないので判りません)は必需品です)

 8月24日、"早寝・早起・早便・早出・早着" は山の基本的サイクルです. 和猿・T氏にこの話をすると当初は "ホンマかよぉ" といった顔をしておったがこれは鉄則です.実際,夏山では日の出前後が一番歩きやすいのではないでしょうか.他の登山客と同じく,03:00 に起床しました.朝食は "すぐ出来る" 雑炊と "とにかく早い" インスタント味噌汁です.本当は 04:00 に小屋を出たかったのでありますがチンタラしたので結局 04:45 に小屋を出ました.

 昨晩,雷が落ちたのが功を奏したのか,今日はとてもよい天気です.良い具合のそよ風もあって至極快適な稜線歩きを堪能しました.途中,日の出がみたいという和猿の要求を素直に受け入れまして一回休み.土樽分岐に着いたのが 06:15 です.30m 程離れた所が万太郎山の頂上になります.この辺の行程はどこ歩いても素晴らしい風景です.尾根筋が細いのでひたすら稜線を歩かされるのは一寸辛いですが,その分微風が気持ちよい.登山客も少ないしここ暫くなかった快適山歩きです.

 07:00 に仙ノ倉避難小屋(96年に立て替えたばかりの綺麗な小屋.水場はありません.おむすび型の典型的避難小屋です)に到着し,ここで和猿の要望によりコーヒを立てちゃいました.すっかりハイキング気分です.ゆっくり歩こうや.途中一回の休憩を挟んだ後,09:15 にエビス大黒ノ頭に到着です.結構狭いピークでしたがここでランチを食する事にしました.メニューは昨日と同じく,つぶれた食パンとキュウリ,シーチキンなどです.ぼちぼちと食して 09:50 に出発しました.10:15 に仙ノ倉避難小屋に到着しました.えぇと,この小屋ですが,かなりキテます.でっかいドラム缶を横にしただけの,サビだらけのカプセル小屋です.どう頑張っても4人が限度ではないでしょうか.ここの小屋はあまり当てにしないほうがいいですね.

 仙ノ倉山には 11:05 に到着しました.ここは谷川程ではないにせよ登山客が結構いました.エアリアに書いてあった通り,360度の大展望ですが,私は上信越の山々をあまり知りません.ここではあの尖がったのがナントカ山で…… 等とウンチクをたれることは出来ません.三角点は大丈夫でしたが,羅針盤は壊れていました.ここでは1時間以上の長トン(注:長い休憩のこと)をしました.和猿・T氏は昼寝を始めましたが,私はどうも昼寝をする気になれません.午前中にはなかった雲が出てきて,谷川が見えなくなったからです.どうやら午前中は天気が良すぎたみたいですね.

 実は,ここでルートの変更をしています.当初は平標山の家という有人小屋に泊って,次の日は下るだけにしようと思っておったのですが,バス時刻に間に合いそうなので一気に下りることにしました.私は次の日に平標山でご来光を拝んでから帰ろうと思ったのですが,和猿・T氏が下りちゃいましょうと,またもワガママを言い出すのでそれに同意した次第.12:30 に仙ノ倉頂上を出発しました.ここから先の山道は広くて,沢山の人が歩いておるのがよく判ります.尾根筋もこれまでとは打って変わって広く,のんべんだらりとした風貌になります.少し厳し目のハイキング道といったら言い過ぎでしょうか.我々の巨大アタックを見てどこから来たんやと聞かれる方が多くいましたので,そう思った次第です.

平標山に着いたのは 13:05 です.腹が減った小生はここで2度目のランチを食しました.余りものの食パンとチョコ・ゼリーを少々.平標のピークも仙ノ倉と同じく,結構広くて展望の良い所でした.多少なりともカロリーを補給して,13:40 に出発です.ここからは下り一筋.途中ガレ場の急坂がありますが無理して足を挫かないようにしたい所.ですが小生,情けないことに右膝が痛くなってしまいました.登りは痛くないのですが下りはスムースに右足が出ません.それでも 14:40 に松手山山頂に到着しました.ここのピークはかなり暑いので早々に出て行きました.ここを過ぎれば平標登山口ま1時間強です.

 途中日陰で休憩しつつ,16:10 に平標登山口に到着.バス停までは数分で着いちゃいます.16:56 発のバス(始発ではないです)で越後湯沢まで行きました.で,越後湯沢から在来線で帰ろうと思ったら水上行きは 17:56 でおしまいなのにはガックリしちゃいました.岐阜羽島や相生でもこんなことはないぞ.ま,水上~越後湯沢間はいかにも乗客がいなさそうだから仕様がないのでしょうか.途中の土樽・土合から乗車する場合は注意が必要です.

