トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 1997年04月トレッキングレポート:トップページ1997年06月 »

上佐山255.7m

May.18, 1997 上佐山には登れない?

トレッキングレポートのラインナップの中で、比較的近所にある上佐山が、なぜか登り残しになっていました。登らなかった明確な理由はなかったものの上佐山に関する情報があまりに乏しく、どこから登るかという基本的なことについても分からないため後回しになっていたというところでしょう。さて、登ると決めた以上知り合いなどにこの山について聞いてみると、高松市池田町の児童公園の横の尾根道から登れるらしいという情報を入手しました。ナッツメンバーの1人がこのルートをたどって挑戦したところ道は1キロほど行って行き止まり、怪しい祠が祭られているだけで皆目登山道らしきものは見当たらなかったということでした。上佐山ほどの山に登山道が無いはずはない。そこで私が勘をたよりに頂上を目指そうと心に決めて児童公園に向かったのでした。

児童公園はコトデン西植田線、池田バス停の傍に有ります。この北側の細道をてくてく歩いていくと何軒かの民家の横をとおり抜けます。一人の農作業をしているおじいちゃんに上佐山の登りかたを聞いてみると…。「上佐山の登山道はあんまり皆が登らんけん、つぶれてないで」と言われてしまいました。地元の方がつぶれとるというくらいなのでこれは薮こぎ直登しかないかと覚悟し、それなら装備をして再度挑戦しようか思案していると、おじいちゃんが一言、「正月には青年団がどっかからのぼっとるけん、あの辺りの尾根から登ってんまい。」とアドバイスともよけい混乱する怪情報とも取れる言葉をはいて去っていったのでした。

上佐山255.7m:イメージ1

おじいちゃんの言った尾根に行ってみるとまったくの薮。ちょっと人の入った気配がある道はあるものの獣道以下で、とても青年団が登ったとは思えません。青年団が2人というのなら分からんこともないのですけれども…。ここは違うなと判断し尾根道をさらに進むと車の入れそうな道が上に向かってついています。これを登っていくと10分位で道が途切れてしまいました。途中まで登ったので引き返すのももったいない気がして、もう適当という気持ちも半分あって直登道無しルート作戦です。上佐山の植生は植林がほとんど無く、落葉広葉樹が中心です。特にクヌギの木が多く下は落ち葉でいっぱい。極めて滑りやすく歩き難いといった具合でとても直登はお薦め出来ません。転落しそうな急斜面に悪戦苦闘すること10分。昔の登山道らしき細道に行き当たり、何とか一息つく事が出来ました。ホッとしていると上の方から落ち葉をかき分けるザッザッという音がするではありませんか。身を引き締めて音のする方を凝視しかつ耳をすませていると少なくとも人間以上の物体が道でない林の中を移動しているのは間違い無いといった感覚です。山中でもここはおじいちゃんも言ったとおり登る人もなく寂れきっているし、現に今、自分の立っている付近も自分以外の何かが通った跡は確認できません。では何が山中をうごめいているのでしょうか。

上佐山255.7m:イメージ2

大袈裟に書きましたが、実は人がいたんです。しかもまともすぎるくらいまともな学者さんでした。「こんなところで何をしているのですかと」お互い質問をするとその学者さんが言うには、この山はその昔、源平の頃までさかのぼると王佐山城というのが頂にあって、かなり大掛かりな土木工事によって山の形さえ変えられている、その調査をしているとのとの説明でした。そしてここが堀でここが櫓がと細かく説明してくれました。しかし悲しいかな素人にはさっぱり分かりませんでした。この学者さんは滋賀県から来たそうで遠くから来るほど値打ちがある王佐山城なんだそうです。

学者さんは別の道無き道から来たそうで彼に聞くと頂上まではもう10分くらいだそうです。ここからはかなり道も登山道らしくなり、何とか頂上に辿り着くことが出来ました。上佐山、255.7メートル。その頂上は、クヌギの木に覆われ、草の生えた、社が一つあるだけの見通しの悪いさびしい頂上でした。その昔、クヌギが無く、見通しのよかった王佐山城の時代はそれはすばらしい眺望と敵からの攻撃に耐えうる強固な守りをそなえたすばらしい城だったと想像されます。それだけこの山は讃岐平野において単独峰としてそして255メートルという高度からも畏怖堂々としたところが有ると思うのは私だけでしょうか。

