トレッキングレポート

サブナビゲーションをスキップ


フィールドレポート

現在のレポート数は811件です。

最新記事
最近のコメント
カテゴリー
バックナンバー

Since Apr.01,2000


« 高鉢山512mトレッキングレポート:トップページ城山245m »

八王寺城址ぶらぶら行

Apr. 12, 1997 気の向くままに歩いてみた。ちょっと困った。

とまこです。今回は「朝九時に起きても行ける山」として八王子は城山に行って来ました。都内は天気が良すぎて暑苦しいくらいです。予定どおり、10時に起床(本気で山に行くのか!?)。しかも近所の喫茶店でモーニングを食するという余裕のスケジュール。電車に乗ったのは11時ちょっと前でありました。

八王寺城址ぶらぶら行:イメージ1

高尾駅に着きますと結構な人だかりです。日頃は人気のない寂しい所なのですが「桜をご覧になる方はこちらへ」等と言った看板を発見し、桜の見物客であると理解した次第。都内のソメイヨシノは既に葉桜でありますが、そういえば高尾駅の周辺はまだ咲き残ってます。タイトルを「最後の花見」に代えたろかとは思いましたが色気づいてはいけません。とりあえず八王子城跡行きのバス停を探します。

事前に読んだガイドブックにはバス停と高尾駅とは離れていて分かり難いと書いてありました。本当に分かり難いです。私はブラブラ歩いた挙げ句、次のバス停まで歩いてしまいました(ガイドにならんがな)。

バスに乗ると15分ほどで八王子城跡バス停に到着です。バス停自体はすごくチャチです。道標もないので分かり難いですが上に向かって歩けばokです(山歩きですから)。

八王寺城址ぶらぶら行:イメージ2

ブラブラ坂を上がると「史跡 八王子城跡」なる豪勢な石の看板が見えてきます。看板の豪勢さの割に案内看板はごく平凡なものでした。近所にイベント情報などのチラシが結構置いてあります。帰りに取って読むことにしてとりあえず山頂を目指します。

看板の前を過ぎるとすぐに山道になります。入口には鳥居が建っていまして、道は殆どが石段になってます。とても歩きやすいのですが、山歩きというよりは神社参詣の趣です。途中で、旧道と新道の分岐があります(後で合流します)がここは是非新道をお薦めします(理由は先を読めば分かります)。

石段の多い山道を30分歩けば山頂です。と同時に八王子城の三の丸になります。 三の丸には八王子神社が建っております。手入れの行き届いたきれいな社(やしろ)です。社の背後にはちょっとした広場兼休憩所があります。ハイカーが10名程くつろいでおりました。休憩所からは八王子市内を一望できます。天気も良く、一服するにはなかなか良いところです。持参したチョコレートを食しながらしばしボーっとします。今回は大勢過ぎる人出に悩まされることもないので気持ちがいいです。遅くても行けるんで楽勝やでぇ~。

八王寺城址ぶらぶら行:イメージ3 八王寺城址ぶらぶら行:イメージ4

休憩後、社の近辺を散策すると脇に本丸跡に通じる小道がありました。ものの数分で着いてしまいます。本丸址にもこれまた立派な石碑が建っています。隣には小さな社がありますが石碑の方がどうも「エラそう」です。

 で、山を下りるわけですが帰りは旧道を使うことにしました。倒木が多く、どうにも歩きにくい道です。踏み跡も不明確です。不安になりつつも歩を進めると杉林の中に入っていました。雰囲気が行きしなと全然違うのですが、植林事業の看板がちらほら建っているのでとりあえずは山道のようです。そうこうするうちに民家が見えてきました。八王子城跡の看板はありません。案の定、道を間違えたようです。

注意)下りの山道には気を付けましょう。道を間違えると大変なことになります。

 車できたらエラい事やなぁと思いつつ(全然反省していないですが)、バス停と手前の信号で待っとるバスを発見。飛び乗ったのはいいんですが行き先は八王子駅前。一時間弱バスに揺られて帰っては来ました(着いたのは15時30分くらい)が、イベント情報チラシを取れなかったのがとても心残りではありました。

コメント(0)

コメントはまだありません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

コメント投稿フォーム

ページのトップに戻る