 仕方なく新幹線に乗る(新幹線は 22:00 を過ぎてもあります)ことにして,近所の温泉に入る事にします.温泉は越後湯沢駅からそう遠くない所にあります.入浴料は 300円/大人 です.温泉街の入浴料にしては安いと思ったら案の定,公営でした.ただ,登山客は管理人にことごとく嫌われるようです.露骨にイヤな顔をしつつ,

「リュックを持って入るのは止めてくれ」とおっしゃる.

「では,どこに置けばいいんですか」

「そこの待合室にある,机の下に置いてくれ.山の人は荷物ばらして場所占領するし,風呂場が汚れるからなぁ」

「荷物が置き引きにならないように見てもらえますか」

「そんなことは我々には関係ないですよ.ここは地元の人に使ってもらうための温泉ですから迷惑のならないようにして下さい」

マナーの悪い客もおるからその言い草もある程度は仕方ないが,小生はまだ地元の方に迷惑をかけたつもりはないぞ.迷惑をかけないのはどこに行っても同じことです.別にここだけが特別な所ではないはずです.何より気に食わないのは「ここは地元の人の為の温泉」という言い方である.駅前という立地から考えても観光客の相当な利用を考えておるはずだ.温泉オープン時には「これで観光の起爆剤に」といった論調で地元紙に載ったと思うのであるが……

文句はこのくらいにして風呂に入るのであるが,広さは一般的な銭湯と変わりません.温泉特有の硫黄臭はあまり感じません.もっとも,我々の方が臭いんですけど(苦笑)

屋島洞窟

Aug.17, 1997 神秘的な光景に我を忘れる

昨年晩秋に洞窟のレポートを書こうと、一人で向かったのだが、結局入り口付近で恐くなって帰ってしまった。で、今回残暑厳しい中、ちょっとでも涼んでこようと思いKさんを誘って出かけることにした。

屋島洞窟:イメージ1

屋島の長崎の鼻までは、車で順調に到着。瀬戸の島々も濃い緑で美しい眺めだ。登山道を汗だくで約15分登る。秋と違ってけっこう草深い。関西出身のKさんはしきりに、「香川はクモが多いぞ」と言う。気にしてなかったがそうなのだろうか?確かに学生時代に京都の北山の低い山々を歩いていた時はクモの巣で悩むことはなかったが、香川では、小学生の冒険時代もそして今もクモの巣を避けながら歩いている気がする。やっと洞窟付近に到着。入り口近くで大学生グループらしいのと遭遇。3対3のグループ交際だ。ペアで一つの懐中電灯を持ってバラバラに洞窟を探検していた模様。なんともうらやましい。こっちは暑苦しい男二人である。Kさんに「あんなのうらやましいですね。もうああいう時代は戻ってこんのですかね?」というと「女の子とペアにされても、こっちが恐いから遠慮するわぁ」とのこと。まぁ僕もあんまり自信はない。

屋島洞窟:イメージ2

さて洞窟。大きく4つの入り口があるが、登山道から入りやすいのは向かって左の2つの穴。後の2つの入り口は少し崖状の部分を登った所になる。とはいえ全部中で繋がっている。一番左から入る。懐中電灯をつけて潜入・・。バシャッ。いきなり水溜まりにはまる。ジーンズがびしょびしょだ。気を取り直し奥へ。まっくら。壁にいくつか落書きがある。僕の母校の高校の名前入りの頭の悪そうな落書きを発見。こういう場所では卑猥な落書きが多い。けしからん。他にムンクの叫びのような、「驚かしてやる」的な落書きもある。正直、ちょっとドキッとした。小部屋を確認しながら入り口付近に戻り、次の穴へ。けっこう奥行きがある。アップダウンもある。床部分はゴロ石が多く、まさにガレ場。しっかりした靴でないと捻挫などの危険がある。サンダルなどは危ない。そして次の穴へ。この辺まで来ると落書きなども無くなる。しかし生物は確認されない。メクラエビとかおらんかな?と水溜まりもじっくり探すが反応ゼロ。あきらめて最後の穴に入った時、目の前を「びっくり」という感じで逃げていった物体が!