では、こんなに苦労しないと登れないかというとそうでは有りません。実は下るときは最後まで登山道のみを歩き続けて降りることが出来ました。あのおじいちゃんがいった登山口はあったのです。登り口さえ見つければあとは一本道なので行ってみてください。登山口は児童公園から西に伸びる道がアスファルトからコンクリートに変わる境目から、20メートル手前の北側です。標識も無いので注意してみてください。コースタイムは登山口から登り40分、下り25分程度です。落ち葉等滑るのでトレッキングシューズと帽子、長袖のシャツは必需品です。

-DATA-

場所:
香川県高松市池田町

竜王山1040m

Mar. 12, 1997 杉林の中を山頂へ向かう。

竜王山1040m:イメージ1

勘違いから始まった。僕は以前別のところで、「竜王山には車で行ける」と書いたし、実際、自分も学生時代にオフロードバイクで頂上まで行った記憶があった。しかし、どうも竜王山には讃岐竜王と阿波竜王があって、車で行けるのはどうも阿波竜王らしい。どちらも県境にあるとはいえ、讃岐人として讃岐竜王にいってないのはいかん。というわけで、花粉症の身をおして讃岐竜王に向かう。讃岐の最高点に立つのだ。

アプローチ

竜王山1040m:イメージ2

高松からなら193号で塩江にまず向かう。温泉街に入ったら内場池の方に曲がり、奥の湯温泉に向かう。道端には赤や白の梅が咲いていてとても奇麗だ。平日ということもあって車の量は少ない。やがて奥の湯温泉を過ぎ、竜王山キャンプ場の案内に従い奥へ。私設の「岡田パルキャンプ場」をすぎた辺りから道幅が急に狭くなる。気をつけたい。昇っていくと、竜王山キャンプ場に着く。車を端に停めて登山の開始。

竜王山1040m:イメージ3

登り口はキャンプ場の管理棟の左側である。手前に水場があるので忘れずに。頂上まで2000mの案内がある。約一時間のルートだ。登りはじめはコンクリートの林道。塩江町の水道施設の辺りから未舗装になる。やがて樹間の道になるが、3合目まではわりと平坦な道だ。が、3合目からはけっこうきつくなる。丸太の階段混じりの急登が長く続く。だが、この山道はいわゆる「ほどよい」クラスだ。開発の色が無く、かつそれほど荒れてもいなく、非常に登りやすい。理想的な道である。遠くでウグイスの声も聞こえてくる。だらだらと七曲がり坂を登り切るとやがて尾根に出る。

竜王山1040m:イメージ4

尾根は短時間でまた登りになる。えいやとがんばると、8合目の細井方面との分岐に出る。ここから9合目を越えた辺りまでがルート中、唯一展望がきくところだ。遠くは高松市街を遠望して、瀬戸内海が見渡せる。峰山の山塊が地形図で見るのと一致して分かりやすい。小休憩で眺めを楽しんだ後は、最後の登りに向かう。

竜王山1040m:イメージ5

9 合目からの道がなだらかになるとやがて阿波竜王との分岐に出る。今回僕は讃岐人として讃岐竜王に登るのだから、俗化された阿波竜王には興味がない。決して花粉症がひどいので一刻も早く下山したいのではない。ないよ。それにしてもかなり頂上に迫っているがすべて杉林だ。東側に見える山も頂上まで植林され、しかも林道が縦横に付けられて痛々しい。さて、分岐を左にとって頂上へ向かう。丸太で補強された階段だ。傾斜がかなりきつい。ここまではハイヒールでもこれたかもしれんが、ここからはだめ。しかも最後の20mぐらいは丸太もなくなり、粘土質の崖を登っているようだ。雨の日は相当登りにくいであろう。とはいえ登頂成功。しかし展望きかず。まむし注意の看板がなんだか寂しい。頂上は道の途中の最高点といった感じで、最高標のしるしがないとピンとこない。道は相栗峠に続いている。讃岐、阿波の国境である。道に沿って境のしるしが続いている。ビールを忘れたことを悔やみながらハーブティで体を温めた。頂上こそ寂しいが、途中の登山道は十分楽しめるトレッキングであった。ただ、晴天の杉林の中で僕の花粉症は恐ろしく悪化したのでした。

-DATA-

場所:
香川県香川郡塩江町
タイム:
登山口(竜王キャンプ場) -(30分)- 8合目 -(20分)- 阿波竜王分岐-(5分)- 讃岐竜王頂上
周辺:
竜王キャンプ場、岡田パルキャンプ場、スパリゾート塩江
ビール:
東山温泉手前に酒屋さんあり。それをすぎると無いので注意!
温泉:
奥の湯温泉
地形図:
2万5千分の1「讃岐塩江」

大川山1043m再び

May. 6, 1997 新緑の季節、風に吹かれつつ眺望を楽しむ

昨年、大川山に登ったがあれは車であった。頂上直下まで車で行けちゃうのだ。年が明けて、それと同じような境遇の「大滝山」と「竜王山」に足で登ったのでこの2座とともに讃岐山脈の中核を形成する「大川山」にも自力で登りたいと思っていた。マムシの季節にはまだ大丈夫だと思うので、新緑を楽しみながら登りたい。

大川山1043m再び:イメージ1

大川山は琴南町にある。綾上町から県道の国分寺琴南線をまっすく南へ。途中は山道だが走りやすい道だ。今日はよく晴れていて予報では一番の暑さになるらしい。それは大変ということで、水筒の水の他に「EBISU」ビールを2本買い込む。昼はちょっと早めのうどんをすませてあるので大丈夫だ。非常食のカロリーメイトとチョコレートも調達ずみ。マウンテンスミスのランバーパックのポケットにビールを差し込み準備完了。道は柏原渓谷との分岐をこえてやがて琴南町へ。国道の交差点まで来たら登山口は近い。車が横を通るところを登っていくのは精神的につらいので、今日は多少遠いが本格的な登山道の皆野コースを登る。車は国分寺方面からの県道を国道を横切って、真新しい林道の途中に停めた。

車を下りてしばらく舗装したての林道を進む。林道の右側に登り口があると聞いていたが・・・あるにはあるがその向こうにも林道が見える。わけがわからん。しばらく行くと、手すりのついた道が山の方に続いている。どうやら新しく林道を作った際に、登山道をぶったぎったようだ。林道工事の常でコンクリートの歩道をつけるのだ。その登りにくいコンクリート道が実質の登山口だ。道はすぐに林間コースになる。蒸し暑い。それ以上に急である。マイペースを心掛けて登る。所々倒木があり背をかがめてくぐることになる。約1時間林道歩きが続く。小鳥のさえずりがすくいであるが暑い。汗だくでどうにか植林用の林道に突き当たった。

大川山1043m再び:イメージ2

ここからは林道を山頂まで歩くか、林道で分かりづらくなってしまった登山道を探しながら歩くかを決断しないといけないが、僕は眺めが良さそうな林道コースを行くことにする。急な個所は少なく、どちらかというと高原歩きの気分で山頂を目指せる。南を眺めると遠く剣山系の山々も見渡せるパノラマ歩きだ。わざわざ林の中に戻ることもないだろう。大休憩ということにして腰を下ろしてエビスビール。周りに少々水をかけて蒸発させてみる。しかしあまり冷えない。あたりまえだ。仕方なく常温のビールを飲む。それでもうまい。至福。しばらく草の上で横になることにする。じっとしてれば風が吹いているので汗も引いてくる。

大川山1043m再び:イメージ3

再び歩き始める。所々に乗り捨てられた車が目に付く。ひどい光景だ。歩いたコースだけでも6台あった。林道を小一時間歩くと、なんと畑作地帯に入った。小松菜みたいなのが植えられている。標高は1000m近いはずである。水はどうやってるんだろうか。けっこう畑は多い。がお百姓さんの姿は見えず。残念。畑作地帯を抜けると落葉樹中心の林道に入る。新緑が美しい。そのうちバンガローが見えてきた。大川山自然公園だ。ここまでくれば一回来ているので分かる。すいすい登ってキャンプエリアへ。建設中だった大きいバンガローも完成している。展望台から香川方面を見る。讃岐富士、五色台、そして瀬戸内海の島々、中国山地まで見える。香川県内でも屈指の絶景ではないだろうか。そんなことを考えながら、僕は大川神社へお詣りして山頂を後にした。

-DATA-

場所:
香川県仲多度郡琴南町
交通:
マイカーで行こう!
タイム:
皆野 -(55分)- 林道出合 -(50分)- 畑作地帯-(25分)- 山頂

ページのトップに戻る