屋島洞窟:イメージ3

コウモリである。ユビナガコウモリだろうか。後を追って奥へ進む。しだいに声がしてくる。外のセミの声とは明らかに違う「ニーニー」という声が大きくなってくる。とても不気味。壁面に矢印があり誘導してくれてるようだ。トラップに注意しながら進む(そんなのはないけどね)。最奥部付近に着く。ホール状の所で、真ん中に石柱がある。その周辺をバタバタとコウモリが飛び回っている。危ない!頭のそばを飛んでいった。しゃがんでしばらく観察。床に糞だまりを探したが良く分からない。日没が近いのでもう大半は起きているのだろうか。僕たちはしばらく時間を忘れてみとれた。

-DATA-

場所:
香川県高松市屋島東町
交通:
バス、高松から屋島少年自然の家行き終点下車15分
食事:
国道11号沿いに、中華のおいしい「椿亭」
トイレ:
トイレは北嶺を登り切ったところまでありません。洞窟から15分強。

剣山'97 キレンゲショウマ

Aug. 2, 1997 野の花を求めて。

四国第二の高峰、西日本でも同じく石鎚山についで二番目の高さを誇る、徳島の剣山には、キレンゲショウマという希少種の花がある。開花時期は7月の下旬から8月中旬なのだが見頃となるとさらに限られてくる。ナッツのお客さんのIさんとこの花を見に行った。

剣山'97 キレンゲショウマ:イメージ1

剣山には車でアプローチ。貞光経由の県道がこの2、3日の大雨で通行止めになっていたので穴吹川を登るルートで木屋平村経由で見ノ越へ。今回は小学生のKちゃんが参加していたので、登りはリフトを利用することにした。リフトを使わなければ西島まで約1時間の距離なので40~50分の短縮となる。この日の天候は太平洋高気圧に覆われて夏型の晴天であったが、中腹の西島に着くと、ガスが出ていて雨が降りそうな風が吹いている。Iさんは若い頃三嶺から剣山まで何度か縦走しているベテランだ。当時はマイカーが奥まで入れなかったので、アプローチが長い徒歩となり大変だったとの話を聞く。リフトを降りた所に剣山で見られる主だった高山植物を植えているので見ておくとよい。ただ、目的のキレンゲショウマは無い。(実はリフトに乗っている途中の13番柱の下り側に一株ある。リフト関係の人が植えたもよう)

今回は刃掛の松から行場、一の森を経て山頂に向かう。えっ?どこかで見たルートですって?そうです、「山と渓谷6月号」のルートです。先達はあらまほしきかな、というやつ。まずは行場へ向かう。途中、紫のクガイソウや、ツルギハナウドが賑やかに咲いている。黄色いのはメタカラコウだ。雌宝香と書く。根っこのそばが芳香剤のような香りらしい。刀掛の松を過ぎた辺りからシコクフウロのピンク色が群生しはじめる。剣山独特のアザミ、トゲアザミも点々と目に付く。ルートは徐々に標高を下げていき、やがて行場へ。一の森へ下りはじめた所から目的のキレンゲショウマが現われる。背丈は1mぐらいだろうか。黄色い蕾が三個単位ぐらいでついていて、大きな野草であるのに可憐な感じがする。咲いているのもある。ラッパのような薄黄色、クリーム色の美しい花だ。近づいて写真を撮りたいが、貴重な群落。トレイルをはずれてはいけない。だが、ベストショット狙いなら、行場の鎖場の脇がいいだろう。かなり間近で観察できる。

剣山'97 キレンゲショウマ:イメージ2 剣山'97 キレンゲショウマ:イメージ3 剣山'97 キレンゲショウマ:イメージ4 剣山'97 キレンゲショウマ:イメージ5

キレンゲショウマを堪能して、滝を見ながら一の森へ。一の森ヒュッテで休憩する。多少雨が落ちてきたが雨具を出すほどではない。一の森の山頂へ向かう。ここから剣山山頂までは快適な縦走ルートだ。笹原の中を気分よく歩く。ガスが出て眺めが今一つなのは残念だが吹く風は心地よい。3つ丘を越え、目の前に木道が見えてきた。山頂広場だ。付近を見ると、タカネオトギリ、コモノギク、ヒメフウロ、シコクフウロのお花畑だ。写真を撮って山頂へ。団体さんも多い。ガスが取れてきた。晴れ間ものぞくようになった。一行は昼食に。Iさんが自宅でとれたキュウリの即席漬けをごちそうしてくれる。ビニール袋に塩とキュウリを入れただけだが、疲れた体には無茶苦茶おいしい。今日はビールは我慢することにした。少し昼寝をして、温泉目指して山を下ることにした。途中、山頂直下の御神水を汲む。Kちゃんはお父さんの水割り用にお土産にするとのこと。

-DATA-

場所:
徳島県東祖谷山村、一宇村、木屋平村
食事:
頂上でもそんなに高くない。定食系がお薦め。
ビール:
見ノ越、頂上ヒュッテにあるがそれなりの値段
温泉:
一宇村の村営岩戸荘がベスト。貞光方面。0883-67-2826
地形図:
2万5千分の1「剣山」

ページのトップに戻る